NTT東日本、電話ボックスの一部スペースを公衆無線LAN用に有料提供

 

東日本電信電話(NTT東日本)は3日、自治体などに向け、公衆電話ボックスの一部スペースをWi-Fi設備設置場所として有料で貸し出すと発表した。貸し出し開始日は4日から。

同社はWi-Fi環境の整備促進を進めているが、今回、自治体などが提供するWi-Fi設備の屋外設置場所を確保するため、公衆電話ボックスの一部スペースを有料で貸し出す。貸し出しスペースは、公衆電話の下のラックや天井付近など。NTT東日本ではWi-Fi設備付属機器を収納できるラックや、Wi-Fiアンテナを取り付ける金具を設置・貸し出し可能。実際に取り付けるWi-Fiアンテナは自治体側で用意する。

提供エリアは新潟県、長野県、山梨県、神奈川県以東の17都道県。貸し出し料金は、設置場所や設置機器などによって異なる。貸し出し条件は、自治体らが主導して設置する公共性の高いWi-Fiアンテナなど設置に限り、土地所有者から設置許可が得られないなど貸し出せない場合もあるとする。

貸し出し場所イメージ

人気記事

一覧

新着記事