UEL、不正なポリゴンデータを一括で修正するソフトをリリース

 

日本ユニシス・エクセリューションズ(UEL)は1月14日、同社が昨年6月に販売開始したポリゴン編集ソフトウェア「POLYGON EDITOR」のオプションソフトウェアとして、不正なポリゴンデータを一括で修正するソフトウェアをリリースすると発表した。

同ソフトウェアは表裏不整合、Tジャンクション、微小エッジ/微小フェースをはじめとするさまざまな種類の形状不良に対応。ファイルの形式はSTL、OBJ、PLY、OFFに対応した。

対応できる形状不良の種類

販売価格は10万円(税別)で、検査機能については無償で利用ができるとのこと。3Dプリンタメーカーおよび代理店におけるセット販売、3Dプリント出力サービスベンダーと協力した販売活動によって年間100本の販売を見込んでいるという。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第998回 テレビが見えなくなった
[07:00 6/28] 趣味
「マジンガーZ」が鋼鉄ジーグカラーで超合金に! 7月4日先着販売スタート
[07:00 6/28] ホビー
メイプル超合金・安藤、カズレーザーの活躍を称賛「私もクイズで稼ぎたい」
[07:00 6/28] エンタメ
【レポート】37歳男子が一人暮らしを始めたら - 新生活にかかったお金は?
[07:00 6/28] マネー
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第696回 ライターの嘆き
[07:00 6/28] 趣味