VAIO、13.3型の「VAIO S13」と15.5型の「VAIO S15」発表

 

VAIOは27日、13.3型ノートPC「VAIO S13」、15.5型ノートPC「VAIO S15」を発表した。店頭モデルは2月5日に発売。価格はオープンで、店頭予想価格は「VAIO S13」が税別149,800円前後、「VAIO S15」が税別169,800円前後。

いずれも、新たに第6世代のIntel Coreプロセッサを採用したほか、本体カラーには、同社のコーポレートカラーである紺色を含ませた新シルバーを採用し、見る角度により色が変化する塗装とした。

VIAO S13、VAIO S15で採用された新シルバー(画像はVAIO S15)

VAIO S13

VAIO S13

13.3型ノートPC「VAIO Pro 13 | mk2」の新モデル。11.6型ノートPC「VAIO S11」で初採用した、経年によるトップコートの摩耗や、油脂によるテカリが目立ちにくいフッ素含有UV硬化性樹脂塗装のキートップを採用している。店頭モデルのカラーはブラックとシルバーの2種類。

VAIO S13シルバーモデル

店頭モデルの主な仕様は、OSがWindows 10 Home 64bit、CPUがIntel Core i5-6200(2.30GHz)、メモリが4GB、ストレージが128GB SATA3 SSD、グラフィックスがIntel HD Graphics 520(CPU内蔵)、ディスプレイが13.3型ワイド(1,920×1,080ドット)、光学ドライブが非搭載など。

キーボード面

主なインタフェースはUSB 3.0×3、HDMI×1、D-Sub×1、SDカードスロットなど。通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Gigabit対応有線LAN、Bluetooth 4.1など。

本体サイズはW322×D216.5×H13.2~17.9mm、重量は約1.06kg。バッテリ駆動時間は約10.5時間(JEITA 2.0)。

CTOモデル(VJS1311)では、Windows 10 ProやCore i7/i3、16GBメモリ、タッチ対応ディスプレイなどを選択可能。CTO価格は114,800円(最小構成時)から。

左側面

右側面

開いたところ

VAIO S15

VAIO S15 シルバーモデル

15.5型ノートPC「VAIO Pro 15 | mk2」の新モデルで、プロセッサにH型番のIntel Core i7-6700HQを採用する。店頭モデルのカラーはブラック、シルバー、ホワイトの3色。

店頭モデルの主な仕様は、OSがWindows 10 Home 64bit、CPUがIntel Core i7-6700HQ(2.60GHz)、メモリが8GB、ストレージが1TB SATA3 ハイブリッドHDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 530(CPU内蔵)、ディスプレイが15.5型ワイド(1,920×1,080ドット)、光学ドライブがBDXL対応ブルーレイディスクドライブなど。

主なインタフェースは、USB 3.0×3、HDMI×1、D-Sub×1、SDカードスロットなど。通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Gigabit対応有線LAN、Bluetooth 4.1など。

本体サイズはW380.3×D260.8×H25.1mm、重量は約2.5kg。バッテリ駆動時間は約5.5時間(JEITA 2.0)。

CTOモデル(VJS1511)では、Windows 10 ProやCore i5/i3、16GBメモリ、FHD解像度やタッチ対応ディスプレイ、ピンクカラーなどを選択可能。CTO価格は89,800円(最小構成時)から。

左側面

右側面

シルバー以外のカラーバリエーション。左からブラック、ピンク、ホワイト。ピンクモデルはCTO限定カラーとなる

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第318回 紛らわしい
[12:00 7/28] 趣味
NTTデータ、マイナンバーの公的個人認証活用の本人確認ソリューション
[11:47 7/28] 企業IT
シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見 - 金沢工大など
[11:44 7/28] テクノロジー
デジタル造形の「ホントのところ」徹底分析 - ワンフェス2016[夏]
[11:40 7/28] パソコン
横河レンタ・リース、従業員向けインストールパッケージ作成ソリューション
[11:30 7/28] 企業IT