ソーシャルレンディングのリスク回避方法とは?危険を減らす選び方

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、いま注目度が高まりつつある投資方法の1つです。利益を得られる可能性がある反面、リスクを知らずに始めると資産に損失を及ぼす可能性もあります。投資を行ったことがない人にとっては、どのようなリスクがあるのか、リスクを回避するにはどのような方法があるのかを知っておきたいところではないでしょうか。

そこで本記事では、ソーシャルレンディングについて基礎知識を解説したうえで、どのようなリスクがあるのかを解説します。リスクを知ったうえで、その回避方法について把握し、ソーシャルレンディングを始める準備をしていきましょう。

ソーシャルレンディングをお考えなら高利回りで少額から始められるCOZUCHI』がおすすめ!

  • ソーシャルレンディングが初めての人
  • 高利回りが期待できる物件に投資したい人
  • 好きな時に現金化したい人

1万円から始められ、いつでも解約・現金化が可能。ソーシャルレンディングが初めての方にもおすすめです。

公式サイトはこちら

ソーシャルレンディングに関する基礎知識

ソーシャルレンディングとは、投資方法の1つであり、お金を必要とする企業とお金を貸したい人同士を結び付けるマッチングサービスでもあります。ここでは、ソーシャルレンディングの基礎知識について解説します。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングは「融資型クラウドファンディング」の一種です。インターネットを通じて融資を募集している企業に対し、投資家として資金を融資することで、支払利息の一部を分配金として受け取ることができます

クラウドファンディングというと、支援や寄付というイメージが強いかもしれません。しかし、ソーシャルレンディングの場合は金融商品に該当し、出資者は投資家という位置付けです。商品やサービスではなく、お金がリターンされます。

この時、投資家と企業の間に立つのがソーシャルレンディングの運営会社です。投資家は出資者として、ソーシャルレンディングの運営会社と匿名組合契約という契約を結びます。投資先はさまざまですが、不動産の場合は運営企業の必要資格が異なることもあり「不動産投資クラウドファンディング」と呼ばれる場合もあります。

不動産投資クラウドファンディングについて詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

【徹底解説】不動産投資型クラウドファンディングおすすめ12社比較|利用者の口コミや選び方を解説【2023年1月更新】
不動産クラウドファンディングとはネット上で投資家から資金を集め、不動産運営での収益を分配する新しい形の不動産投資です。この記事ではクラウドファンディングの基礎知識から人気のおすすめサービス10選を紹介します。また利用者の口コミや募集中のファンド情報などもピックアップするのでぜひ参考にしてください。

企業がソーシャルレンディングを行う理由

ソーシャルレンディングは企業側からすると、銀行から融資を受ける場合に比べ、審査が通りやすいという点がメリットです。そのため、次のような理由からソーシャルレンディングを行うことがあります。

  • 銀行以外の資金調達方法も持ちたい
  • 起業して日が浅く銀行から融資を受けにくい
  • 追加資金の確保をしたい

ただし、ソーシャルレンディングの運営会社も審査を行わないわけではありません。融資を返済できない企業に貸し出してしまうと、運営会社側もデメリットを被るためです。そのため投資家は、しっかりとした審査を行ってくれるソーシャルレンディングの運営会社なのか、見極めることも重要となります。

ソーシャルレンディングのメリット

上記の特徴を踏まえると、ソーシャルレンディングのメリットは4つがあります。

  • 少額(1万円ほど)から投資できるので投資のハードルが低い
  • 運用期間が短い案件も多い
  • 定期預金口座と比較すると利回りが高め
  • 投資後の情報収集の手間がかからない

ソーシャルレンディングは、案件や運用企業によっては、1万円から投資を始められるものもあります。原則として投資期間中は融資した費用を引き出すことはできませんが、運用期間が1年と短期間なことも多いため、費用回収が早いのも特徴です。

利回りが比較的高めなのも、ソーシャルレンディングのメリットであると言えるでしょう。たとえば定期預金口座は高いものだとSBJ銀行の0.25%が挙げられますが、ソーシャルレンディングの場合、案件によっては3.0~5.0%と、定期預金口座に比べると高めです。

また、株式やFXの場合、毎日のように投資したい企業の情報や為替の動向など、さまざまな情報を調べなくてはなりません。ソーシャルレンディングの場合は運用中に価格変動が起こることもなく、購入タイミングによる損も関係がないのがメリットです。

“参考:SBJ銀行金利一覧」2021年10月18日時点”

ソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングは、日本ではまだ発展途上の新しい投資方法です。ここでは、ソーシャルレンディングの4つのデメリットについて解説します。

  • 貸し倒れが起こる場合がある
  • 返済が遅延することがある
  • 早期償還が行われる可能性がある
  • 途中で解約することができない

貸し倒れが起こる場合がある

ソーシャルレンディングにおける貸し倒れとは、融資を受けた企業が倒産したり、担保となったプロジェクトが行倒れたりしたことで、返済不能になってしまうというものです。たとえ元本割れであっても、融資したお金の一部が返ってくることもあります。しかし、最悪の場合は、全額回収できなくなってしまうこともあるのです。

貸し倒れリスク回避のために、ソーシャルレンディングの運営会社は事前に融資先の企業を十分に調査をおこないます。そのうえで、不動産の担保や別企業の連帯保証といった契約を結ぶなど、対策を行うことがほとんどです。ただし、すべての案件に設定されているわけではありません。

貸し倒れはどのような案件でも起こりうるものです。事前にソーシャルレンディングの運営会社が取り組んでいる対策を、よく調べたうえで選ぶ必要があります。

返済が遅延することがある

業績の悪化や借り換えができないことを理由に、企業側がソーシャルレンディングの運営会社への返済期日に間に合わず、遅延することもあります

貸し倒れと比べると、遅延だけで返済なされれば問題ありませんが、分配金をあらためて他の株式やソーシャルレンディングに投資しようとしていた場合、期日までに分配金が手元に来ないため、最悪損害につながる可能性もゼロではありません。

早期償還が行われる可能性がある

早期償還とは、融資を受けた企業側が当初の予定よりも早く返済を完了させたことで、償還日前に資金が再分配されることです。早くお金が戻るならそれに越したことはないと思うかもしれませんが、投資の場合、想定していた計画通りの投資が行えない、あるいは次の投資ができないといった事態を招いてしまうため、リスクとなりうるのです。

ソーシャルレンディングの場合は、早期償還や延滞など、運用期間の変更が発生する可能性があることを考慮したうえで、投資することが大切です。

途中で解約することができない

ソーシャルレンディングは投資後にその資金がロックされるため、契約を途中でキャンセルすることは原則不可能です。たとえば定期預金口座のように、急に資金が必要になった際に引き出す、といった対応はできません。

ソーシャルレンディングを始めるのであれば、途中で解約できないことを念頭に、一定期間動かせなくても問題ない範囲で投資を始めるようにしましょう。

ソーシャルレンディングで延滞や貸し倒れが起こる要因

ここでいう貸し倒れとは、企業が倒産などによって返済できず、投資家に融資したお金が戻らない状況を指します。そして、延滞(期間延長)とは、融資を受けた企業が期日を過ぎても返済できない状況を言います。このようなデメリットが生じる要因は、3つあります。

  • 担保が設定されていない
  • 返済利息が高すぎる
  • 会社独自の査定を行っている

それぞれの要因を理解して、運営会社や案件選びに役立てていきましょう。

担保が設定されていない

担保が設定されていない場合、万が一、貸し倒れや延滞が起きた場合に、保証人による代理返済や担保売却による返済が行われませんそのため業績悪化が生じた際に、何の備えもないため、貸し倒れにつながってしまいます。

そもそもどのような投資でも元本保証は行われません。リスク回避のためにも、案件を選ぶ際は、不動産のように比較的安定性のある価値を持った担保が付いているか、必ず確認しておきましょう。

返済利息が高すぎる

ソーシャルレンディングを企業が利用する場合のデメリットとして、案件1件あたりにつき5~10%と高めの返済利息がついていることが挙げられます。利息が高いということは、企業が利益を出せなかった場合、返済利息に対応しきれなくなる可能性を高めることにもつながります。つまり、延滞や貸し倒れを起こす可能性が高まるのです。

返済利息が高すぎないか確認する方法として、利回りを確認することが挙げられます。利回りが高くなるほど、ソーシャルレンディング運営会社側の利益を確保するために、融資先の企業に対する返済利息も高くなるためです。

会社独自の査定を行っている

担保の査定が第三者機関やソーシャルレンディングの運営会社を通じたものではなく、融資を必要としている企業側が独自に査定を行っているケースがあります。すると貸し倒れになった際に、会社独自の査定通りには評価されず、分配される金額が少なくなる可能性があるのです。

担保が設定されているからと安心せず、会社独自の評価に基づいていないか、換金性のある安定した資産か、しっかり確認しておきましょう。

ソーシャルレンディングのリスクを回避するには

貸し倒れや遅延といったリスクを避けるには、どのように対応すればよいのでしょうか。4つのポイントを確認したうえで、運営会社と案件のどちらも選んでいきましょう。

  • 運営会社の貸し倒れ率を調べる
  • 貸付企業の経営状態を確認する
  • 投資案件を1つに絞らず分散する
  • 余剰資金で運用を行う

運営会社の貸し倒れ率を調べる

ソーシャルレンディング運営会社によって、返済実績は異なります。そのため、まずは案件の取扱数と貸し倒れ率の低さを比較してみましょう。案件取扱数が多く、貸し倒れ率が低い運営会社を選ぶのがおすすめです。

案件の取扱数が多いということは、それだけ多くの企業が信頼して依頼をしている反映です。過去に貸し倒れがあった場合でも、早期に一部償還してくれた運営会社とそうでない会社では、対応力に差があると言えます。

ただし案件が多くても、問い合わせへの対応が悪い、入出金がしづらいなど、システムとして合わない可能性もあるため、貸し倒れ率や案件数を確認するとともに、複数のソーシャルレンディング運営会社を比較することも大切です。

貸付企業の経営状態を確認する

自分が投資した資金がどのような融資先へ行くのかを把握したうえで、運営会社を選ぶようにしましょう。2019年3月18日以降、金融庁によるソーシャルレンディングの匿名化解除により、投資家が融資先の企業についてある程度情報を得られるようになりました。

そのため、まずは融資先の企業を公表しているソーシャルレンディング運営会社を選び、そのうえで融資先の企業を調べてみましょう。業績や経営状況を確認し、どのような企業か確認しておくことをおすすめします。

投資案件を1つに絞らず分散する

特定の投資案件だけに投資すると、その案件で貸し倒れや延滞が起きた場合に受ける損害が大きくなってしまいます。また、担保を不動産や株など1種類だけでそろえてしまうのも、損害を大きくする要因です。たとえば不動産を担保とした案件のみだと、不動産市場が悪化した場合に担保の価値が下がり、貸し倒れや延滞発生時に損害が生じやすくなります。

リスクを減らすために、投資先を複数持つことを分散投資といいます。方法として次の2つが挙げられます。

  • 複数のソーシャルレンディング運営会社を利用する
  • 不動産の案件以外の案件も選ぶ

余剰資金で運用を行う

ソーシャルレンディングは投資後、融資した資金はロックされ、基本的にキャンセルすることはできません。貸し倒れが起きる可能性もふまえると、生活に支障をきたさない範囲の余剰資金で運用を行うことが鉄則といえます。

投資そのものが初めてという場合は、システムの仕組みや用語を確認する必要も出てきます。まずは「手元に戻らなくても生活が困らない費用」だけを投資してみることからはじめましょう。

ソーシャルレンディングのファンドを選ぶときのポイント

ファンドとは、投資における金融商品やその商品を運用する会社を指す言葉です。つまり、ソーシャルレンディングの案件も、ファンドの1つといえます。

  • 担保が用意されているかを確認する
  • 連帯保証人がいるかを確認する
  • 運用期間が短いファンドを選ぶ
  • 利回りが高すぎるファンドは避ける
  • 人気ファンドは募集開始直後に締め切られることも

リスクを踏まえたうえで、上の5つのポイントに注目して選びましょう。

担保が用意されているかを確認する

貸し倒れのリスクへ対応するために、担保が用意されているかを確認しましょう。ただし、担保として株が設定されている場合は注意が必要です。株の場合、株価の暴落が起きると担保としての価値がなくなってしまいます。

初心者の場合は、比較的価値が安定している不動産を担保として設定したファンドがおすすめです。ただし不動産だけに偏ってしまうと、不動産市況が悪くなった場合にリスクを抱える可能性があることは覚えておきましょう。

連帯保証人がいるかを確認する

連帯保証人に信頼性の高い企業がついているファンドも比較的、投資先としてリスクが低いといえます。融資先の企業が倒産したとしても、代理返済を行ってもらえる可能性が高いからです。

運用期間が短いファンドを選ぶ

1年を超えるようなファンドは、ソーシャルレンディングの中では長期運用といえます。平均的な運用期間は3ヶ月から1年くらいのため、ソーシャルレンディングや投資を始めて行うのであれば、6ヶ月以下の運用期間が短いファンドを選びましょう。

運用期間が短いほど、企業側としても返済が必要な金額が小さくなります。また、長期間の運用だと担保の価値が下がる可能性も考慮しなくてはなりません。つまり短期運用を選ぶことは、費用回収ができなくなるリスクを減らせるのです。

利回りが高すぎるファンドは避ける

運用期間内に返済がしっかり行われるのか、元本割れが起こらないか、安定性を第一に考えてファンドを選びましょう。それにはまずは平均的な利回りのファンドから始めましょう。ソーシャルレンディングの平均的な利回りは3~8%ほどとされています。

投資家の利回りが高いということは、それだけ融資を受ける企業の返済利息が高いことも意味します。利回りが8%を超えるようなファンドは、貸し倒れや遅延のリスクが、平均的な利回りより大きくなる恐れがあるためです。

人気ファンドは募集開始直後に締め切られることも

注目企業の新規事業など、メリットが大きそうな人気ファンドは、必ずしも投資できるとは限らないことをあらかじめ知っておいてください。

ソーシャルレンディングは、インターネットを利用するため、日本国内だけでなく世界中どこからでも投資できる面があります。応募開始直後に希望者が殺到し、応募枠が埋まってしまうことも少なくありません。

まとめ

ソーシャルレンディングは、融資を必要とする企業に対し、ソーシャルレンディングのファンドを通じて投資家が資金を融資する「投資型クラウドファンディング」の一種です。1万円ほどから投資でき、短期間で資金回収できるのもメリットです。

ただし、貸し倒れや延滞といったデメリットもあります。ソーシャルレンディングのファンドを選ぶ際は、担保・保証人の有無や利回り、貸し倒率をよく調べ、リスクを減らしていくことが大切です。本記事を手掛かりにして、ソーシャルレンディングについての理解を深めてみてください。

ソーシャルレンディングは高利回りで少額から始められる『COZUCHI』がおすすめ!

COZUCHIは、1口1万円・最短2カ月から気軽にソーシャルレンディングが始められるサービスです。1999年創業のLAETOLI株式会社が厳選した、想定利回りが10%以上の物件を多く扱っているのが特徴です。

また、優先劣後方式という、元本や配当金に損失が生じた際は、運営会社のLAETOLI社がまず請け負う仕組みが採用されている点も利点です。元本保証がされているわけではないため注意が必要ですが、比較的資金が守られやすいサービスと言えるでしょう。

さらに、ソーシャルレンディングサービスでは珍しく、途中解約ができ、手数料を払えば投資期間中でも換金できることもメリットの一つです。

■「COZUCHI」はこんな人におすすめ
  • ソーシャルレンディングが初めての人
  • 高利回りが期待できる物件に投資したい人
  • 好きな時に現金化したい人

公式サイトはこちら

不動産投資や不動産投資クラウドファンディングについても詳しく知りたい人は、次の記事もご覧ください。

不動産投資は少額でも可能?3つの手法とメリットデメリットを解説
「不動産投資に興味があるけれど、多額の資金が必要になると聞いて始められずにいる」 「不動産投資の勉強をしてみたいがローンを組むのは不安…」 このような悩みを抱える方から、近年人気となっているのが「少額不動産投資」です。 自ら不...
不動産投資クラウドファンディングとは?メリット・デメリットも解説
不動産投資クラウドファンディングとはどういったものか、また他の不動産投資とはどう違うのかなど気になっていませんか。不動産投資クラウドファンディングは昨今話題の投資方法で、ハイリスクではなく少額から始められるなどのメリットがありますが、まった...
タイトルとURLをコピーしました