UEL、不正なポリゴンデータを一括で修正するソフトをリリース

 

日本ユニシス・エクセリューションズ(UEL)は1月14日、同社が昨年6月に販売開始したポリゴン編集ソフトウェア「POLYGON EDITOR」のオプションソフトウェアとして、不正なポリゴンデータを一括で修正するソフトウェアをリリースすると発表した。

同ソフトウェアは表裏不整合、Tジャンクション、微小エッジ/微小フェースをはじめとするさまざまな種類の形状不良に対応。ファイルの形式はSTL、OBJ、PLY、OFFに対応した。

対応できる形状不良の種類

販売価格は10万円(税別)で、検査機能については無償で利用ができるとのこと。3Dプリンタメーカーおよび代理店におけるセット販売、3Dプリント出力サービスベンダーと協力した販売活動によって年間100本の販売を見込んでいるという。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

長澤まさみ、神木隆之介らにアドバイス「堂々と歩けばいい!」
[21:00 8/28] エンタメ
高畑裕太の逮捕と母・淳子の謝罪会見、有吉弘行と夏目三久の結婚はガチか? - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 8/28] エンタメ
[林家たい平]チャリティーマラソン100.5キロを完走 笑点メンバーが出迎え、師匠・こん平と涙の抱擁
[20:48 8/28] エンタメ
[トレンディエンジェル斎藤司]K-POP“甘辛系男子”グループに一日限定加入 ほぼ即興でキレキレダンス披露
[20:43 8/28] エンタメ
[タイムボカン]新作は10月1日から放送
[20:22 8/28] ホビー