【レポート】

「Core i7」がついに販売開始!! 秋葉原の深夜イベントで解禁

1 販売解禁! 深夜の秋葉原に数百人規模のユーザーが

 
  • <<
  • <

1/2

インテルの次世代CPU「Core i7」の発売がついに開始された。11月16日へと日付が変わる深夜0時、東京・秋葉原では複数のPCパーツショップが恒例の"深夜販売"を実施。待ち望んでいたユーザーが店頭に行列をつくるなど盛況な様子が見られたほか、発売を記念した各種イベントも大いに注目を集めていた。

ついに販売解禁となった「Core i7」。写真は940/920で使われる化粧箱で、965 Extreme Editionでは黒を基調とした別バージョンのデザインが用意される

発売を確認できたのは、「Core i7 965 Extreme Edition」(3.2GHz)、「Core i7 940」(2.93GHz)、「Core i7 920」(2.66GHz)の3モデル。当日の店舗での販売価格は、965がおよそ113,000円~115,000円、940がおよそ63,000円~64,000円、920がおよそ32,000円~33,000円といったところ。各モデルの仕様の違いなどは以下表の通り。

モデル コア数 動作周波数 QPI L3 TDP
965 Extreme Edition 4 3.2GHz 6.4GT/s 8M 130W
940 4 2.93GHz 4.8GT/s 8M 130W
920 4 2.66GHz 4.8GT/s 8M 130W

秋葉原のPCパーツショップ各店での販売価格

Core i7は、Nehalemの開発コードネームを持つ新型アーキテクチャ世代のデスクトップ向けCPUで、ひとつのダイに4つのCPUコアを搭載するクアッドコアCPUだ。各コアがHyper-Threadingをサポートしているため、8スレッドの並列実行も可能としている。メモリコントローラの内蔵や、FSBの代わりとなるQPIの採用、共有L3キャッシュの搭載など、従来のCore 2世代からの変更点は非常に多い。

深夜というのに多数のユーザーで埋め尽くされた秋葉原のPCパーツショップ街。まさにお祭り状態で、インテル非公認らしいオリジナル女の子キャラクタ(右下写真)も

CPUパッケージの形状も新規のLGA1366へと変更されている。CPUの発売とあわせて、ASUSTeK、GIGABYTE、MSI、FOXCONNといった主要メーカー、およびIntel純正品など、LGA1366対応の新型マザーボードの販売も同時に開始されていた。搭載チップセットは全てIntel X58 Express。

ASUSのX58マザー「Rampage II Extreme」

MSIのX58マザー「ECLIPSE SLI」

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 販売解禁! 深夜の秋葉原に数百人規模のユーザーが
(2) 豪華ゲストも登場した発売記念イベント
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事