ラトック、HDMI映像とアナログ映像をスマホにも取込めるキャプチャユニット

 

ラトックシステムは4日、HD映像やアナログコンポジット映像を、PCやスマートフォンで録画できるビデオキャプチャユニット「RP-HDVC1」を発表した。2月12日から直販サイト「ラトックプレミア」にて発売する。価格は11,800円(税込)。

RP-HDVC1

ビデオやゲーム機などの映像を、PC、スマートフォン、タブレットといったデバイスに取り込めるビデオキャプチャユニット。映像入力インタフェースはHDMIと専用AV端子で、専用AV端子で使うSビデオ/コンポジットビデオ入力ケーブルが付属する。出力側はUSB 2.0に対応し、PCやスマートフォンと接続してダイレクトにキャプチャが可能。対応解像度は1080p / 1080i / 720p / 480p / 480iで、フレームレートは1080pが30fps、それ以外は60fpsとなる。

添付ソフト「RATOC Game Recoder」は、録画、編集、変換、オーサリングに対応。スマートフォン用には「RATOC Video Recorder for Android」を用意し、無償でダウンロード提供する。

動画保存方式はM2TS(H.264+AAC)、静止画保存方式はBMP / JPG / PNG / TIFF。本体サイズは約W86×D51×H17mm、重量は約39g。対応OSはWindows 7 / 8.1 / 10、Android 4.2以降。

人気記事

一覧

新着記事

サンブリッジ、名刺情報をマーケティングに活用できるソリューション
[17:19 9/30] 企業IT
【特別企画】新たな顧客体験を生み出すフリーWi-Fi環境をPARCOの国内全店舗へスピーディ・低コストに展開
[17:18 9/30] 企業IT
セールスフォース、Apple Pay対応やAI搭載の「Salesforce Commerce Cloud」
[17:16 9/30] 企業IT
AIに代替されないと思う職種、1位は?
[17:14 9/30] シゴト
ドットマリオがTカードに!? - 「ニンテンドークラシックミニ」発売記念
[17:13 9/30] マネー