萌えドメイン「.moe」を取得できるファウンダーズプログラムに萌える

ドメインを管理する民間団体ICANNの公認レジストラであるインターリンクは11日、同社の新gTLDとして申請している「.moe」の使用権を一般募集する「.moeフォウンダーズプログラム」の応募受付を開始した。

「.moe」ドメインの使用希望者を募り、審査の通過者に対して「.moe」を1年間無料で提供する。海外では「.ciub」「.nyc」「.paris」などがファウンダーズプログラムを実施しているが国内では「.moe」が初めての試みだという。

審査を通過すると随時、「希望文字列(ローマ字、日本語).moe」の使用が許可され、「希望文字列.moe」のサイトを公開できる。既存のサイトでも応募が可能。応募条件でもっとも重要視されるのは「希望文字列.moe」で公開したサイトを、各種SNSを活用して幅広くアピールできること。完成したサイトはインターリンクのプレスリリースやTwitterなどでも紹介され、広く周知されることになる。

「.moeフォウンダーズプログラム」の実施スケジュールは以下の通り(いずれも2014年)。

4/11~6/14 : 応募受付期間
4/11~ : ファウンダーズサイトの運用開始
5/13~6/14 : 商標権者向け登録期間(サンライズ)
6/18~7/19 : 先行登録期間(ランドラッシュ)
7/22~ : 一般登録受付期間

「.moe」ドメインが無料で使用できるは、1年間のみ。2年目以降は契約金が発生し、継続の可否はインターリンクまたは応募者の選択で決める。汎用的な文字列や短い文字列が含まれる希少価値の高い「プレミアムドメイン」で応募した場合、2年目以降の契約金がプレミアム料金となる。応募に関する注意事項など詳細は、インターリンクのWebサイトにて確認いただきたい。

また、「.moeフォウンダーズプログラム」の募集と当時に、「.moe」のオフィシャルロゴコンペも開催する。募集期間は2014年4月11日~同年5月6日で、ロゴコンペの優勝者(1名)には賞金20万円が授与される。

人気記事

一覧

新着記事

"ぽっちゃり体形"のボーダーを外国人に聞いた ‐ 「出川哲朗はまだ普通」
[16:25 6/29] ヘルスケア
ゴジラが池袋に襲来!? サンシャインシティに4.8m巨大足フォトスポット登場
[16:25 6/29] ホビー
乗り換えの情報だけじゃない。駅すぱあとの「駅すぱモール」がスタート
[16:23 6/29] 企業IT
さくらインターネット、モリサワのWebフォントをサーバ利用者に無料提供
[16:18 6/29] 企業IT
ドラッグストアで興味を持った物は何? - 日本在住外国人に聞いてみた
[16:12 6/29] ヘルスケア