フィリップス、最大4画面の分割同時表示が可能な42.5型4K液晶ディスプレイ

 

フィリップスは23日、4K対応の42.5型ワイド液晶ディスプレイ「BDM4350UC/11」を発表した。4月中旬から発売する。店頭予想価格は79,800円前後。

BDM4350UC/11

3,840×2,160ドット(4K)の解像度を持つ42.5型ワイド液晶ディスプレイ。視野角の広いIPS液晶パネルを採用し、リフレッシュレートは60Hzに対応。「MultiView機能」では、画面を最大4分割して同時に表示するピクチャーバイピクチャー(PbP)表示が可能で、小窓で別システムの映像を表示するピクチャーインピクチャー(PiP)機能も備える。

ベゼルは薄くデザインされており、7W+7WのスピーカーとUSB 3.0のハブポートを4基(1基は急速充電対応)を内蔵。画像を正確な明るさで表示する「SmartUniformityモード」や、表示するコンテンツに合わせて画像設定の最適化を行う「SmartImage」などの機能も搭載する。

主な仕様は、解像度が3,840×2,160ドット(4K)、液晶パネルがIPSの非光沢(ノングレア)、視野角が上下左右とも178度、輝度が300cd/平方メートル、コントラスト比が1,200:1(スマートコントラスト比が50,000,000:1)。応答速度は8msで、スマートレスポンス時には5msとなる。

映像入力インタフェースはHDMI(2.0)×2、D-sub×1、DisplayPort×2。VESAマウントは200mmに対応。本体サイズはW968×D259×H630mm、重量は9.72kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[内田理央]「MORE」連動の水着写真集 逢沢りなと2ショットも
[00:00 6/26] エンタメ
『ニンジャスレイヤー』、コンピアルバム「伐」発売記念でニコ生一挙放送
[00:00 6/26] ホビー
AKB総監督・横山由依の苦悩の3カ月に密着「海外に逃亡したいと思ったことも」
[23:00 6/25] エンタメ
Iカップ青山ひかる、初のパンスト姿は「すごくソソられます」と自画自賛
[23:00 6/25] エンタメ
Fカップ永井里菜、加山雄三に胸キュン「ぽっちゃりとしたおじさまが好き」
[23:00 6/25] エンタメ