Apple、第4世代Apple TVのOSをアップデート - パスワードの音声入力も可能

笠井美史乃  [2016/03/22]

米Appleは3月21日(現地時間)に開催したスペシャルイベントにて、Apple TV向けOSの最新版「tvOS 9.2」を発表。同日より提供が開始され、アップデートが可能となっている。

新機能として追加されたのは、Siri Remoteを使った音声によるアプリの検索や文字の音声入力機能だ。Siri Remoteはスワイプ操作が可能なTouchサーフェスを備えたApple TVのリモコン。Siriによる検索は以前から可能だったが、音声から文字を入力して検索できる。また、ユーザー名・パスワードも声で入力することが可能となる。

Siri Remoteでユーザー名・パスワードの音声入力も可能に

iCloudフォトライブラリに保存された写真・ビデオを大画面で表示

また、ホームスクリーン上アプリを種類別に整理できるフォルダー機能を追加。iCloudフォトライブラリの全ての写真・ビデオへのアクセスや、ライブフォトの表示にも対応する。さらに、Bluetoothキーボードへの対応も発表されている。

tvOS 9.2が利用できるのは2015年版(第4世代)Apple TV。アップデートは自動で行われるが、ホーム画面の「設定」から手動で行うことも可能だ。

「設定」から「システム>ソフトウェア・アップデート」の順に選択

スペシャルイベントに登壇した同社CEO ティム・クック氏によると、昨年9月にtvOSを搭載した第4世代Apple TVが発売されて以来、Apple TVは過去最高の売り上げを記録し、5000を超えるアプリがApp Soreに提供されているという。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

伊勢志摩サミット、中部空港に到着する各国首脳をMIRAIとMRJがおもてなし
[10:10 5/25] 趣味
日本ボールドウィンがMSのERPを導入 - データの一元管理を実現
[10:00 5/25] 企業IT
【コラム】どこでもサイエンス 第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
[10:00 5/25] テクノロジー
ピュア・ストレージ、オールフラッシュファイルストレージを発表
[09:57 5/25] 企業IT
DDoSの脅迫に屈するな! 従えばエスカレート! - 情報セキュリティEXPO 春
[09:30 5/25] 企業IT

特別企画 PR