LED搭載のゲーマー向けハイエンドマザー「MAXIMUS VIII FORMULA」国内投入

 

ASUSTeK Computerは4日、同社のゲーミングブランド「R.O.G.」シリーズ新製品として、Intel Z170チップセット搭載のゲーマー向けATXマザーボード「MAXIMUS VIII FORMULA」を国内発表した。5日から販売開始する。価格はオープンで、店頭予想価格は税込60,000円前後。

MAXIMUS VIII FORMULA

PCゲーマーおよびオーバークロッカー向けに設計された「R.O.G.」ブランドの新製品。ゲーマー向けに特化しており、チップセットのR.O.G.ロゴと拡張スロットのFORMULAロゴ、バックパネルカバーのMAXIMUS VIIIロゴの下のラインが、使用時にLEDで照らされる「ROG Aura」機能を搭載する。LEDカラーはソフトウェアで変更でき、CPU温度に応じて変化させる設定も可能。また、市販の5050タイプのLEDテープに対応したピンヘッダも搭載し、PCを全体をLEDでデコレーションできる。

ゲーマー向け機能としては、通常のキーボードにマクロ機能を追加できる「KeyBot II」機能や、登録済みのソフトウェアが実行された際に自動でオーバークロックしたり設定を最適なモードに変更したりする「Turbo App」機能、ゲーム内の音がする方向を画面上にグラフィカルに表示する「Sonic Radar II」機能などを用意。

ネットワークコントローラーはIntel製。ネットワークゲームなど、特定アプリケーションに対し通信の優先度を上げることができる「GameFirst IV」機能により、バックグラウンドでデータをダウンロードしている時もゲームのパフォーマンスに与える影響を抑える。

このほか、メインメモリをストレージにしてゲームの動作を軽快にする「RAMCache」や、CPUファンとケースファンの回転速度を細かく設定できる「Fan Xpert 3」といった機能などを備えている。

正面

背面

バックパネル

■主な仕様
ソケット LGA1151
チップセット Intel Z170
メモリ DDR4-3733×4(最大64GB)
拡張スロット PCIe (3.0)x16×3(1基はx4動作)、PCIe (2.0)x1×3
ストレージ M.2×1、U.2×1、SATA 6Gb/s×8、SATA Express×2
ネットワーク Gigabit Ethernet×1(Intel I219V)、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.1
サウンド High Definition Audio(SupremeFX)
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1 Type-A×1、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×10、USB 2.0×4、DisplayPort 1.2×1、HDMI 1.4b×1、PS/2×1、S/PDIF(出力)×1など
店頭予想価格 税込60,000円前後
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[ハドソン川の奇跡]トム・ハンクス&アーロン・エッカートに聞く「みんなで力を合わせれば…」
[19:23 9/25] エンタメ
[アニメ1週間]「君の名は。」が興収100億円突破 水樹奈々が初の甲子園ライブ
[19:00 9/25] ホビー
Photokina 2016、タムロンブースで望遠ズーム新作「SP 150-600mm」を構える
[18:36 9/25] スマホとデジタル家電
ミュージカル「忍たま乱太郎」第8弾は5年生が主役!兵庫水軍と初忍務
[18:30 9/25] ホビー
[今週の新刊]10月アニメスタートの「3月のライオン」が登場 「狼と香辛料」「マイぼーる!」も
[18:30 9/25] ホビー