【糖質のコントロールに!】糖尿病の食事管理に便利な宅配弁当3選!

  • 糖質を制限したいけど自分で管理するのが難しい。
  • 糖質制限食でも満足したい。
  • おいしい制限食を食べたい。

「糖質制限食」と聞くだけで、おいしくない、味が薄そう、管理が大変そうといったイメージを持ちませんか?

そんなイメージも、糖質制限食を取り扱う宅配弁当を利用するとガラッと変わります。

とはいえ、どのサービスを使ったらいいのか迷いますよね。糖尿病の進行具合や健康状態によっても選べるサービスは変わりますから、今後のためにもいろいろ知っておきたいものです。

そこでこの記事では、糖尿病の食事管理に便利な糖質制限食を3つ厳選してみました!

  • 当サイトおすすめの宅配弁当はナッシュ!

    時間がなくてもちゃんとバランスの良い食事をとりたい人、健康のために塩分や糖質が調整されたお弁当を食べたい人などにおすすめなのが宅配弁当です。

    どの宅配弁当がいいか迷ったら、一流シェフが調理をしている低糖質・低塩分のお弁当ナッシュを利用してみてはいかがでしょうか。

    スーパーやお惣菜屋さんではまず見かけないような、おしゃれで斬新なメニューが数多く用意されているので毎回注文するのが楽しくなるほどです!

この記事を書いた人
食材宅配大好き主婦
みなこ
食材宅配を利用して3年目のみなこです。今では食材宅配なしの生活なんて考えられず、このサービスがあるおかげで家事・育児・自分のビジネスを順調にこなせていると言っても過言ではありません。ここでは食材宅配の良さをお伝えするとともに、各サービスの違いや特徴などを分かりやすく紹介していきたいと思います!

糖尿病の食事管理で気をつけておきたいのは栄養バランス!

糖尿病の進行具合や健康状態、他に疾患(高血圧や腎疾患など)を抱えているかどうかで選ぶ宅配弁当は変わってきます。

よって、すべて糖尿病に共通する選び方のポイントはありません。

ただし「これだけは意識しておきたい!」と言える共通ポイントがあります。それは、決められた指示エネルギー量の範囲内でバランスの良い食事を心がけることです。

なぜバランスの良い食事を心がけなければならないのか?

栄養バランスの良い食事を心がけると、カロリーの摂りすぎを自然と予防できると考えられています。

摂取エネルギー目安量を超える食事をすれば、当然ながら血糖値のコントロールが難しくなります。そうならないためにも、バランスの良い食事を心がけることはとても重要です。

たとえば、パンやお米など炭水化物だけを食べるのと、そこに野菜などの食物繊維、お肉や魚などのタンパク質を加えるのとでは血糖値の上がり具合が異なりますよね。

炭水化物・タンパク質・脂質の3大栄養素をはじめ、ビタミンミネラル類などの栄養素をバランスよく摂ることが糖尿病の食事管理には必要不可欠です。

でも自分で栄養を調整するのは難しい!

とはいえ、毎日毎食バランスの良い食事を自分で用意するのはなかなか大変なことです。

時間と心に余裕のある人でない限り、指示エネルギー量の範囲内で栄養のバランスをコントロールするのは困難でしょう。

だからこそ、すでに栄養が調整された糖質制限食を活用しておきたいもの。精神的な負担をかなり軽減できます。

パッと見はどれも価格が高く感じるかもしれませんが、自分で食材を揃えて計算し、調理して洗い物をする手間を考えたらコスパは最高と言えます。

糖尿病の食事管理では他にもこんなことに気をつけてみよう!

  • 1日3食(朝食・昼食・夕食)規則正しく食べる。
  • 腹八分目で食べ終わる。
  • よく噛んでゆっくり食べる。

糖尿病の食事管理は、どことなくものすごく特別なイメージを持たれがち。

ですが、実は現代人が過剰に糖質を摂りすぎている、あるいはバランスの悪い食事をしすぎているだけなんですね。

過度な糖質制限はエネルギー不足の原因となるほか、判断力や集中力の低下を招く恐れがあるため絶対にやめましょう。要はとりすぎてもとらなすぎてもダメってことです。

だからこそ、糖質を緩やかに制限した宅配弁当の需要が高まっています。

自分で計算して管理しなくても、取り寄せるだけで簡単にカロリーや糖質、塩分をコントールした食事ができてしまうのですから。これほど便利なものはありません!

糖質や塩分の制限に悩んでいる人は、以下より紹介する宅配弁当を検討してみるといいかもしれません。

糖尿病の食事管理に便利な宅配弁当6社を比較してみました!

商品名 食宅便
ナッシュ
まごころケア食
ウェルネスダイニング
ニチレイフーズダイレクト
タイヘイファミリーセット
1食あたりのカロリー 平均226kcal 平均379kcal 平均240kcal 平均240kcal 平均194kcal 平均206kcal
1食あたりの糖質量 10g以下 30g以下 15g以下 15g以下 15g以下 16g以下
1食あたりの塩分量 2.1g以下 2.5g以下 2.0g以下 2.0g以下 2.0g以下 2.5g以下
1食あたりの価格 560円 約609円~ 約462円~ 約669円~ 約743円~ 680円~
商品のリンク 私の口コミを見る
販売サイトを見る
私の口コミを見る
販売サイトを見る
私の口コミを見る
販売サイトを見る
私の口コミを見る
販売サイトを見る
私の口コミを見る
販売サイトを見る
私の口コミを見る
販売サイトを見る
比較項目について
  • 1食あたりのカロリー:おおよそ7食分の平均。
  • 1食あたりの糖質量:各社で決めている糖質量。
  • 1食あたりの塩分量:各社で決めている塩分量。
  • 1食あたりの価格:セット購入あるいは定期購入した場合の平均価格。
  • ※数値は2021年4月現在、各サービスで開示しているデータをそのまま反映しています。お弁当の内容によって数値の変動がありますため、詳しくは各ホームページをご覧ください。

「低糖質」「糖質制限食」と呼ばれているお弁当を取り扱うサービス6社を比較してみました。

この中で、ナッシュはどちらかというと糖質ダイエットをしている人、あるいは生活習慣病予防のために糖質をコントロールしたい人向きのお弁当といった感じです。

他社の糖質制限食より糖質がやや多めではありますが、きちんと科学的根拠に基づいた食事なので安心感はあります。

また、研究機関であるOCROMクリニックによって臨床試験の結果も出ているのもナッシュの強みです。

そのほかの糖質制限食を見てみると、食宅便の「低糖質セレクト」がもっとも低糖質のお弁当であることが分かりました。価格も悪くありません。

残り4社はほぼ似たり寄ったりなので、あとは味と価格の相性次第でしょう。できることならいろいろ試し、その中から自分が使いやすいサービスを選んでみるといいですね。

それでは次に、糖尿病の食事管理に使いやすい宅配弁当3選をランキング形式で紹介していきたいと思います!

【電子レンジで温めるだけ!】糖尿病の食事管理に便利な宅配弁当3選!

糖尿病の食事管理に便利な宅配弁当の評価基準

上記の比較をもとにしながら、糖尿病の食事管理に向いている宅配弁当を3つ厳選してみました。

なお、お子様や妊娠中の方、糖質を制限しないよう主治医から指示を受けている方は糖質制限食のご利用をお控えください。利用してもいいかどうかご自身で判断ができない場合は、必ずかかりつけの病院へご相談いただくようお願いいたします。

食宅便|1食あたり糖質が10gだからコントロールしやすい!

項目 詳細
商品名 低糖質セレクト
おいしさ 4.5
注文のしやすさ 4.5
受け取りやすさ 4.8
メニューの種類 4.8
価格 7食セット 3,920円
カロリー 平均226kcal
糖質量 10g以下
塩分量 2.1g以下

食宅便の「低糖質セレクト」は、1食あたり糖質10g以下におさえたおかずセットです。

他社の糖質制限食よりもかなり低めに設定されているため、ごはんやみそ汁などの主食を組み合わせやすい良さがあります。

また、お値段も他社に比べるとリーズナブル。都度購入も可能で、そのうえコース(メニュー)も豊富なので、気軽に糖質をコントロールした食事を始めやすいのが食宅便の魅力です。

まごころケア食|やさしい価格で糖質をコントロールできる!

項目 詳細
商品名 糖質制限食
おいしさ 4.5
注文のしやすさ 4.5
受け取りやすさ 4.8
メニューの種類 4.8
価格
  • 7食セット 3,980円
  • 14食セット 6,700円
  • 21食セット 9,700円

※いずれも定期購入の場合。

カロリー 240kcal(±10%)
糖質量 15g以下
塩分量 2.0g以下

お手頃価格で糖質のコントロールをしたいなら、まごころケア食の「糖質制限食」がおすすめです。

カロリーは1食あたり240kcal前後で糖質は15g以下。14食セットと21食セットを定期購入する場合は、小さな冷凍庫を無料で貸し出してくれます。

まごころケア食は送料が無料というメリットもあるので、できるだけ食費を抑えたい人に向いているサービスと言えます。

ウェルネスダイニング|

項目 詳細
商品名 糖質制限 気配り宅配食
おいしさ 4.3
注文のしやすさ 4.2
受け取りやすさ 5.0
メニューの種類 4.7
価格
  • 7食セット 4,860円
  • 14食セット 9,504円
  • 21食セット 14,040円

※いずれも定期購入の場合。

カロリー 240kcal(±10%)
糖質量 15g以下
塩分量 2.0g以下

最後に紹介するのは、ウェルネスダイニングの「糖質制限 気配り宅配食」

カロリー、糖質量、塩分量はいずれもまごころケア食と同じですが、価格はウェルネスダイニングの方がやや高めの設定になっています。

ウェルネスダイニングのいいところは、トレイに入ったお弁当タイプだけでなく、自分で加熱調理をして食べる制限食キットも扱っているところ。

なんとなくお弁当タイプは嫌だな…と感じる人も少なくありません。自分で調理する楽しみを味わいながら糖質をコントロールしたい人は、ウェルネスダイニングを利用してみるといいでしょう。

【迷ったらこれ!】糖尿病の食事管理に使いやすい宅配弁当なら食宅便がおすすめ!

食宅便はこんな人におすすめ!
  • メニューが豊富な糖質制限食を利用したい。
  • できるだけ糖質が少ないお弁当を食べたい。
  • おいしい食事で糖質をコントロールしたい。
  • 自分で栄養を管理するのが苦手。
  • お手心価格の糖質制限食を利用したい。

※糖尿病で悩んでいるすべての方におすすめできるわけではありません。あらかじめご注意ください。

食宅便の低糖質セレクトはとにかくコースが豊富です。2021年4月現在で8コースもあり、しかも1食あたりの価格がリーズナブル!

「糖質を制限しなければならない=メニューが限定されるうえにおいしくない」とイメージを持たれがちですが、食宅便はそれを見事に覆しています。

minako
さすが日清医療食品のサービスだけありますね!

また、制限食以外のコースが充実しているのも食宅便の強み。とくに健康上の悩みがない家族も、一緒に利用しやすいメリットがあります。

食宅便は必ずしも定期購入する必要はありません。注文したいタイミングで都度購入をすることも可能なので、ライフタイルや健康状態に応じて使い分けしやすいサービスですよ!

糖尿病の食事管理に便利な宅配弁当まとめ

糖尿病の食事管理に便利な宅配弁当3選
  1. 食宅便
  2. まごころケア食
  3. ウェルネスダイニング

糖尿病の進行具合や健康状態によっても、コントロールすべきカロリーや糖質量は変わってきます。

糖尿病でお悩みのすべての人に宅配弁当をおすすめできるわけではありませんが、自分で管理が難しくなってきた時は主治医に相談をしたうえで、視野に入れてみるのもいいでしょう。

自分で食材を買ってきて管理する手間が省けるだけで、精神的な負担がグッと減ります。また、安定した食事を心がけやすいメリットもあります。

気になるサービスが見つかったら、まずはお試し、あるいはコールセンターに相談したうえで検討されることをおすすめします。