フレンチブルドッグにおすすめのドッグフード7選!評判の良い餌20種を比較!!

明るくて活発、好奇心旺盛で人懐こい性格で、どっしりとした体型から子供が抱っこするには難しいので、落としてケガをさせることも少なく、小さな子がいる家庭でも飼いやすいフレンチ・ブルドッグ。

賢く頑固な面もあるので、人間の食べ物をあげたり好き嫌いに合わせていると手に負えなくなることもあります。

遺伝的に関節の病気やアレルギー性皮膚炎などの多い犬種でもあります。このページではそんなフレンチブルドッグにおすすめのドッグフード7選をご紹介します。

このページを読めば、あなたのフレンチブルドッグに最適なドッグフードが見つかりますよ。

この記事を書いた人
ドッグフード愛好家
めぐみ
幼い頃からずっと犬の居る環境で育ってきました。今は住まいの関係で泣く泣く実家にお世話を頼んでいますが、小型のミックスと暮らしていました。実家はあまりフードに興味がなく、お世話をお願いしていることもあり、フードは私が送ったものをあげて貰っています。新しいフードは原材料をチェックして変なものが入っていなければ、自分でも味見する少しマニアックなドッグフード愛好家です。

フレンチブルドッグにドッグフードを選ぶ3つのポイント

  1. 高たんぱく&低脂質なフードがおすすめ!
  2. 皮膚の健康を保つためにオメガ3脂肪酸入りがおすすめ!
  3. フレンチブルドッグには軟骨成分入りがおすすめ!

フレンチブルドッグ用のドッグフードを選ぶ時は、上記の3つがポイントになります。なぜこの3つがポイントになるのか一つずつ分かりやすくご紹介しますね。

高たんぱく&低脂質なフードがおすすめ!


フレンチブルドッグは小型犬ですが、ガッシリとした筋肉質な体型が特徴の犬種です。特徴的な体型を維持する為にも高たんぱくで低脂質なフードがオススメです。

頭も大きく幅広でずんぐりした体型は、少し太ったくらいでは気付きにくいんですが、「たかが1kg増えただけ」と侮ってはいけません。

フレンチブルドッグの平均体重は8~14kgと言われています。10kgの子が1kg体重が増えたとすると、体重50kgの成人が5kg増えることになります。

肥満は次に紹介する関節疾患の他、様々な病気のリスクを高めます。フードの選び方以上に大切になるのが日々のお散歩や休日のドッグランなどです。

皮膚の健康を保つためにオメガ3脂肪酸入りがおすすめ!


ペット保険を扱うアニコム損保の「家庭どうぶつ白書2020」によれば、フレンチブルドッグは皮膚トラブルの多い犬種であることが分かります。

原因は様々で、顔のしわ部分は細菌が繁殖し易いので小まめなケアが必要です。

皮膚を健やかに保つためにおすすめの成分がオメガ3脂肪酸です。亜麻仁油や魚に多く含む成分で、犬が体内で合成できない栄養素です。

そのため、フレンチブルドッグにはオメガ3脂肪酸を含んだフードがおすすめです。諸説ありますが一般的に理想的な比率はオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が10:1~5:1と言われています。

特に保証成分に表記されていないだけで、オメガ6脂肪酸は子犬用でも成犬用でも必ず一定量は入っていますが、成犬用フードにはオメガ3脂肪酸が極少量しか入っていないフードもあります。

そのため、オメガ3脂肪酸を含んでいて含有量も分かるフードがおすすめです。

フレンチブルドッグには軟骨成分入りがおすすめ!


フレンチブルドッグは遺伝的に膝蓋骨脱臼の多い犬種で、オッズ比で雑種が1に対してフレンチブルドッグのリスクは5.4倍となっています。

そのため、高い場所からのジャンプや階段やソファーの上り下り、滑りやすいフローリングにカーペットを敷くなど、肥満体系を避けるなど日常生活の中で対策をしてあげましょう。

フードを選ぶ時は軟骨成分を配合したフードを選んであげると良いでしょう。代表的なところだとグルコサミン・コンドロイチン・コラーゲンなどが挙げられます。

食材だとコンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸、オメガ3脂肪酸などを含む緑イ貝、新たに注目される成分ではMSM(メチル スルフォニル メタン)などがあります。

フレンチブルドッグに評判の良いドッグフード20種類を徹底比較!

商品名 高たんぱく&低脂質 オメガ3脂肪酸の割合
(以上)
軟骨成分

ラシーネ
(フレンチブルドッグ)

アカナ ヘリテージ
(アダルト スモールブリード)
1.0%

アーテミス
(フレッシュミックス スモールブリードアダルト)
0.4%

アイムス
(成犬用 小型犬用 チキン小粒)
0.3%

カナガン
0.9%

モグワン
1.18%

ロイヤルカナン
(フレンチブルドッグ
成犬~高齢犬用)
0.77%

シュプレモ
(小型犬用 成犬用)
0.5%

ニュートロ
ナチュラルチョイス
(小型犬用 成犬用 チキン&玄米)
0.2%

サイエンスダイエット
(小型犬用 アダルト チキン)
0.52%

オリジン
(オリジナル)
0.8%

シーザー ドライ
(成犬用 小粒
チキンと4種の農園野菜入り)

ユーカヌバ
(スモールアダルト)

UMAKA(うまか)

ヤムヤムヤム
(チキン ドライタイプ)

ピュリナワン
(ほぐし粒入り 成犬用)

ナチュロル

このこのごはん

プロマネージ
(フレンチブルドッグ専用)

ウェルケア
(フレンチブルドッグ専用 オールステージ)

フレンチブルドッグの飼い主に評判の良い20種類のドッグフードを比較しました。

次に比較結果をふまえて、フレンチブルドッグにおすすめのドッグフード7種類をまとめました。

3つの判断基準について
※1,保証成分値で高たんぱく&低脂質でも、水分含有量や給餌量によって1日に摂取するエネルギーに差がでます。そのため、たんぱく質24%以上でかつ体重10kgの子に給餌量通りあげた場合のエネルギー量で判断しました。(給餌量が「運動する子」と「運動しない子」で分かれている場合は2つの平均となる給餌量にて計算)
※2,パッケージや公式サイトに記載のあるオメガ3脂肪酸の含有量が多いものを良いと判断「-」は記載なし
※3,骨や関節に配慮した成分(グルコサミン、コンドロイチン、緑イ貝など)の種類に応じて加点

フレンチブルドッグにおすすめのドッグフード7選!

評価の基準

ここで紹介する7種のドッグフードは、フレンチブルドッグに多い悩みや食性などを考えた上で、上段でご紹介した「選ぶ3つのポイント」の他、原材料や価格など様々な要素を考慮した上で高く評価した商品となります。完全さを保証するものではありません。

UMAKA(うまか)

価格(税込):内容量 【通常価格】5,478円:1.5kg
【定期価格】4,930円:1.5kg
100gの単価※ 約328~365円
体重10kgの成犬への給餌量とエネルギー量 約155g/約534㎉
評価 4.9

※通常~定期価格の100g単価

UMAKA(うまか)はフレンチブルドッグにおすすめのフードです。オメガ3脂肪酸の割合は公表していませんが、グルコサミンとコンドロイチンを配合しています。

たんぱく質は24.5%以上、脂質は11.5%以上となっていて市販のドッグフードとしてはたんぱく質が高めになっています。

体重10kgの子に給餌量通りあげると、1日あたり約155g(534㎉)でここもフレンチブルにおすすめのポイントです。

フレンチブルドッグは個体差が大きく14kgほどに成長する子もいるので、もう少しコスパが良くなると嬉しいですね。

モグワン

価格 通常:1個 3,960円(税別)、4,356円(税込)
定期:1個 3,564円(税別)、3,920円(税込)
定期:2個 3,366円(税別)、3,702円(税込)
定期:3個以上3,168円(税別)、3,484円(税込)
内容量 1.8kg
100gの単価※ 約193~242円
体重10kgの成犬への給餌量とエネルギー量 約145g/約526㎉
評価 4.8

※通常~定期価格の100g単価

モグワンドッグフードは20種類の中で最もフレンチブルドッグにおすすめです。

オメガ3脂肪酸の割合も1.18%と高く、代表的な2種類の軟骨成分に加えてメチルスルフォニルメタン(MSM)という成分も配合しています。

チキンだけではなくオメガ3脂肪酸を含むサーモンやサーモンオイルを加えているのが良いですね。

体重10kgの子を想定した1日あたりのカロリーも約526㎉となっています。

オリジン オリジナル

価格(税込):内容量 1,215円:340g
5,610円:2.0kg
13,557円:5.9kg
19,635円:11.3kg
100gの単価※ 約280~229円
体重10kgの成犬への給餌量とエネルギー量 約119g/約468㎉
評価 4.8

※価格は2020年10月30日TRUMPETSにて確認
※2.0kg入りと5.9kgの100g単価

オリジンのオリジナルドッグフードもフレンチブルドッグにおすすめのフードです。

軟骨成分はグルコサミンとコンドロイチンの2種類、オメガ3脂肪酸は0.8%以上となっています。

100g辺りのエネルギーが高めなんですが、栄養価が高くて給餌量が少なめなので、1日辺りの摂取カロリーは約468㎉になります。

あまり食に関心の無い子や体型の気になるフレンチブルにおすすめのフードです。

アカナ ヘリテージ アダルト・スモール・ブリード

価格(税込):内容量 880円:340g
4,620円:2.0kg
9,900円:6.0kg
100gの単価※ 約231~165円
体重10kgの成犬への給餌量とエネルギー量 約140g/約491㎉
評価 4.8

※価格は2021年7月6日trumpets-shopにて調査
※2kg入りと6kg入りの100g単価

アカナのアダルト・スモール・ブリードもフレンチブルドッグにおすすめのフードです。

軟骨成分は代表的な2種類で、オメガ3脂肪酸の割合は1.0%以上になっています。

体重10kgの子に対する給餌量は約140g(約491㎉)で、まずまずの量を食べられて摂取カロリーは控えめになっています。

体型が気になるものの食べるのが好きなフレンチブルにおすすめのフードです。

カナガン

価格 通常:1個 3,960円(税別)、4,356円(税込)
定期:1個 3,564円(税別)、3,920円(税込)
定期:2個 3,366円(税別)、3,702円(税込)
定期:3個以上3,168円(税別)、3,484円(税込)
内容量 2.0kg
100gの単価※ 約174~217円
体重10kgの成犬への給餌量とエネルギー量 約140g/約526㎉
評価 4.8

※通常価格と定期コース6袋購入時の100g単価

カナガンドッグフードもフレンチブルドッグにおすすめです。チキンがメインですがサーモンオイルを使っているためか、オメガ3脂肪酸は0.9%と高めになっています。

代表的な2つの軟骨成分に加えてメチルスルフォニルメタン(MSM)も配合しています。

体重10kgの子に対する給餌量は140g、1日の摂取カロリーは約526㎉となっていて比較した20種類の中でも平均より低くなっています。

モグワンよりもコスパが良いので、体の大きなフレンチブルにもおすすめのフードです。

ロイヤルカナン フレンチブルドッグ 成犬~高齢犬用

価格(税込):内容量 2,992円:1.5kg
5,060円:3.0kg
14,091円:9.0kg
100gの単価※1 約168円
体重10kgの成犬への給餌量とエネルギー量 約153g/約618㎉
評価 4.5

※価格は2021年8月20日にマイロイヤルカナンにて調査
※3kg入の100g単価

ロイヤルカナンのフレンチブルドッグ 成犬~高齢犬用もフレンチブルドッグにおすすめです。

オメガ3脂肪酸を配合しているはずなんですが、詳しい成分分析をしたページが見つけられませんでした。

軟骨成分は代表的な2種類、体重10kgの子への給餌量は1日約153g、摂取カロリーは約618㎉と少し高めになっています。

サイエンスダイエット 小型犬用 アダルト チキン

価格(税込):内容量 918円:750g
1,491円:1.5kg
2,200円:3.0kg
3,465円:4.8kg
3,599円:5.0kg
100gの単価※1 約71円
体重10kgの成犬への給餌量とエネルギー量 約155g/約581㎉
評価 4.5

※価格は2021年8月7日アマゾンにて調査
※体重10kgの成犬が開封後45日以内に食べきれる最安値(5.0kg)の100g単価

サイエンスダイエットの小型犬用 アダルト チキンもフレンチブルドッグにおすすめです。オメガ3脂肪酸が0.58%、軟骨成分にはグルコサミンとコンドロイチンを配合しています。

たんぱく質が21%以上なので高たんぱくという訳ではありません。体重10kgの子に対する給餌量は約170g、1日あたりの摂取カロリーは約634㎉とやや高めです。

比較した20商品の中ではコスパも良く、総合的に見てフレンチブルドッグにおすすめなフードです。

フレンチブルドッグにUMAKA(うまか)ドッグフードがおすすめな5つの理由!

UMAKAがおすすめな理由
  1. 高たんぱく過ぎない
  2. 食物アレルギーに配慮した穀物を使用
  3. 給餌量的にはしっかり食べられる
  4. 軟骨成分を配合
  5. 着色料や香料などの添加物は不使用

上記の他にもおすすめポイントはあるんですが、私がフレンチブルドッグにUMAKAをおすすめする理由を5つに絞りました。

UMAKAは高たんぱく過ぎません。より高たんぱくなフードはありますが、たんぱく質が高すぎるフードは食べ過ぎると消化不良を起こすこともあります。

また、グレインフリー(穀物不使用)と心臓病が関連すると言われていることから、食物アレルギーに配慮した穀物を使っているのも特徴です。

給餌量あたりのカロリーでは比較した20商品の平均以下で、しっかりと食べられて満足感があるのも良いですね。

フレンチブルドッグのフードで迷ったらまずはUMAKAがおすすめです。

フレンチブルドッグに1日に与える餌の量はどれくらい?

  • 給餌量通りにあげてみる
  • 翌日のウンチの硬さをチェック
  • 理想的な硬さになるまで微調整する

フレンチブルドッグは8~14kgと個体差が大きく、ここに年齢や運動量なども合わさってくるので理想となる摂取カロリーにも差が出ます。

そのため、理想体型と言われる「BCS(ボディ・コンディション・スコア)」で3を維持できている子は給餌量を目安にあげると良いでしょう。

まずは給餌量通りにあげて、翌日のうんちの固さをチェックします。うんちは食べ過ぎで軟便に、少ないと硬くなる傾向があります。

なので、うんちの硬さに合わせて食べごろのバナナくらいの硬さ1日にあげる量を調節していきます。

うんちの硬さが程よくなったらBCSの3(理想体型)を目標に、1日あたりの給餌量をさらに調節していきましょう。

フレンチブルドッグに1日にあげるご飯の回数と給餌量は?

ライフステージ 1日に分ける回数
生後2か月まで 4回
生後3か月以降 3回
成犬期(生後10か月以降) 2回
シニア期(7歳以降) 2~3回

フレンチブルドッグに限らず犬の成長や老化には個体差があります。なので、ドッグフードをあげる回数や量は全て目安にしかなりません。

あくまで上記の回数を参考に、その子にあった回数に調節してあげましょう。

1回のご飯である程度の量を食べれるようになってきたら(生後5~6か月くらい)、1日2回に切り替えても問題ありません。

シニア期についても同様で、「7歳」というタイミングにこだわる必要はありません。

今までと同じ量を食べていたのに軟便になってきた→消化能力が落ちて消化が悪くなっている可能性がある→2回から3回に増やすといったようにその子に合わせて変えてあげましょう。

フレンチブルドッグの涙やけにおすすめのフードはある?


フレンチブルドッグはまつ毛の以上が多い犬種でもあるのであまり期待はできないかもしれませんが、お腹に良さそうな成分を配合したフードを試してみるのも良いでしょう。

帝京科学大学アニマルサイエンス学科と動物アレルギー検査株式会社が行った「ドッグフードの変更によりイヌの涙やけ改善が認められた一例」によると、腸内環境が涙やけの原因となっているケースもあるようです。

これまでも「添加物」や「消化の負担となる原材料」など様々な要因が涙やけの原因と言われてきましたが、この研究では再現性も確認されていることから信頼性の高い情報と言えます。

フードの切替によって涙やけの症状に変化がある子が3種類のフードを食べ比べた結果、特定のフードにおいて「涙やけの部の水分量と面積が減少」が見られたそうです。

そして、その特定のフードは腸内環境改善を謳っていて、ビートパルプ、オリゴ糖、ビール酵母、野菜パウダーなどを配合しているものの、どの成分が涙やけを改善させたかはわかっていません。

腸内環境は個体差があるのでどの成分が良いかは試してみるまで分かりませんし、目元の先天異常や眼病が原因の場合、フードによる改善は期待も薄くなります。

とは言え、フードを変えると涙やけの症状に変化が見られる子は、腸内環境を意識したフードやサプリメントを試してみる価値はありそうです。

フレンチブルドッグがドッグフードを食べない3つの原因と対策

  • 口腔内トラブル→ふやかす、小さくする、ウェットフードに変える
  • 寒暖差→空調や散歩時間を変更
  • わがままを言えば美味しいものをくれると学習している

一般的にフレンチブルドッグは食欲旺盛な犬種と言われていますが、中にはドッグフードを食べてくれない子もいます。

犬種としての特徴を考えると、フレンチブルドッグがドッグフードを食べない理由は上記の3つが多いようです。

フレンチブルドッグは上あごより下あごが長いアンダーバイトが特徴でもあり、歯並びや歯周病が原因で食べられなくなっている可能性が考えられます。

また、短頭種ということもあり寒暖差に弱い犬種でもあります。夏バテを避けるためにも散歩は夜明け前の涼しい時間帯や、地面の熱が冷めた時間帯にずらすなどの工夫が必要です。

また、フレンチブルドッグは賢く頑固な面もあります。人間用の食べ物や嗜好性の高いおやつなどをあげていると好き嫌いをし、ご飯を食べないからとおやつなどをあげることで「わがままを言えば美味しいものが食べられる」と学習してしまうことも…。

これを直すには、よくある「ドッグフードをあげて一定時間食べなければ下げる」を繰り返すだけです。ただ、同居する家族が一丸となって続けなければいけないので、愛犬を甘やかさない強い心が必要です。

3つ以外だと餌入れの素材や餌代の高さ、ご飯を食べる場所などよくある犬がご飯を食べない理由なども該当しないかチェックしてあげると良いでしょう。

まとめ

ここではフレンチブルドッグに多いトラブルや特徴をふまえて、ご飯を選ぶ3つのポイントと、私のおすすめするドッグフードをご紹介しました。

フレンチブルドッグは賢く気分屋な子が多いので、「ドッグフードを食べてくれない…」とお困りの方も少なくありません。

ご飯を食べてくれないと心配になりますが、フレンチブルドッグは気分で食べないこともあるのでコロコロと餌を変えるのではなく、少し様子を見てあげましょう。

関連記事 RELATED POSTS