シャープ、緑色半導体レーザの量産を開始 - 光の3原色のレーザ提供が可能に

シャープは9月19日、ディスプレイ光源に適した緑色半導体レーザの2モデル「GH05130B2G/B5G」を発表した。サンプル出荷開始日は2017年10月20日で、量産時期は2017年11月中旬を予定している。月産台数は100万台。サンプル価格は10,800円(税込)となる。

緑色半導体レーザ「GH05130B2G(直径5.6mm金属パッケージ)」

緑色半導体レーザ「GH05130B5G(直径3.8mm金属パッケージ)」

同社ではすでに赤色・青色のレーザを提供しており、これにより、光の三原色を提供することが可能となる。また、要望が多かった、光の強さやレーザ光の形状などの光学特性や、電流値などの電気特性の調整に応じることで、開発期間の短縮や調達業務の負荷軽減に貢献するとしている。

同製品のピーク発信波長は515nmで、光出力30mW。金属パッケージは直径5.6mmと直径3.8mmの2種類をラインアップしており、市場が拡大する小型プロジェクターやHUDやHMDなどの光源として、ユーザーの多様な要望に対応していくとしている。

なお、同製品は、10月4日~6日に幕張メッセで開催される光技術の国際展示会「InterOpto 2017」に出展される。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事