ゼンリン、秋葉原の3D都市モデルデータ「Japanese Otaku City」を無償公開

ゼンリンは27日、国内主要都市の街並みを再現した3D都市モデルデータを制作し、9月2日よりゲーム開発企業などに販売すると発表した。

3D都市モデルデータのイメージ

3D都市モデルデータは、同社独自のフォーマットで整備してきたカーナビ向け3D地図データを、Unityなどの3D・CG関連ソフトウェアで利用できる汎用3Dフォーマット「FBX形式」に変換したもの。カーナビ向けのデータから、建物や道路といった構造物の名称情報などを省き、構造物の形状およびテクスチャ画像のみを3Dで表現した。

同時に、ゲーム開発プラットフォーム「Unity」提供のオンラインストア「Unity アセットストア」にて、秋葉原の街を再現した3D都市モデルデータ「Japanese Otaku City」を無償公開する。データ範囲は秋葉原駅を中心に約625m×約625mのエリアで、天候エフェクトなども組み込まれる。同データは「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス(CC-BY)」に基づき提供される予定だ。

Unity アセットストアで無償提供している「Japanese Otaku City」

なお、今回提供を開始する3D都市モデルデータや、同データから制作したデモゲームは、2014年9月2日から4日まで開催するゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC2014」に出展される。

人気記事

一覧

新着記事