【レポート】

フォトレタッチャーが人物写真のフォトレタッチテクニックを披露

 

ワコムとゲッティ イメージズ ジャパンは都内にて、フォトレタッチセミナー「写真を撮ったアトに知らないと損する10の常識」を開催した。セミナーでは、プロフォトレタッチャー 北岡弘至氏(GARABATO代表)が、「あなたの写真が作品になるフォトレタッチテクニック」というテーマで講演を行なった。セミナーで北岡氏は、写真合成テクニックに続いて、人物のレタッチのテクニックを紹介した。

人物のレタッチはイメージを優先する

加工前の北岡氏の写真。気になる箇所をレタッチしていくい

北岡氏は自身の写真を使い、人物レタッチを実演。人物レタッチで必ず行なうのは、肌のシミの除去。「消す方法は何通りもあります」と前置きをした後に北岡氏が選んだのは、「トーンカーブ」を使って消すという方法。

シミは肌の他の部分に比べて暗いので、トーンカーブとマスクを使ってシミの部分の明度を上げて取り除いていく。

肌のシミはトーンカーブにマスクをかけて修正

そして、顔の形のレタッチには「フィルター>ゆがみ」が使われた。北岡氏は頬の肉をグッと変形させ、シャープな顔立ちに仕上げていく。

アゴをシャープに見せるために、ゆがみツールで輪郭を整える

首のシワの除去には、「修復ブラシツール」を使用

これが完成図。元の写真と比較すると違いがわかる

人気記事

一覧

新着記事