「Pascal」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

今週の秋葉原情報 - 8万円で買える大画面4K液晶が登場、GeForce GT 1030カードもデビュー

LG Electronicsの「43UD79-B」は、42.5インチという大画面の4K液晶ディスプレイである。普通に4Kディスプレイとして利用できるほか、最大4系統の映像の同時表示も可能。この場合、21.5インチのフルHDディスプレイを4台(縦2台×横2台)並べた環境と同じようなイメージになる。価格は80,000円前後と、コストパフォーマンスも良好だ。

[18:19 5/22]

「AI革命」を加速させるNVIDIA - GTC 2017基調講演レポート

NVIDIAは、現地時間の5月8日~11日まで米カリフォルニア州San Joseにおいて、GPUを利用した深層学習やAIなどをテーマとした技術者向け会議「GTC 2017」(GTC:GPU Technology Conference)を開催した。3日目の5月10日には、NVIDIAの創始者兼CEOのジェンスン・ファン氏がキーノートに登壇した。

[16:58 5/15]

NVIDIA、Voltaアーキテクチャベースの「Tesla V100」を発表

米NVIDIAは5月10日(現地時間)、米国サンノゼで開催中の技術カンファレンス「GPU Technology Conference 2017」(GTC 2017)にて、次世代GPUアーキテクチャ"Volta"ベースの「Tesla V100」を発表した。プロセスルールは12nm FFNで、5,120基ものCUDAコア、第2世代のHBMを搭載。FP32で15TFLOPSの演算性能を実現するという。

[03:05 5/11]

JavaとCの減少続く - 5月プログラミング言語ランキング

TIOBE Softwareから、2017年5月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。第1位はJava、第2位はC言語となっているが、この2つのプログラミング言語は2016年頭から大きな減少傾向が続いている。昨年と比較して6%ほど低下しており、これまでほかのプログラミング言語と比較して大きな差を保持していたJavaとCのポイントが大きく減少している。

[09:00 5/10]

さくらインターネット、ディープラーニング用GPUサーバを時間課金で提供

さくらインターネットは4月17日、「高火力コンピューティング」の1つである「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」を時間課金で提供開始すると発表した。

[15:22 4/17]

「Hack」がトップ50入り - 4月プログラミング言語人気ランキング

TIOBE Softwareから、2017年4月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。2017年4月はプログラミング言語「Hack」が初めてトップ50位入りを果たした。Hackは3年前にFacebookによって導入されたプログラミング言語。PHPをベースに開発されており、高速で安全、さらにスケーラビリティが期待できるという特徴を持っている。

[16:30 4/10]

NVIDIA、3,840基のCUDAを搭載した「TITAN Xp」 - 1,200ドル

米NVIDIAは4月6日(現地時間)、同社製GPUの新モデルとして、Pascalアーキテクチャベースの「NVIDIA TITAN Xp」を発表した。フルスペック仕様のGP102コアとなる3,840基のCUDAコアを備える。すでに直販サイトで販売を開始し、北米への出荷が可能となっている。価格は前モデルの「TITAN X」と同じ1,200ドル。

[11:08 4/7]

2017年版プログラミング言語トップ100

fossBytesに3月11日(米国時間)に掲載された記事「100 Most Popular Programming Languages Of 2017」が、人気の高いプログラミング言語トップ100を紹介している。同ランキングは、TIOBE Softwareが集計しているTIOBE Programming Community Indexのデータを引用したものとなっている。

[10:14 3/15]

Swiftトップ10入りも成長は緩やか - 3月言語人気ランキング

2017年3月はSwiftがトップ10入りを果たしたことが注目されている。SwiftはAppleがそれまでモバイルアプリの開発に使ってきたObjective-Cを置き換える目的で開発されたプログラミング言語で、高い開発効率が期待できるとして注目度の高いプログラミング言語として3年前に登場した。

[14:00 3/12]

各社がGeForce GTX 1080 Ti Founders Edition発表 - 税別約10万円前後から

3月11日午前3時、グラフィックスカードメーカー各社が、NVIDIAの最新ハイエンドGPU「GeForce GTX 1080 Ti」を搭載した「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」を発表した。発売日と店頭予想価格はメーカーによって微妙に異なるが、おおむね即日販売を開始し、店頭予想価格は税別で10万円前後。

[03:00 3/11]

GeForce GTX 1080 Tiを試す - 「GTX 1080比で35%高速」のパフォーマンスを検証する

NVIDIA GeForce GTX 10シリーズに久しぶりの新製品が登場した。GeForce GTX 1080 Tiは、10シリーズの最上位となるGPUだ。TITAN Xを一部上回り、GeForce GTX 1080より35%増しをうたうモンスターGPUは、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。

[23:06 3/9]

NVIDIA、Denver 2とPascal搭載で従来比2倍の性能を実現した「Jetson TX2」

NVIDIAは3月7日(米国時間)、組み込み開発者向けの小型ボードコンピュータ「Jetson」シリーズの新モデル「Jetson TX2」を発表した。キャリアボードと「Jetson TX2」モジュールがセットになった「Jetson TX2 Developer Kit」は、米国およびヨーロッパで3月14日に出荷を開始し、価格は599ドル。このほかの地域でも今後数週間以内に提供を開始するという。

[19:49 3/8]

【特別企画】マウスコンピューター、CP+2017でセミナーを開催 - 登壇者は写真家・秦達夫氏、NVIDIA

2月23日~26日まで横浜市のパシフィコ横浜で開催されたカメラと写真映像の展示会「CP+2017」においてマウスコンピューターのブースでは、複数のセミナーが開催された。その中で、写真家の秦達夫氏による同社のクリエイター向けのノートPCを使ったセミナー「撮影・再生・確認・納品。モバイル環境でもサクサクできるラップトップPC『DAIV-NG7610』の紹介」と、NVIDIAによるセミナー「写真・動画編集 に最適なNVIDIA Quadroのご紹介」について紹介しよう。

[18:18 3/3]

NVIDIA、第2世代GDDR5Xメモリ採用の新GPU「GeForce GTX 1080 Ti」を発表

NVIDIAは、米国時間の2月28日、カリフォルニア州サンフランシスコ市内でGAMER'S EVENTを開催し、Pascalアーキテクチャ世代の新しいハイパフォーマンスデスクトップGPUとなる「GeForce GTX 1080 Ti」を発表した。来週から、NVIDIA自身の設計によるFOUNDERS EDITIONを、NVIDIA直販とAIC(Add-In-Card)パートナー各社を通じて発売する。市場想定価格は、699ドル(78,288円:1ドル=112円換算時)。

[13:01 3/1]

GeForce GTX 1080 Tiが3月1日に発表される? - NVIDIAがティザーページ公開

NVIDIAはこのほど、同社Webサイトにてティザーページを公開。「IT'S ALMOST TIME #ULTIMATEGEFORCE」のメッセージともにカウントダウンしているタイマーが表示されている。

[19:10 2/23]

NVIDIA、HBM2搭載のワークステーション向けGPU「Quadro GP100」

米NVIDIAは5日(現地時間)、ワークステーション向けGPU「Quadro」シリーズの新モデルとして、HBM2搭載の「Quadro GP100」など、6製品を発表した。3月の出荷を予定する。

[15:39 2/6]

Javaの低下続く - 1月プログラミング言語ランキング

TIOBE Softwareから、2017年1月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。2017年1月は1位Java、2位C、3位C++、4位C#、5位Pythonとなった。2015年まではJavaとCがほかのプログラミング言語を引き離して高いポイントを確保していたが、2016年にCのポイントが低下。さらにほかのプログラミング言語がポイントを増やしており、割合の平滑化が進んでいる。

[11:00 1/10]

インテル、秋葉原で「~Get Ready for New Technology!~」開催 - 第7世代Intel Coreプロセッサ発売記念イベント

インテルは1月7日、秋葉原の協賛店舗(5店)で、最新プロセッサの発売を記念したイベント「第7世代インテル Core プロセッサー・ファミリー発売記念イベント ~Get Ready for New Technology!~」を開催した。

[00:00 1/10]

NVIDIA、GeForce GTX 1050 Ti/GTX 1050をノートPC向けに提供

NVIDIAは3日(現地時間)、"Pascal"アーキテクチャをベースとしたエントリーGPU「GeForce GTX 1050 Ti」と「GeForce GTX 1050」をノートPC向けに提供すると発表した。現在、アメリカ・ラスベガスで開催中のCES 2017にて搭載製品が披露されるという。

[18:12 1/4]

PCテクノロジートレンド 2017 - 次世代CPU/GPU、メモリはどうなる?

皆さま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。ちなみにこれが掲載されているであろう元旦現在、筆者はまだ元旦を迎えておりません(泣)。2016年はやっとプロセスの刷新があった時期で、Intel/TSMC/GLOBALFOUNDRIESというPCに関連するファウンダリがまともに14/16nm世代の製品を量産できるようになったことで、それぞれの製品が刷新されたわけだが、2017年もいろいろありそうということで、今回も解説していきたい。

[00:00 1/1]

注目記事で振り返るPC/ITの2016年 - 4月~6月編

読者の皆様、今年も大変お世話になりました。2016年の年末ということで、マイナビニュース「パソコン」チャンネルに掲載された注目記事を振り返ります。今回は、4月~6月までをチェックしていきましょう。

[06:48 12/27]

止まらないC言語の下落 - 12月言語ランキング

プログラミング言語ランキングにおいて、長年にわたり、Javaに続き2位、時にはJavaを抜いて1位にあったC言語の下落が止まらない状況が続いている。2015年後半からC言語の急激なポイント下落が始まり、現在もなお下落が続いている。12月には8.7%ほどまで落ち、3位のC++や4位のPythonとの順位の入れ替わりも見えてきた。同様の傾向が続いた場合、2017年中には2位の座がほかのプログラミング言語に入れ替わる可能性が高い。

[07:00 12/8]

NVIDIAのPascal GPU「P100」を搭載したシステムがGreen500の1位と2位を獲得

スーパーコンピュータ(スパコン)最大の学会である「SC16」に併せて、スパコンのエネルギー効率(性能/電力)ランキング「Green500」が発表された。

[09:00 11/16]

Haskellがトップ20に迫る、11月TIOBE言語人気ランキング

TIOBE Softwareは今月の動向から特にHaskellの動きが注目されるとして取り上げている。Haskellは関数型のプログラミング言語。1990年にHaskell 1.0が公開されて以来、ほかの人気の高いプログラミング言語と比較するとゆっくりとではあるが、確実に人気とコミュニティの成長を続けていた。2016年11月には23位につけており、同様の傾向が続けば数カ月のうちにトップ20位入りする可能性がある。

[09:21 11/14]

【特別企画】GTX 1080/1070/1060(3GB)どれが必要? - ゲームベンチから考えるG-Tuneの選び方

PCゲーマーの頭を悩ませるゲーミングPCのスペック問題。予算が許せば性能が高いほうがよいのはもちろんだが、遊びたいゲームに対してあまりにもオーバースペックなPCを選ぶのは、コストパフォーマンスが良いとは言えない。今回は、マウスコンピューター「G-Tune」ブランドのゲーミングモデル3機種を比較し、スペックごとの性能を比較してみよう。

[11:30 11/10]

GIGABYTE、NVIDIA GeForce GTX 1050搭載のグラフィックスカードを2モデル

CFD販売は27日、GIGABYTE製グラフィックスカードとして、NVIDIA GeForce GTX 1050を搭載する「GV-N1050WF2OC-2GD」と「GV-N1050D5-2GD」を発表した。ともに11月上旬に発売する。店頭予想価格は15,000円前後から(税別)。

[18:43 10/27]

玄人志向、OC仕様のNVIDIA GeForce GTX 1050搭載グラフィックスカード

玄人志向は27日、NVIDIA GeForce GTX 1050を搭載するグラフィックスカード「GF-GTX1050-2GB/OC/SF」を発表した。10月下旬から発売する。店頭予想価格は15,000円前後(税別)。

[18:26 10/27]

ドスパラ、GeForce GTX 1050 Ti / 1050を搭載するミニタワーデスクトップ

サードウェーブデジノスは25日、NVIDIAの最新GPU、GeForce GTX 1050 Ti / 1050を搭載したPC2モデルを発売した。全国のドスパラ店舗、および通販サイトで販売する。BTOに対応し、直販価格は税別価格78,980円から。

[10:06 10/26]

GeForce GTX 1050 TiとGeForce GTX 1050を試す - ついにGeForce GTX 750 Tiの後継が登場

10月25日22時より、NVIDIAの最新GPU「GeForce GTX 1050 Ti」と「GeForce GTX 1050」を搭載したグラフィックスカードの販売が開始された。GeForce GTX 1050 Tiが139ドル、GeForce GTX 1050が109ドル。GeForce GTX 1050 Tiが先行して登場し、GeForce GTX 1050は後から登場するとみられる。

[23:19 10/25]

高品質映像のみならず演算性能にも期待 - GPUの活用が進む産業分野

NVIDIAは10月18日、都内で7月に発表したQuadro Pascalプラットフォーム「Quadro P6000/P5000」の国内販売スタートに併せて産業分野に向けた取り組みに関する説明会を開催し、VRやデザインが迎える新たなステージの紹介を行った。

[09:00 10/24]

Pascal バックナンバー

2017年
2016年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2012年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (パソコン>自作 / テクノロジ>Pascal)

Pascal トップへ

人気記事

一覧

新着記事