バンカーズの評判は?口コミから見たメリットやデメリットを解説

サービス紹介

投資に興味があるなら、バンカーズの評判が気になっているという人は多いでしょう。「よい口コミを見たけど本当?」「安全に利用できる?」など、大切なお金を投資するにあたって不安を抱えていませんか?

バンカーズは、日本で初めて商業手形ファンドを取り扱ったソーシャルレンディングサービスです。1万円から始められる少額投資で海外へも日本円で投資できます。

本記事では、バンカーズを実際に利用した人に向けたアンケート結果をもとに、リアルな評判やサービスの特徴などをまとめました。サービスを利用するメリット・デメリットや利用方法についても触れているので、バンカーズの利用を検討している方は参考にしてください。

バンカーズをご検討の方へ
  • バンカーズは、商業手形を取り入れたファンドを日本で初めて提供したソーシャルレンディングサービス!
  • バンカーズは、透明性が高く安心して利用できる工夫がされた投資家目線のサービス!
  • バンカーズは、海外企業への投資も手間やリスクが少なくて簡単!

以下では、マイナビ編集部で調査した結果をもとに、「利回りの高いサービスTOP3」をピックアップしています。ぜひこちらも参考にしてください。

編集部おすすめの不動産クラウドファンディングサービス3選

※日本トレンドリサーチによるインターネット調査(2021年9月サイトのイメージ調査)

また、その他のサービスと比較したい人はこちらのまとめ記事がおすすめです!

不動産クラウドファンディングおすすめ11選比較【2022年11月更新】利用者の口コミや選び方を解説
不動産クラウドファンディングとはネット上で投資家から資金を集め、不動産運営での収益を分配する新しい形の不動産投資です。この記事ではクラウドファンディングの基礎知識から人気のおすすめサービス10選を紹介します。また利用者の口コミや募集中のファンド情報などもピックアップするのでぜひ参考にしてください。

バンカーズのリアルな口コミ・評判を見てみよう

バンカーズについてリアルな口コミを知るために、マイナビ編集部では実際にバンカーズを利用した経験のあるユーザーを対象に直接アンケートを行いました。

この章では、バンカーズを利用するイメージをより具体化するため、気になる5つの項目について、良い口コミと悪い口コミの両方をご紹介します。

※以下の口コミは個人の感想です。投資については十分に検討したのちにご自身の判断で行ってください。

利用者の項目別口コミ

【運用の手軽さ】に対する評価

・『株式や仮想通貨などのような価格変動が起きないため、一度投資すれば、運用期間が終わるのを待つだけなので、時間がないときに最高です』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『融資をする際の情報量が多いので、判断をするには非常に使い勝手が良かったです。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『ファンドの説明がややわかりにくい時があるので、そこを改善してくれると、より出資判断がつきやすくなるかなと思います。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

【サービスの仕組み】に対する評価

・『Bankersはサイトが見やすく使いやすいので使ってよかったと思いました。』(40代/年収:200万円~400万円未満)

・『投資の最低額が1万円という低いライン設定になっているので、この手のことに興味はあるけどたくさん使うのはまだ不安というビギナーに向けて良い設定になっていると想います。また入会キャンペーンが充実していて、入会タイミングでギフト券がもらえるのも良かったです。安心して始めやすいものでした。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『日本円で投資ができるところと少額から始められるところが良いところだと思いました。』(20代/年収:400万円~600万円未満)

・『少額で投資できるのはよかったです。不動産投資に興味があったのでこちらを利用しました。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『出資金額が1万円から気軽にお試し的な投資が始められ、運用期間の幅も広いので様々な投資スタンスに対応している。』(50代/年収:400万円~600万円未満)

・『基本的に元本保証がありません。そのため、投資した案件の企業の業績が悪くなって返済ができなくなった貸し倒れが起きた場合、やばいです』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『投資家における規約が厳しく、特に途中解約における制限が他より多いところ』(30代/年収:200万円~400万円未満)

・『基本的に抽選方式なので、チャンスが平等な点は良いと思うものの、出資が確定するまでの期間はヤキモキします。先着方式がたまにあってもいいかもしれません。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

『契約してから運用開始後、途中解約ができないという点です。企業の状況が変わっても運用が続けないといけないので見極めないといけない点です。』(20代/年収:200万円~400万円未満)

・『他社に比べ、サイトの使い勝手が悪いところが、改善してほしいと思いました。』(30代/年収:200万円~400万円未満)

【ファンドの数や配当】に対する評価

・『利回りは中程度だが、いろいろな案件があり面白い。フィンテック案件などは勉強にもなる。』(30代/年収:1000万円~1200万円未満)

・『利回りの期待度もあり、投資先の数も豊富にあり、とても満足しています。』(30代/年収:200万円~400万円未満)

・『融資先の情報が豊富だった点。Amazonギフト券をもらえるキャンペーンがあった点。』(20代/年収:400万円~600万円未満)

・『半年など比較的短期のファンドが多く、また募集頻度も多めなので、出資チャンスが多いのが良いです。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『まだ出来て日が浅いからなのか、全体的にファンド数が少ないです。これがもっと増えれば儲けの可能性も広がる良いものになっていくと期待出来ます。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『ファンド・投資先の数が少ないので、もう少し増やして欲しいです。』(20代/年収:200万円未満)

・『期待利回りが低いので、(バンカーズが)メインの事業者にはなっていないので改善を期待する。』(30代/年収:1000万円~1200万円未満)

【運用にかかるコスト】に対する評価

・『Bankersはコスパがよく、とても満足できます。いいです。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『入金や出金をする際には手数料がかかってしまうので、手数料無料にしてもらえると助かります。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『投資手数料や管理費用など追加のコストが多く発生して不満に感じました。』(30代/年収:1000万円~1200万円未満)

【運営窓口の対応】に対する評価

・『トラブル対応が迅速で助かり、利回りへの期待度も高いところです。』(20代/年収:200万円未満)

・『投資初心者だったので最初は色々とわからない点が多かったですが丁寧にフォロー頂け助かりました。』(30代/年収:1000万円~1200万円未満)

・『ファンドの説明が丁寧でわかりやすく、事業のイメージが湧きやすいので、それらが投資判断の後押しになります。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『投資の初心者にも分かりやすいように説明してくれました。本当に良かったです。』(40代/年収:400万円~600万円未満)

・『Bankersは運営会社の対応が少し良くないのでそこを改善して欲しいと思いました。』(40代/年収:200万円~400万円未満)

\気になった人は公式サイトへ/
バンカーズで案件を見る

利用者の満足度

マイナビ編集部が独自に行った利用者アンケートから、下記の5つの指標で満足度を集計しました。総合的な満足度としては、5段階評価で3.6点となっています。

「サイトの使いやすさ」「利回りへの期待度」「ファンドの数」「運用の手軽さ」「運営会社の対応」

※紹介した口コミや満足度グラフは、マイナビ編集部で独自に行ったアンケート(クラウドワークス調べ 2022/2/26〜3/13 回答者19人)結果によるものです。

口コミから分かった「バンカーズ」とは?

利用者の口コミからは、1口1万円から投資を始められる気軽さや、運営窓口の迅速で丁寧な対応に関する口コミが多く見られました。

一方デメリットとして、元本保証が無く、途中解約ができないという点が挙げられます。しかし株や仮想通貨と違い、大きな価格変動が起こりにくいため、一度投資を始めれば、運用に手間をかけることなく分配金を得ることができる点も魅力的と言えます。

初めてソーシャルレンディングに挑戦する人や、安心して手間をかけずに運用したい人におすすめのサービスです。

\気になった人は公式サイトへ/
バンカーズで案件を見る

バンカーズとは?おすすめな人と3つの特徴

※画像出典:バンカーズ公式サイト

・運営会社:株式会社バンカーズ
・サービス開始:2020年12月
・本社所在地:東京都千代田区麹町2-12-1 VORT半蔵門8F
・資本金: 1億3,300万円
・出資可能額:1万円~
・運用期間の目安:4~12ヶ月程度
・会員登録料:無料
・URL:https://www.bankers.co.jp/

バンカーズは次のような人におすすめのサービスです。

  • 商業手形ファンドに興味がある人
  • 少額から始められる投資で気軽に投資をスタートしたい人
  • 手間をかけずに低リスクで海外への投資をしたい人

バンカーズで案件を見る

商業手形ファンドを取り扱っている

バンカーズは、日本で初めて商業手形ファンドの取り扱いをスタートした先進的な会社です。商業手形とは、実際に商取引が介在する手形のことをいいます。金融目的で商取引が行われない融通手型と比べて代金を回収しやすく、単純な契約よりも確実性が高いことがメリットです。実手形や真正手形と呼ばれることもあります。

バンカーズは、融資のファンドに商業手形を組み込むことで、投資家の利益を追求しています。ソーシャルレンディングサービスの提供開始は2020年12月と比較的新しいですが、元々貸金業を行なっていたこともあるため実績は確かです。過去10年で不渡りはなく、15,000件以上の商業手形を実行し200億を超える実績を記録しています。

1万円から投資ができる

出資可能額は1万円からで、気軽に投資が始められる点も特長でしょう。他のソーシャルレンディングは、1口10万円からスタートするサービスも珍しくありません。バンカーズは1万円から始められるので「初めての投資で不安」「始まったばかりのサービスなので様子を見たい」という人にも安心です。

ただし、案件によっては最低金額が2万円に設定されている場合もあります。商業手形を掛け合わせた新しいサービスと聞くと、高い元手がいるのではと思われるかもしれませんが、ソーシャルレンディングの少額から始められるメリットに変わりはありません。

おすすめの不動産クラウドファンディングサービスや、ソーシャルレンディングサービスを紹介したこれらの記事もおすすめです。

不動産クラウドファンディングおすすめ11選比較【2022年11月更新】利用者の口コミや選び方を解説
不動産クラウドファンディングとはネット上で投資家から資金を集め、不動産運営での収益を分配する新しい形の不動産投資です。この記事ではクラウドファンディングの基礎知識から人気のおすすめサービス10選を紹介します。また利用者の口コミや募集中のファンド情報などもピックアップするのでぜひ参考にしてください。
ソーシャルレンディングおすすめ11選比較|【2022年11月更新】人気のサービスの口コミや選び方など徹底解説◆専門家監修◆
ソーシャルレンディングとは、事業者が複数の個人投資家から出資を得て事業やプロジェクトに貸付し、利息分を利益として個人投資家へ分配する仕組みです。出資者は、一般的な不動産投資よりも少額から投資ができるため、初心者でも気軽に始められるとして人気...

海外企業へも日本円で投資できる

バンカーズでは海外企業へのファンドも提供しています。海外企業への投資であっても、日本円で投資することができる点は大きなメリットです。

海外企業への投資は、投資先の通貨に換金後に行うことが一般的です。しかしバンカーズでは日本円のまま投資を行えるので、換金の手間や通貨の価格変動による利益変動がありません。海外企業への投資に興味があるものの、投資の手間や価格変動のデメリットに不安を感じていた人にもおすすめのサービスといえます。

\気になった人は公式サイトへ/
バンカーズで案件を見る

バンカーズのメリット・デメリット

ここで、バンカーズを利用するメリット・デメリットを確認しましょう。サービスによってそれぞれ特徴が異なるので、自身にあったサービスを選ぶ必要があります。

バンカーズのメリット

バンカーズを利用するメリットは次の4つです。

  • 金融キャリアのある経営陣で信頼度が高い
  • 出資方式にセイムボート方式を採用している
  • 融資先の情報が公開され透明性が高い
  • 口座開設費用や維持管理費用が無料

それぞれ詳しく見ていきましょう。

金融キャリアのある経営陣で信頼度が高い

提供されるファンドや運用の信頼度が高い点は、バンカーズの大きなメリットです。バンカーズは、金融のプロ集団が経営を行なっています。経営を任されているのは銀行・証券・VC・ノンバンク・ネット金融など、金融業を経験した者に限られます。

また、バンカーズの親会社である株式会社バンカーズ・ホールディングスの代表取締役会長が、もと株式会社三菱東京UFJ銀行の代表・取締役も務めた長田忠千代氏であることも安心材料です。

さらに募集ファンドは金融のプロの目だけでなく、専門知識を有する弁護士が同席する判定会議によって決定されます。投資対象となる企業も独自の厳選基準を満たす必要があるため、金融のプロと専門家の目で信頼度の高い案件に限定される仕組みです。

出資方式にセイムボート方式を採用している

バンカーズでは、セイムボート方式を採用しています。これは募集するファンドに、投資家だけでなく事業者も一部出資する方式のことです。バンカーズでは、募集ファンドに親会社が一部出資を行い、投資家と同様のリスクを負う取り組みをしています。

セイムボート方式を導入するメリットとして、事業者が投資家と同様のリスクを負うことで、募集案件の厳選がより慎重になることが大きいです。バンカーズでは、専門家や金融業の経験豊富なスタッフによって案件や投資企業を厳選しているので、こうした出資方式を採用することができるのでしょう。

融資先の情報が公開され透明性が高い

バンカーズは情報の透明性についても高い評価を得ています。ソーシャルレンディングは、サービスによって投資先の情報が匿名になっていることも珍しくありません。バンカーズでは融資先の企業名はもちろん、事業内容・返済方式・返済原資・担保内容・過去の不渡り歴など、詳しく確認することができます。

また募集ファンドは独自の5段階評価でリスク分析されています。投資初心者や知識が少ない人でも、事前にリスクを確認することができるので安心です。さらに、出資後に運用が行われている間もレポートが継続されます。

口座開設費用や維持管理費用が無料

出資に必要な口座開設費用や維持管理費用が無料であることも、バンカーズのメリットです。こうした費用がかかるサービスでは、投資を行なっている・いないにかかわらずコストがかかります。バンカーズでは、投資をしなければランニングコストがかからないので、納得した案件にのみ投資を行うことができるでしょう。

投資にかかる手数料は、投資金の振り込み手数料だけです。分配金や償還金の振り込み手数料はバンカーズが負担するため、利益から手数料が引かれることはありません。また一部金融機関では、投資金の振り込み手数料に関しても所定回数内であれば無料になります。対象となる金融機関は以下の5つです。

  • 住信SBIネット銀行
  • 新生銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • 野村信託銀行

これらの金融機関を利用することで、手数料を節約して最大の利益を得ることができるので、ぜひ活用しましょう。

\気になった人は公式サイトへ/
バンカーズで案件を見る

バンカーズのデメリット

バンカーズを利用するデメリットは次の4つです。

  • 元本保証がない
  • 投資金が償還されるまで解約不可
  • 金利は1.8~4%と利回りが低め
  • ソーシャルレンディングとしての実績が少ない

元本保証がない

バンカーズの投資には元本保証がないため注意しましょう。ただし、これはバンカーズに限ったことではありません。

ソーシャルレンディングというサービスは、お金を借りたい人と貸したい人をマッチングさせるサービスで、元本割れや利回り低下のリスクが必ずしもあるものです。元本保証のある投資をしたいと考えているなら、ソーシャルレンディング以外の投資方法を検討しましょう。

元本保証はありませんが、バンカーズは投資先を金融業のプロが選んだ優良企業に限定することや、リスクレポートを提示することで、かなり信頼性の高いサービス運用を行なっています。元本保証の有無で投資を判断するのではなく、信頼がおけるサービスかどうかで選択するのもおすすめです。

ソーシャルレンディング のリスク回避法について解説した、こちらの記事もご覧ください。

ソーシャルレンディングのリスク回避方法とは?危険を減らす選び方
ソーシャルレンディングは、融資型クラウドファンディングとも呼ばれる比較的新しい投資方法です。この記事では、ソーシャルレンディングについて基礎知識を解説したうえで、どのようなリスクがあるのか解説します。リスクを回避する方法も紹介します。

投資金が償還されるまで解約不可

バンカーズが取り扱うファンドに投資すると、途中解約できないため点にも注意が必要です。運用中に利回りが下がり始めても、運用期間を満了するまでは解約することはかないません。投資金が償還されるまでは解約できないので、もどかしい思いをする可能性があります。

運用期間が長い投資案件は、価格変動といった運用のリスクを負いやすい傾向にあります。バンカーズには4ヶ月程度の短期間運用案件もあるので、途中解約できないデメリットが気になるなら、運用期間の短い案件を選ぶとよいでしょう。

投資先をきちんと見極めて、投資は余剰資産で行うようにしましょう。

金利は1.8~4%と利回りが低め

バンカーズが提供しているファンドは、予定金利が1.8~4%とやや低めに設定されています。他のソーシャルレンディングサービスでは、10%以上の利回りが想定されていることもあるため、物足りなく感じる人もいるでしょう。

しかし、利回りが低いことはデメリットばかりではありません。得られるリターンが少ない分、投資のリスクも小さくなります。「初めての投資なので少額から低リスクで始めたい」という人にはおすすめです。

また2021年後半ごろから、徐々に高利回りのファンドも見受けられるようになりました。例えば、2021年10月に募集を開始したサービサー事業支援ファンド第1号は、1口1万円からの投資で予定分配率が6.0%に設定されています。

ソーシャルレンディングとしての実績が少ない

ソーシャルレンディングとしての実績が少ないことも、デメリットとして挙げられます。バンカーズのソーシャルレンディングサービスは2020年12月に開始したばかりです。まだ実績が少なく、実際に運用された過去のファンドから傾向を探ることが難しく感じられる人もいるでしょう。

バンカーズは、ソーシャルレンディングサービスとしての実績は短いものの、運営会社は昭和49年設立の歴史ある貸金業者です。金融に関する経験や実績は多くあるため、ソーシャルレンディングの運用にも期待が寄せられます。

\気になった人は公式サイトへ/
バンカーズで案件を見る

バンカーズのファンド紹介

バンカーズはまだ歴史が浅いサービスではあるものの、多くのファンドで高い分配実績を上げています。ここで、実際に提供されていたバンカーズの過去ファンド事例を見てみましょう。

ファンド名 運用予定期間 募集金額 融資運用額 予定分配率 分配率実績
バンカーズ不動産・商業手形ファンド第1号 6ヶ月 2,200万円 2,000万円 3.59~4.37% 3.92%
バンカーズ地域医療機関支援・商業手形ファンド第1号 4ヶ月 5,500万円 5,000万円 2.68%~3.45% 3.40%
バンカーズ事業者ローン・商業手形ファンド1号 6ヶ月 2,800万円 2,600万円 2.76%~3.37% 2.93%

それぞれのファンドの特徴を解説します。

バンカーズ不動産・商業手形ファンド1号

バンカーズ不動産・商業手形ファンド1号は、バンカーズのサービス運用が始まって最初のファンドです。運用期間は6ヶ月、募集金額は2,200万円でした。募集金額は、2,000万円とバンカーズが行う商業手形割引200万円を組み合わせたものです。融資先は不動産コンサルティング業務を行う業者で、詳細については投資家限定で情報を公開しています。

このファンドはすでに運用を終了しており、全額を償還しています。償還時の分配率実績は、予定の3.59%を上回る3.92%でした。

バンカーズ地域医療機関支援・商業手形ファンド1号

続いて紹介するのは、バンカーズ地域医療機関支援・商業手形ファンド1号です。最初のファンドでもあるバンカーズ不動産・商業手形ファンド1号の次に行われたファンドで、2021年1月15日に募集を開始し、同月25日には満額を達成しました。

これは、事業者向けの金融系企業が医療機関に対して、融資を行うための事業資金確保のためのファンドです。運用期間は4ヶ月、5,000万円の融資と500万円の商業手形割引が募集されました。こちらも運用を終了しており、全額を償還済みです。分配率実績は3.40%と予定よりも高く分配されました。

バンカーズ事業者ローン・商業手形ファンド1号

最後に紹介するのが、バンカーズ事業者ローン・商業手形ファンド1号です。2021年2月26日に募集が開始され、3月4日には募集が終了しました。投資先は中小企業に対して金融事業を行い、経営サポートを行う企業です。融資2,600万円と商業手形割引200万円を併せた2,800万円が募集されました。

こちらも運用期間を終了しており、6ヶ月とやや長めの運用期間でありながら分配率実績は2.93%と、予定を上回りました。

\気になった人は公式サイトへ/
バンカーズで案件を見る

バンカーズで投資する流れ

最後に、バンカーズで実際に投資を行う流れを確認しましょう。バンカーズを利用して投資を行うためには、次のような手順を追いましょう。

  1. ウェブサイトから会員仮登録する
  2. URLから会員本登録する
  3. ウェルカムレターを受け取りコードを入力する

各ステップについて詳しく解説します。

ウェブサイトから会員仮登録する

投資を行うためには会員登録が必要です。ファンドの投資先の詳細情報を確認するためにも、投資家登録が必要なので、ぜひ登録しましょう。

まずは、バンカーズのウェブサイトから「会員登録」にアクセスします。入力フォームに従って入力を進めると会員仮登録ができます。入力項目・選択項目は以下の通りです。

  • 個人・法人
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 秘密の質問・答え
  • メールマガジン登録
  • 確認及び承諾事項

仮登録するためには、利用規約や基本方針などを一読して同意する必要があります。仮登録を申し込むと、仮登録完了メールが届きます。

URLから会員本登録する

仮登録が完了すると、【会員仮登録完了のお知らせ】というメールが届きます。メールに記載されたURLから本登録に進みましょう

本登録を行う場合には、使用する金融機関の登録と本人確認書類のアップロードが必要になるため、事前に用意しておいでください。本登録画面では住所や氏名、年収や職業といった個人的な情報も入力します。

本人確認書類や収入などをバンカーズが確認し、投資家として能力があるか審査が行われます。審査を通過すると完了メールが届くので、メールはこまめにチェックしておきましょう。

本登録に必要な書類

本登録には以下のような書類が必要です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住基カード
  • パスポート
  • 通帳またはキャッシュカード

ウェルカムレターを受け取りコードを入力する

審査が完了して投資家として登録できるようになると、1週間以内に登録した住所にウェルカムレターが届きます。ウェルカムレターには本人確認コードが記載されており、それをウェブサイトの指定の欄に入力することで投資家登録が完了します。

また以下に該当する場合は、バンカーズの投資家登録はできないことになっているため、注意しましょう。

  • マイナンバーを持っていない人
  • 非居住者の人
  • 20歳未満の人

\気になった人は公式サイトへ/
バンカーズで案件を見る

ソーシャルレンディングの確定申告方法について、詳しく解説したこちらの記事もおすすめです。

ソーシャルレンディングの確定申告を解説!節税方法や注意点も紹介
ソーシャルレンディングの収益に確定申告が必要なのかわからない、必要な場合はどうすればいいのかもわからない、と悩んでいませんか。ソーシャルレンディングで収益を得た場合は確定申告が必要になるケースと、そうではないケースがあります。また確定申告を...

まとめ

バンカーズは、2020年12月に開始したばかりの新しいソーシャルレンディングサービスです。日本で初めて商業手形ファンドを取り入れるなど、前衛的な投資を行なっています。新しいサービスではあるものの、企業自体は昭和49年に設立した歴史ある貸金業者なので安心感も高いです。

ファンドの透明性の高さや、セイムボート方式の導入も高い評価を得ている理由でしょう。このように、バンカーズでは投資家が安心して利用できるように工夫されており、初めてのソーシャルレンディングの人にもおすすめです。

今回ご紹介した以外にも、バンカーズではさまざまな種類のファンドを提供しています。リスク評価や投資先情報などを確認しながら、ぜひバンカーズのファンドに投資してみましょう。

\気になった人は公式サイトへ/
バンカーズで案件を見る

タイトルとURLをコピーしました