クリナップが提案する未来のキッチン「DAIDOCORO2016」を一般展示

システムキッチンに定評のあるクリナップが、「未来のキッチン」のあり方を示したコンセプトモデル「DAIDOCORO2016」を展示している。

「DAIDOCORO2016」は、今年の「ミラノデザインウィーク」に出展された後、本日11月1日~6日にかけて一般展示されている。会場は東京都・六本木の「アクシスギャラリー・シンポジア」(開場時間 11:00~19:00/入場無料)。国内でのお披露目はこれが初めてだ。

コンセプトモデル「DAIDOCORO2016」

同コンセプトモデルでは、「かさねる」というコンセプトのもと、リビング・ダイニング・キッチンの機能を一カ所に集約した。家具やキッチン設備は壁沿いに配置するのが一般的だが、そのため同じ空間にいても、家族が互いに背を向けていることを挙げ、「DAIDOCORO2016」を中心に据えることで、その場にいる人全員が座ったまま調理や食事、歓談を行えるような設計とし、自然に視線が重なる空間を提案している。

シンクの蛇口は内側に隠されていて、ユーザーがタッチした部分から放水する設計になっている

使わないときは天板をスライドさせて目隠しできる。天板は同社独自技術により、京友禅着物の「たたき染」をモチーフとした柄になっている

LDKで行われる「つくる」「たべる」「くつろぐ」「ふるまう」といった4シーンを一つに"かさねる"構造になっており、テーブルの高さが4つの生活シーンごとに調整されている。また、それぞれのゾーンに合わせて素材の色や質感を変えており、「たべる」ダイニングテーブルは屋久杉を用いた板を、「つくる」ためのシンク付近は、傷のつきにくいバイブレーション仕上げステンレスを採用するなどしている。

真上から見た図だと、エリアごとに天板のデザインや素材を変えているのがわかりやすい

「たべる」シーンのダイニングテーブルは、囲炉裏のように鍋を置く位置によって火力を変えられるIH調理器を囲む格好で配置されている

IH調理器の脇にはレンジフードが。什器全体を貫く積層構造のフォルムの中に、さりげなく配置されている

イタリア・ミラノの大規模な家具見本市「ミラノサローネ」を中心にした「ミラノデザインウィーク」期間中に行った展示での反響は大きく、コンセプトモデルでありながら、その場で購入したいという申し出もあったそうだ。今後の展開について、このモデルをそのまま実売へ進めるというよりは、特に評価の高かった要素についての製品化を見込んでいるという。

積層したパーツに挟み込むことで、任意の場所にラックなどのアクセサリを追加可能

「ふるまう」シーンのカウンターは一見すると漆塗りのようだが、ステンレス表面を電解研磨した柄の上からカラー加工を施している

住空間の持つ役割を1カ所に集約するという挑戦的なコンセプトを、統一感あるスタイリングでまとめあげた意欲的なデザインを体感できた。期間中は入場無料で誰でも見学可能なので、興味を持った人は足を運んでみては。

組み合わせるイスも積層フォルムで統一

下の部分に空洞を持たせることで収納スペースに



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事