Google、Android 8.0 Oreo 発表

Android 8.0 Oreo

GoogleのAndroidデベロップメントチームは8月21日(米国時間)、「Android Developers Blog: Introducing Android 8.0 Oreo」において、Androidの最新版となる「Android 8.0 Oreo」を発表した。この最新版にはピクチャ・イン・ピクチャ、自動フィル、統合されたインスタントアプリ、Google Playプロテクトなどの多数の新機能が盛り込まれているほか、起動時間が高速化が図られている。

Android 8.0 Oreoの主な新機能は次のとおり。

  • 同時に2つのアプリを操作する新機能「ピクチャ・イン・ピクチャ(Picture-in-picture)」の導入
  • より強化された通知機能「Notification dots」の導入
  • デバイスのセットアップとパスワードの同期をより簡単にする「自動フィルフレームワーク(Autofill framework)」の導入
  • 新しい並列コンパクティングガベージコレクタの導入といったシステム最適化の実現
  • バックグランドにおけるWi-Fiスキャンやロケーションスキャンを制限することよにりバッテリのもちとメモリ消費量を改善
  • 状況に応じて自動的にテキストサイズが変更される「自動サイジイングテキストビュー(Autosizing textview)」の導入
  • ダウンロード可能なフォントおよび絵文字の導入
  • マスクによって表示が変わるアダプティブアイコンの導入
  • アプリ内からローンチャーへの追加が可能になるピンショートカットの導入
  • 広色域対応カラーディスプレイサポートを追加
  • WebViewをデフォルトでマルチプロセスモード化

Picture-in-pictureの画面

Shortcut pinningの画面

Notification dotsの画面

同チームはAndroid Open Source Project (AOSP)にソースコードの公開を開始している。PixelおよびNexus 5X/6Pビルドはすでにキャリアテストのフェーズに入っており、向こう数週間でリリースが実施される見通し。

また、同チームはEssential、Huawei、HTC、京セラ、Motorola、HMD Global Home of Nokia Phones、Samsung、シャープ、ソニーといったメーカーと協力しており、今年の末にはそれぞれのメーカーからアップデートが提供されるとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事