グンゼとNEC、活動量を計測できるやわらかIoTインナー開発

 

グンゼと日本電気(NEC)は6日、着るだけで姿勢や消費カロリー、心拍といった生体情報を計測できる、衣料型ウェアラブルシステムを発表した。

開発した衣料型ウェアラブルシステム(中央部はNEC開発のデータ送信端末)

グンゼでは、ストッキングや肌着などで培ったニット技術により、導電性繊維をインナーに加工し、姿勢センサーや配線として活用。加工したインナーは柔らかく伸縮し、快適な着用感を得られるという。NECでは取得データをBluetoothでスマートフォンに送信するウェアラブル端末を手がけ、データを蓄積、分析するクラウドサービスも提供する。通常の肌着と同様、洗濯も可能。

測定項目は姿勢、消費カロリー、心拍の3項目。今回開発した衣料型ウェアラブルシステムは、2016年1月13日から開催する「第2回ウェアラブルEXPO」で展示される。

衣料型ウェアラブルシステムの概要

人気記事

一覧

新着記事