【ハウツー】

デジタル一眼レフ、2本目のレンズ選び

1 標準レンズと重ならない焦点距離のレンズを

 
  • <<
  • <

1/7

すでにデジタル一眼レフを持っている人は多いと思うが、最初に買ったレンズはどれだろうか? やはり標準セットのレンズだろうか? ほとんどのデジタル一眼レフは18~70mm程度の標準ズームレンズをセットで販売しており、一般的な撮影はこれでまず大丈夫。重要なのは"2本目のレンズ"なのだ。レンズ交換式一眼レフは、レンズによって撮れるものがまるで違ってくる。望遠、マクロ、広角など、撮る人の個性が現れるのも2本目からなのだ。この2本目のレンズ選びを考えてみた。

2本目にどんなレンズを購入するか、悩んでいるという人も少なくないだろう。せっかく一眼レフを買ったのだからいろいろなものを撮りたい。しかし2本目には一体何を買えばいいのか? という質問も少なくない。それぞれの好みで何を買ってもかまわないのだが、考え方は"現在持っているレンズでできないことができるレンズ"を購入するのがいいだろう。

ほとんどの一般向けデジタル一眼レフでは、APS-Cサイズと呼ばれる撮像素子が使われているため、35mm判に換算した場合は元の焦点距離の1.5~1.6倍となる。たとえば実焦点距離18~70mmのレンズならば、35mm判換算で(フィルムのサイズに換算した場合)27~90mm相当のレンズと同じような画角になる(フォーサーズシステムの場合は2倍)。2本目のレンズは、これ以外の焦点距離を考えてみるのが基本だ。

ニコンD80と標準レンズAF-S DX 18-70mm F3.5-5.6G

  • <<
  • <

1/7

インデックス

目次
(1) 標準レンズと重ならない焦点距離のレンズを
(2) 遠くの被写体を写す望遠レンズ
(3) メーカー純正以外の選択肢
(4) クローズアップレンズでも楽しめるマクロ撮影
(5) 撮影者の腕を磨く明るい単焦点レンズ
(6) 広がりを楽しむ広角レンズ
(7) 標準ズームをグレードアップ

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー