防衛医大と早大、「ナノ絆創膏」に腸の癒着を防ぐ働きがあることを発見

 

防衛医科大学校(防衛医大)と早稲田大学(早大)は3月3日、80nmの薄膜からなる「ナノ絆創膏」をマウスの傷付いた腸に貼ることで、腸の癒着を予防できることを確認したと発表した。

同成果は、防衛医科大学校病院外科/名古屋大学大学院 小児外科学 檜顕成 助教、早稲田大学理工学術院 武岡真司 教授、防衛医科大学校免疫微生物学講座 木下学 准教授らの研究グループによるもので、3月3日付けの英科学誌「British Journal of Surgery」オンライン版に掲載された。

腹部の開腹手術後、腸が癒着して食事が通りにくくなることがある。とくに腸に穴が開いて起こる穿孔性腹膜炎では、腸の癒着が起こりやすく注意が必要だが、現在有効な治療法はない。また小児では手術後に腸が癒着し食事が困難になると、成長障害が起こり、深刻な問題となることがある。

同研究グループは、これまでに、細胞膜と同じ位の薄い膜厚となる80nmのシート「ナノ絆創膏」を開発し、肺気胸のように肺に穴が開いた場合や大静脈が裂けて大出血した場合にナノ絆創膏を貼ることで創部が閉鎖できることを報告してきた。今回の研究では、腸の癒着に対し、マウスの傷付いた腸にナノ絆創膏を貼ることで、腸の癒着を防ぐ働きがあることを発見した。

同研究グループによると、ナノ絆創膏は体に吸収されるポリ乳酸で作られており、感染を増悪させる作用もないため、感染があっても使える可能性があり、従来有効な対策がなかった穿孔性腹膜炎時の腸癒着の予防、とくに将来ある小児での腸癒着の予防に役立つことが期待されるという。

左:マウスの小腸のしょう膜を剝いだ様子 中:しょう膜が欠損した小腸(白い点線で囲った箇所で腸の癒着が起こりやすい) 右:ナノ絆創膏をしょう膜が欠損した小腸に貼る様子(黄色の点線で囲った部分がナノ絆創膏)



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

3Dプリンタで会社生活の悩みを解決しよう! 第1回 どれが自分のビニ傘か一発でわかる「傘タグ」
[11:00 7/29] テクノロジー
「2016年夏ドラマ」19作を視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ
[11:00 7/29] エンタメ
こぶしファクトリー「"こぶし組"の輪を広めて有名なグループに」と意気込み
[11:00 7/29] エンタメ
シリコンバレー101 第670回 ポケモンGO便乗アプリ、成功したアプリとつまづいたアプリの違い
[11:00 7/29] 企業IT
竹尾の紙に"電子回路を印刷" - 「紙のミライ」を探る企画展
[11:00 7/29] 企業IT