コーヒーメーカーはレンタルできる!個人で使えるおすすめサービス3選を紹介

コーヒーメーカーのレンタルサービス

コーヒーメーカーがあれば、手軽に本格的な美味しいコーヒーが飲めます。

忙しい朝も全自動でコーヒーを淹れられるので、QOLが上がると人気です。

ただ、コーヒーメーカーは個人用でも、購入すると数万円以上かかる高級家電。

種類やブランドもたくさんあり、どれが自分に合うかは、使ってみないとわかりません。

今回は、コーヒーメーカーをレンタルできるサービス3つを紹介します。

購入ではなくレンタルするメリットや、選ぶときのポイント、おすすめのコーヒーメーカーも掲載するので、参考にしてみてくださいね。

コーヒーメーカーをレンタルできるサービス

コーヒーメーカーをレンタルできるサービス3選!個人でも手軽に使える

コーヒーメーカーを個人がレンタルできるサービスは、複数あります。

今回はその中から、料金やサービス内容で本当におすすめできるレンタルサービスを、厳選しました。

ここからは、コーヒーメーカーを個人がレンタルできるサービス3つを紹介します。

CLASは送料無料で1ヶ月だけの短期レンタルができる

CLAS 公式サイト
公式サイト https://clas.style/
最短レンタル期間 1ヶ月
対象エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫(一部地域対象外)
送料 無料(一部有料)
補償・サービス ・故障交換無料サービス
・汚れや傷の保証サービス
キャンペーン情報
  • 新規会員登録で500円分ポイントプレゼント実施中!

CLASはおしゃれな家具・家電を、月額440円からレンタルできるサービスです。

送料無料で、コーヒーメーカーを一点からレンタルできるのが魅力。

最短レンタル期間は1ヶ月なので、短期間だけのお試し利用ができます。

汚れや傷の保証、故障交換無料サービスもあり、初めてコーヒーメーカーを使う人も安心。

今なら会員登録で500円分のポイントプレゼントキャンペーン実施中なので、コーヒーメーカーのレンタルをお得に始められます。

今なら500円分のポイントがもらえる
CLASを公式サイトでチェック

CLASでレンタルできるおすすめのコーヒーメーカーを紹介!

STAN. コーヒーメーカー

商品名 STAN. コーヒーメーカー
抽出方式 ドリップ式
レンタル料金(月額) 1,980円(税込)〜
1日あたりの料金 約66円(税込)

ゾウジルシの人気コーヒーメーカーです。

浄水フィルターでカルキが除かれるため、コーヒー本来の美味しさを引き出せます。

マグカップ2杯分を一度に抽出できるので、パートナーや家族との暮らしに便利です。


siroca 全自動コーヒーメーカー

商品名 siroca 全自動コーヒーメーカー
抽出方式 ドリップ式
レンタル料金(月額) 1,870円(税込)〜
1日あたりの料金 約62円(税込)

おしゃれな小型家電で人気を集めている、sirocaのコーヒーメーカーです。

ミルを内蔵しているため、豆と水を入れてスイッチを押すだけで、全自動で美味しいコーヒーを淹れられます。

洗って繰り返し使えるステンレスフィルターなので、経済的でエコなのも魅力。

ペーパーフィルターよりも、コク深い味わいを堪能できます。

PLUSYは全国配送可能で気に入ったコーヒーメーカーを購入できる

PLUSY
公式サイト https://www.plusy.style/
対象エリア 全国配送(離島・山間部など一部対象外地域有り)
最短レンタル期間 1年
送料 有料
補償・サービス ・そのまま購入サービス
・傷や汚れ、破損の保証サービス

PLUSYは、最新家電を月額制でレンタルできるサービスです。

全国配送可能なので、地方に住んでいる人も安心して利用できます。

最短レンタル期間は1年ですが、バルミューダやデロンギなど、最新の高級なコーヒーメーカーを、リーズナブルな料金でレンタルできるのが魅力。

契約期間満了後はそのまま買取もできるため、長期間レンタルや購入を考えている人におすすめです。

PLUSYでレンタルできるおすすめのコーヒーメーカーを紹介!

バルミューダ ザ・ブリュー K06A-BK

商品名 バルミューダ ザ・ブリュー K06A-BK
抽出方式 ドリップ式
レンタル料金(月額) 1,000円(税込)〜
1日あたりの料金 約33円(税込)

大人気のブランド、バルミューダのコーヒーメーカーです。

独自の抽出法で、コーヒーの香り・味わい・後味を、科学の目線で徹底的に追求しています。

バルミューダの高級コーヒーメーカーを、月額1,000円からレンタルできるのは大きな魅力。

美しい質感とデザインで、使わないときもインテリアとして楽しめます。


デロンギ マグニフィカS スマート 全自動コーヒーマシン シルバーブラック ECAM25023SB

商品名 デロンギ マグニフィカS スマート 全自動コーヒーマシン シルバーブラック ECAM25023SB
抽出方式 エスプレッソ式
レンタル料金(月額) 1,670円(税込)〜
1日あたりの料金 約55円(税込)

デロンギの、エスプレッソ式コーヒーメーカーです。

好きなコーヒー豆を選び、1杯1杯、挽き立ての本格コーヒーをかんたんに淹れられます。

濃厚な味わいのコーヒーが好きな人におすすめです。

subsclifeは豊富な種類から好きなコーヒーメーカーをレンタルできる

subsclife 公式サイト
公式サイト https://subsclife.com/
対象エリア 全国(一部離島を除く)
最短レンタル期間 3ヶ月
送料 有料
補償・サービス ・そのまま購入サービス
・傷や汚れ、破損の保証サービス

subsclifeはコーヒーメーカーの種類が豊富で、自分の気になる商品を試せます。

送料は有料ですが全国配送対応で、コーヒーメーカーは月額450円からレンタル可能です。

最短レンタル期間は3ヶ月と、暮らしに馴染むまで丁度良くお試しできます。

気に入ったコーヒーメーカーは、いつでも好きなときに購入できるのも魅力。

いろいろなコーヒーメーカーを試してから、購入を検討したい人にもおすすめです。

subsclifeでレンタルできるおすすめのコーヒーメーカーを紹介!

ZOJIRUSHI 全自動コーヒーメーカー

商品名 ZOJIRUSHI 全自動コーヒーメーカー EC-SA40
抽出方式 ドリップ式
レンタル料金(月額) 1,020円(税込)〜
1日あたりの料金 約34円(税込)

日本が誇る家電メーカー、ゾウジルシのコーヒーメーカーです。

ステンレスマグとコーヒーカップ、それぞれの抽出方法を選べるため、会社や学校に美味しいコーヒーを持って行きたい人におすすめ。

美味しさが長持ちする、魔法瓶構造のステンレスサーバーを使用しています。

分解して丸洗いできるので、お手入れに自信がない人も安心です。


TWINBIRD 全自動コーヒーメーカー CM-D465B

商品名 TWINBIRD 全自動コーヒーメーカー CM-D465B
抽出方式 ドリップ式
レンタル料金(月額) 1,800円(税込)〜
1日あたりの料金 約60円(税込)

ツインバードのドリップ式、全自動式コーヒーメーカーです。

自家焙煎の第一人者として知られる、バッハ・コーヒー代表、田口護氏監修の本格マシン。

1〜6杯まで好きな量を抽出できるので、イベントや来客用にも活用できます。

豆本来の味を引き出す83℃、深煎りやアイスコーヒーにお勧めの90℃など、徹底した温度管理機能も特徴です。

コーヒーメーカーをレンタルするメリットはお試しできること

コーヒーメーカーは、生活必需品ではありません。

しかし家に一台あると便利で、日々の暮らしが豊かになるものです。

まずはコーヒーメーカーを購入せずに、レンタルするメリットを紹介します。

コーヒーメーカーが生活に馴染むかお試しできる

コーヒーは、コーヒーメーカーを使わなくても淹れられます。

インスタントコーヒーや、ドリップバッグコーヒーを使っている人も、多いのではないでしょうか。

コーヒーメーカーは便利で画期的な家電ですが、部品を洗ったりメンテナンスしたりの手間がかかります。

コーヒーメーカーを毎日活用できるかは、実際に使ってみないとわからないものです。

購入してからでは、「結局、使わなかった」「別の種類にすれば良かった」と感じてしまった場合に、金銭的にも気持ち的にも後悔が大きく残ります。

レンタルであれば、月額1,000円前後から、コーヒーメーカーをレンタルできます。

必要なくなったら、3,000円ほどのキャンセル料を払うだけでいつでも返品可能。

購入するよりも、出費を抑えられるのが魅力です。

また、コーヒーメーカーのデザインが、自宅のインテリアに馴染むかも重要なところ。

コーヒーメーカーは製品によって、音の大きさや抽出時間なども違うため、レンタルで使って試してみるのが一番です。

いろいろなブランドのコーヒーメーカーをお得に使える

レンタルサービスでは、いろいろなブランドのコーヒーメーカーをレンタルできます。

大人気のバルミューダやデロンギなどのコーヒーメーカーは、おしゃれで高性能ですが、値段が高いのがデメリット。

購入を躊躇してしまう人も、レンタルなら1/10以下の価格で使用できるのでお得です。

ほとんどのレンタルサービスには交換制度があり、途中で気になるブランドのコーヒーメーカーに切り替えられます。

気に入ればそのまま購入できるサービスもあるので、長く使っていく予定の人にもおすすめです。

法人・オフィス用にレンタルして仕事中もコーヒーを楽しめる

コーヒーメーカーは、法人・オフィス用にもレンタルできます。

仕事中に美味しい本格的なコーヒーが飲めれば、従業員のモチベーションアップ間違いなし。

お手入れもかんたんで、手間を増やす心配もありません。

レンタルであれば故障や破損の保証サービスがあるため、万が一壊れてしまってもすぐに無料で交換してもらえます。

在宅フリーランスやテレワークの人など、自宅での作業用にもおすすめです。

レンタルできるおすすめコーヒーメーカー【ブランド別】

コーヒーメーカーは、ブランドによって特性があります。

どれをレンタルするか迷ったら、人気で口コミ評価の高い製品を選ぶのがおすすめです。

レンタルできるおすすめコーヒーメーカーをブランド別に紹介します。

デロンギ

デロンギは、1902年創業のイタリアの家電メーカーです。

エスプレッソの本場であるイタリアの企業として、本格的なコーヒーメーカーを数多く開発しています。

デロンギのコーヒーメーカーは、濃厚な味を堪能できるエスプレッソ式。

カプチーノなどのミルクメニューも、全自動で淹れられます。

デロンギ プリマドンナ XS コンパクト全自動コーヒーマシンメタリックシルバー&ブラック ETAM36365MB

公式サイト https://www.plusy.style/productdetails?prodid=ETAM36365MB
商品名 デロンギ プリマドンナ XS コンパクト全自動コーヒーマシンメタリックシルバー&ブラック ETAM36365MB
抽出方式 エスプレッソ式
レンタル料金(月額) 3,630円(税込)〜
1日あたりの料金 121円(税込)

シルバー&ブラックカラーが、おしゃれなカフェのような雰囲気のコーヒーメーカーです。

ハイスペックなエスプレッソ式で、全自動なのに本場イタリアのコーヒーの味を楽しめます。

デロンギ史上最薄の、横幅わずか19.5cmのコンパクトサイズ。

本格的なのに、家庭で使いやすいのも魅力です。

ツインバード

ツインバードは、日本の新潟県に本社を置く、調理家電や照明器具などの家電メーカーです。

洗練されたシンプルなデザインが特徴で、どんなインテリアにも馴染みます。

複雑な仕組みを排除し、本当に必要な機能だけが搭載されているのも魅力。

初心者でも扱いやすく、誰でもかんたんに操作できると、人気が高いメーカーです。

TWINBIRD 全自動コーヒーメーカー CM-D457

公式サイト https://subsclife.com/item/TBD00001BLK
商品名 TWINBIRD 全自動コーヒーメーカー CM-D457
抽出方式 ドリップ式
レンタル料金(月額) 1,560円(税込)〜
1日あたりの料金 約52円(税込)

プロの技を、正確に再現できるコーヒーメーカーです。

コーヒーができあがるまでの時間も楽しめるように、工程が見える美しいデザインを採用しています。

内蔵ミルで、コーヒー豆の粒度を粗・中・細の3段階に調整可能です。

ゾウジルシ

ゾウジルシは、魔法瓶で有名な日本の調理家電メーカーです。

高い性能と品質が評判で、頑丈な製品仕様なのが特徴。

設立1918年の老舗メーカーなので、安心感と安定感があります。

日本人のライフスタイルに馴染むよう設計されており、使いやすいと人気です。

ZOJIRUSHI 全自動コーヒーメーカー EC-RT40

公式サイト https://subsclife.com/item/ZJS10006BLK
商品名 ZOJIRUSHI 全自動コーヒーメーカー EC-RT40
抽出方式 ドリップ式
レンタル料金(月額) 1,260円(税込)〜
1日あたりの料金 約42円(税込)

4種類の味わい調整ができる、手軽なのに本格的なコーヒーメーカーです。

その日の気分や飲む人の好みによって、味を細かく設定できます。

ペーパーフィルターか、ステンレスメッシュフィルターかを選べるのもポイント。

家族みんなで使う予定のある人や、毎日いろいろな味を楽しみたい人におすすめです。

コーヒーメーカーを選ぶときのポイントは種類と契約内容

コーヒーメーカーを選ぶときは、レンタル料金だけでなく、種類や契約内容もしっかり確認するようにしましょう。

自分に合ったコーヒーメーカーを、お得にレンタルするために重要です。

コーヒーメーカーを選ぶときのポイントを解説します。

ライフスタイルに合った種類を選ぶ

家庭用コーヒーメーカーの種類は、主に3つあります。

  • ドリップ式
  • エスプレッソ式
  • カプセル式

それぞれの特徴はこちらです。

ドリップ式

コーヒー豆を挽いた粉にお湯を少しずつ注ぎ、蒸らしながら抽出する方式のことです。

コーヒー液を、紙や金属メッシュなどで作られたドリッパーを通して淹れるため、「ドリップ式」といいます。

コーヒーメーカーの中で、最も多く一般的な方式です。

ドリップ式は、ハンドドリップで淹れるコーヒーに近い味わいなのが特徴。

ミル付き全自動のものを選べば、新鮮な豆を事前に挽かずにそのまま入れるだけでいいので、手軽でおすすめです。

エスプレッソ式

コーヒー豆を挽いた粉に、高い圧力をかけて抽出する方式のことです。

そもそもエスプレッソとは、濃厚に抽出したコーヒーのことで、深い味わいが特徴。

エスプレッソにミルクをいれると、カフェラテやカプチーノができます。

短時間で抽出が完了するので、時間がかからないメリットもあります。

カプセル式

専用カプセルをセットするだけで、本格的なコーヒーを楽しめるマシンです。

UCCやネスカフェが有名で、抹茶ラテや紅茶など、コーヒー以外も抽出できます。

ただし、カプセル式は専用のカプセルしか使用できず、同時に複数杯の抽出もできません。

1杯あたりのコーヒー代が、他と比べて割高になるデメリットもあるので要注意です。

業務用と家庭用の違いはクオリティと抽出できる杯数

コーヒーメーカーには、業務用と家庭用があります。

違いは、コーヒーのクオリティと抽出できる杯数です。

業務用のコーヒーメーカーは、実際に飲食店で使われるもので、味のクオリティが高いのが特徴。

複数杯を抽出できますが、大型で本格的なため、購入やレンタル金額は高くなります。

家庭用のコーヒーメーカーの料金相場は数万円ですが、業務用は30~100万円以上とかなり差があります。

では、家庭用のコーヒーメーカーはクオリティが低いのかというと、そんなことはありません。

最近の家庭用コーヒーメーカーは、プロも絶賛するほどの高性能機能です。

お店で飲むのと変わらないくらい、美味しいコーヒーを抽出できます。

小型で家庭でも使いやすい特徴もあるので、コーヒーにこだわりのある人も、家庭用コーヒーメーカーで十分満足できるはずです。

最低レンタル期間と送料は必ず確認する

レンタルサービスには、最低レンタル期間が設けられています。

最短レンタル期間は1〜3ヶ月がほとんどですが、中には1年以上の契約が条件なことも。

短期間レンタルをしたいのに、うっかり期間を確認せずに契約してしまうと、後悔してしまう可能性があります。

「そんなつもりじゃなかった…。」を防ぐために、最低レンタル期間は必ず確認するようにしましょう。

また、コーヒーメーカーをレンタルするときの送料も重要です。

レンタルサービスによっては、送料無料とそうでない場合があります。

お得だと思っていても、送料を加算すると結構な金額になってしまうことも。

自分の住んでいるエリアへの送料も、レンタル前に必ず確認するようにしましょう。

CLASは、コーヒーメーカーを送料無料でレンタルできます。

人気のゾウジルシのコーヒーメーカーも、送料無料の月額1,980円から、1ヶ月だけのレンタルができます。

コーヒーメーカーをレンタルで手軽に使いたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。