EIZO、カラーマネジメント対応モニタ「ColorEdge CG2730」の販売を再開

EIZOは2月16日、出荷を一時停止していた27型液晶ディスプレイ「ColorEdge CG2730」の生産を再開し、3月10日から販売することをアナウンスした。直販サイト「EIZOダイレクト」での税込価格は216,000円。

ColorEdge CG2730

ColorEdge CG2730は、カラーマネジメントに対応したクリエイティブワーク市場向けの液晶ディスプレイ。2016年10月に、「長時間使用すると発色が変化する可能性」が発覚したことで出荷を停止し、不具合を改善したのち2017年2月末から出荷を再開するとしていた。

主な仕様は、液晶パネルがIPS方式の非光沢(アンチグレア)、解像度が2,560×1,440ドット、視野角が水平垂直とも178度、輝度が350cd/平方メートル、コントラスト比が1,500:1、応答速度が13ms(中間階調域)。色域としてAdobe RGBを99%カバーしている。

映像入力インタフェースはHDMI×1、DVI-D×1、DisplayPort×1。スタンドのチルト角度は上35度/下5度、スイーベルは左右344度、高さ調節は155mm、右回り90度のピボットにも対応。本体サイズはW638×D245×H404.1~559.1mm、重量は約8.9kg。

ColorEdge CG2730のカラーガモット

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事