キヤノン、重量169gで携帯性に優れた小型モバイルプロジェクタ

 

キヤノンマーケティングジャパンは13日、MHL対応ミニHDMI端子を搭載した小型・軽量プロジェクタ「ミニプロジェクター C-5」を発表した。カラーはDeep BlueとSilverの2色。発売は8月上旬。価格はオープンで、店頭予想価格は29,800円前後(税別)。

ミニプロジェクター C-5

ミニプロジェクター C-5は、重量169gと軽量でモバイル用途に適している小型プロジェクタ。バッテリ駆動のため電源が不要で、最長3時間の連続使用ができる。MHL対応のミニHDMI端子を採用し、PC画面以外にも、MHL対応のスマートフォンやタブレットの画面を投影可能だ。また、光源には長寿命のLEDを採用し、光源寿命は約10,000時間。

主な仕様は、投写方式がDLP、光源がLED、輝度が50ルーメン、画素数が640×480ドット(VGA)、ズームが固定式、コントラスト比が800:1。入力インタフェースは、MHL対応のミニHDMI×1、ステレオミニジャック×1。1Wのモノラルスピーカーを搭載し、本体の底面には三脚穴を設けている。本体サイズはW124×H20×D71mm、重量は169g。HDMIケーブルとMHLケーブルが付属する。

製品イメージ(クリックで拡大)

使用イメージ(クリックで拡大)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー