マイクロソフト、Windows 7発売記者会見を開催 (1) 年末商戦を皮切りに、市場を活性化する起爆剤に

ニュース
トップ

【レポート】

マイクロソフト、Windows 7発売記者会見を開催

1 年末商戦を皮切りに、市場を活性化する起爆剤に

大河原克行  [2009/10/22]
  • <<
  • <

1/2

マイクロソフトは22日、午前9時からパッケージ版の一般販売が開始されたWindows 7に関する記者会見を行った。

マイクロソフトの樋口泰行社長は、「待ちに待ったWindows 7の一般発売の日を迎えた。全世界同日での発売だが、時差の関係で日本が一番早く、本日午前9時から発売となった」と前置きし、「15社を超えるパートナー会社から魅力的なPCが多数発売されている。昨日夜からの想定以上の盛り上がりをみせていること、さらにWindows 7は事前予約だけで、Windows Vista発売後3カ月分の販売本数に匹敵する受注を得るなど出足は好調。販売店からも、発売日だけの盛り上がりだけでなく、継続的に売れるだろうという声をいただくなど、強い手応えを得ている。厳しい経済環境であり、目玉商材がないなか、Windows 7によって、年末商戦を皮切りに、市場を活性化する起爆剤にしたい」とした。

マイクロソフトの樋口泰行社長

月22日の発売を発表するマイクロソフト・樋口社長

樋口社長はIDCの調査予測を示しながら、「Windows 7は、2010年末までに全世界で1億7,700万本以上、日本では1,000万本のライセンス出荷が見込まれる。日本においては、Windows 7のエコシステムを形成するパートナーによって、2009年10月から2010年末までに関連製品やサービスから2兆3,000億円以上の収益が見込まれる」としたほか、「日本では、約7,000万台のインストールベースのうち、3,400万台以上がそのままWindows 7にアップグレードが可能であるが、残る市場においてPCの大きな買い換え需要が想定される」とした。

2010年末までに全世界で1億7,700万本以上、日本で1,000万本のライセンス出荷を目指す

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 年末商戦を皮切りに、市場を活性化する起爆剤に
(2) 「Windows Touch」「Digital TV」「Home Networking」
関連したタグ

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    オラクル、NFV対応の管理製品を発表 - 通信業のインフラ仮想化を支援
    [16:20 7/31] エンタープライズ
    BBソフトサービス、サブスクリプション制のセキュリティソフト販売サイト
    [16:15 7/31] パソコン
    増税後に買い控えした主婦は57.6%、20代の8割が「値ごろ感が分からない」
    [16:00 7/31] ライフ
    ブラック・アンド・デッカー、18Vバッテリー搭載のインパクトドライバー
    [15:58 7/31] 家電
    【レビュー】直販モデルなら7万円台での購入チャンスも - 富士通「LIFEBOOK AH53/R (WA1/R)」
    [15:53 7/31] パソコン

    特別企画

    一覧