アップル、「iTunes Match」の提供を日本国内で開始

アップルは、iTunesライブラリをiCoud上で同期し、複数のパソコンやiOSデバイスで音楽ライブラリを共有できるようにするサービス「iTunes Match」の提供を日本国内で開始した。登録料は年間3,980円となっている。

iTunes Match

iTunes Matchを利用することで、iTunes Storeで購入した楽曲はもちろん、手持ちのCDから読み込んだ楽曲やiTunes Store以外で購入した楽曲も含めて、Mac/Windows PC上の音楽コレクション全体をiCloudに保存できるようになる。

これによって、iCloudにアクセスすることで、好きな場所で、好きな時に、iPhone/iPod touch/iPad、Mac/Windows PCのiTunes、Apple TVから、自分の持っている音楽コレクションすべてを楽しめるようになる。最大10台までのデバイスが利用可能。

ライブラリとマッチした曲は、元の音源の音質に関わらず、iCloudから256Kbps AAC、DRMフリーの音質で再生される。iCloudには最大25,000曲(iTunes Storeで購入した楽曲を含まない)が保存可能。オーディオフォーマットは、AACのほか、MP3、WAV、AIFF、Apple LosslessなどiTunesで再生できる形式に対応する。

Mac/Windows PC上では、iCloudに保存されているすべての曲がワイヤレスでストリーミング再生される。また、iCloudのダウンロードボタンをクリックすると、曲をいつでもダウンロードできる。iOS端末上では、iCloudから曲の再生を開始すると、それらがダウンロードされてデバイス上に保存されるので、ネットワークに接続できない環境でも聴取が可能となる。Apple TV上での再生はストリーミングのみの対応となっている。

iTunes Matchの利用イメージ

サービス利用に際しては、Apple IDと、iTunes 10.5.1以降を搭載したMacまたはWindows PC、iOS 5.0.1以降を搭載したiPhone 3GS/4/4S/5/5c/5S、第3世代以降のiPod touch、iPadが必要となる。登録料は年間3,980円。iPhone/iPod touchおよびiPadからは「設定」の「ミュージック」より、Mac/Windows PCのiTunesでは「Store」メニューから、iTunes Matchへの登録を行う。

iOS端末からは「設定」の「ミュージック」より「iTunes Matchに登録」をタップして登録する

Mac/Windows PCの場合、iTunesの「Store」から「iTunes Matchをオン」を選択すると登録画面に遷移する(画像はMacの場合)

なお、iTunes Matchを使い始めるには、最初にMac/Windows PCから楽曲のマッチを始める必要がある。

人気記事

一覧

新着記事