「Windows 10 Pro for Workstations」発表、高性能PC向けハイエンド版

米Microsoftは8月10日 (現地時間)、サーバー品質の高性能PCをターゲットにしたWindows 10 Proのハイエンド版「Windows 10 Pro for Workstations」を発表した。Windows Insidersのフィードバックも参考に、ハイエンドPCのハードウエア性能を引き出し、ミッションクリティカルまたは要求の高いシナリオに応えられるパフォーマンスと信頼性を実現するようにデザインした。今年の秋に、Fall Creators Updateの提供と共に製品ラインナップに加わる。

性能面でWindows 10 Pro for Workstationsは、Windows 10 Proを搭載する今日のハイエンドPCを上回るハードウエア構成をサポートする。Windows 10 Proでは最大2個である物理CPUの上限が最大4つに、最大2TBであるメモリーは最大6TBまで搭載できる。Intel XeonやAMD Opteronといったサーバー向けのハイエンド・プロセッサも対象に、ユーザーの必要を満たすマシン構成を柔軟に実現できるようにハードウエアサポートを拡張した。

信頼性は、Windows Server 2012で導入されたファイルシステム「ReFS (Resilient file system)」がFault Toleranceストレージにおいてクラウド品質のデータ復元性を実現する。大容量ボリュームの管理が容易になるのもReFSのメリットの1つ。また、DRAMと不発揮性メモリーを両方搭載したNVDIMM-Nモジュールを活かした高速で信頼性に優れたソリューションもサポートする。NVDIMM-NはDRAMをストレージとして高速にRead/Writeを行う。不揮発性メモリーはCPUやOSからはアクセスできないようになっており、不揮発性メモリーをDRAM上のデータのバックアップとして機能させて、突然の電源オフなどからデータを保護する。

リモートダイレクトメモリアクセス (RDMA)機能を搭載するネットワークアダプターをサポートするSMB Directで高速な通信が可能。リモートSMB共有で大きなデータセットにアクセスする際に、CPにかかる負荷を抑えながら、低レイテンシで高いスループットを引き出す。

人気記事

一覧

新着記事