【レビュー】

Penryn Preview - Core 2 Extreme QX9650を緊急検証

1 Yorkfield Preview

 
  • <<
  • <

1/15

IDF Fall 2007で公開された、45nmプロセスを使ったQuad Core CPUであるYorkfieldを試す機会が早速訪れた。例によって詳細な評価は後日、"特集記事"としてお届けするとして、まずは簡単な性能レポートをお届けしたい。

45nm Process Dual Die

Yorkfieldとは何か? という話はこのあたりを見ていただくと早いが、要するに45nmプロセスを使ったCore 2プロセッサである。こちらのロードマップでも、Desktop Extreme segmentには2007年第4四半期から45nmプロセスの製品を投入するとしており、今回の製品もやはりExtreme向けと考えて良いだろう。ダイ自体は、こちらの右側にあるとおり、2つのダイを1つのパッケージにまとめたものだ。

もっともパッケージを見る限り、そうした構造は流石にわからない(Photo01)。裏面のコンデンサ配置は異なっているが(Photo02)、右の配置はこちらの写真の右側と同じになっており、IDFの時点から何か変更されたりはしていないようだ。

Photo01:左が今回テストするYorkfield。右は比較用に借用した、Kentsfieldこと65nmプロセスを使うCore 2 Quad QX6850(3GHz/1333MHz)。Revision G0のものだ。

Photo02:こちらも左がYorkfield、右がKentsfield。コンデンサの数は、微妙にYorkfieldの方が減っている。

さて、Windows Vistaの上からはこれはCore 2 Extreme X9650として認識されるようだ(Photo03)。CPU-ZでもCore 2 Extreme X9650と判断されており、これが正式名称と考えて良いだろう(Photo04)。そのL2キャッシュ、CPU-Zによれば24-way set associativeになっている(Photo05)。従来のCore 2が16-wayだったから、単にway数を増やすことで容量増加に対応した形だ。なお比較対照として、同じく1333MHz FSB/3GHz動作となるKentsfieldことCore 2 Quad Q6850を今回は借用した(Photo06)。

Photo03:Windows Experience Indexが5.2なのは、ブート用のHDDが足を引っ張っているから。CPUに関しては勿論5.9だった。

Photo04:SSE4.1のサポートが目に付く。L2キャッシュはやはり6MBと認識された。

Photo05:ただ当然ながら、これでHit/Missの判断に余分に時間が掛かることになると考えられる。

Photo06:65nmながら比較的オーバークロック耐性が高いことで評判のRevision G0コアのKentsfield。

  • <<
  • <

1/15

インデックス

目次
(1) Yorkfield Preview
(2) ベンチマーク環境
(3) ベンチマーク - Sandra XII
(4) ベンチマーク - PCMark05
(5) ベンチマーク - PCMark Vantage
(6) ベンチマーク - SYSmark 2007 Preview Version
(7) ベンチマーク - CineBench R10
(8) ベンチマーク - POV-RAY
(9) ベンチマーク - ScienceMark
(10) ベンチマーク - 3DMark06
(11) ベンチマーク - Game Benchmarks
(12) ベンチマーク - エンコードベンチマークその1(DivX 6.7.0 Pro)
(13) ベンチマーク - エンコードベンチマークその2(TMPGEnc 4.0 XP)
(14) ベンチマーク - エンコードベンチマークその3(H.264 Encoder)
(15) ベンチマーク - 消費電力

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

MRJ、北米フェリーフライト中止/飛行再開未定--空調システムの監視機能に故障
[17:36 8/28] 趣味
「仮面ライダーエグゼイド」フィギュアに高可動&低価格の新ブランドが登場
[17:30 8/28] ホビー
iPhone基本の「き」 第212回 仕事で使いたくなるiPhoneの小技 - 会社に着いたらアレを忘れないためのリマインダー
[17:27 8/28] スマホとデジタル家電
[大竹しのぶ]撮影中に本気で殴った相手とは? 「後妻業の女」で主演
[16:48 8/28] エンタメ
EOS 5D Mark IVのタッチ&トライと人気写真家の講演がたまらない - FIVE GRAPHY EOS 5Dシリーズ スペシャルセミナー
[16:44 8/28] スマホとデジタル家電