東芝「PC生産撤退で調整している事実ない」

 

東芝はノートPC「dynabook」ブランドで知られるメーカー。写真は、2016年1月19日に発表した春モデル「dynabook T75/U」

東芝は、PC生産から全面撤退するという一部報道に対し、「そういった事実はない」と否定した。

これは16日、産経新聞などが報じた件に対するもの。この報道によると、東芝は中国にあるPC生産用の杭州工場を売却し、PCの生産から撤退。PC事業に関しては、設計と開発に専念するという。

この報道に対し、東芝では「事業の収益改善に向け、他社との再編は選択肢には入っている」としながらも、「PC事業やPC生産からの撤退、杭州工場の売却の方向で調整している事実はない」と否定した。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事