ハミングヘッズ、ホワイトリスト型サイバー攻撃対策ソフトのパッケージ版

 

「Defense Platform Home Edition

ハミングヘッズは24日、サイバー攻撃対策ソフトウェア「Defense Platform Home Edition」のパッケージ版を発表した。家電量販店やAmazon.co.jpなどで取り扱い、参考価格は1台1年版が税別2,980円。1台3年版が4,800円。

「Defense Platform Home Edition」は、ホワイトリスト型のサイバー攻撃対策ソフトウェア。今回パッケージ版を展開し、ヨドバシカメラやビックカメラでの店頭販売や、Amazon.co.jpのECサイトまで販路を拡大する。主な機能は、APIを監視する割込み型迎撃機能、正常なプログラム(ホワイトアプリ)を判別する機能、警告パネル表示/アプリ停止機能、活動記録やアプリのホワイト、ブラック設定を確認できるディフェンスモード/検知モード、PCの状態を確認できるシステムパネル機能など。

対応OSは、Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10、Windows Server 2003 R2 / 2008 / 2008 R2。

人気記事

一覧

新着記事

医師らと共同開発! NY発の機能性バッグを体験できるフェア開催
[10:33 9/30] ヘルスケア
近鉄、スマホなどから会員登録不要で特急券などが購入できる新サービス
[10:30 9/30] 企業IT
フジ社屋や大観覧車・自由の女神も - 臨海副都心全体がピンクにライトアップ
[10:30 9/30] エンタメ
山谷花純、木村拓哉・月9『CHANGE』デビューから9年目での初主演 - 母がくれた"カスミソウの花言葉"を胸に
[10:30 9/30] エンタメ
Google、「Android Wear 2.0」の正式版リリースを来年前半に延期
[10:24 9/30] スマホとデジタル家電