Appleがライトフィールドカメラの特許を取得

 

米国時間の11月26日、Appleが特許申請していた「Digital camera including refocusable imaging mode adaptor」(US 8,593,564)が米国特許商標庁から承認されたことが明らかになった。

この特許には2つのモードで動作するデジタルカメラシステムが記述されている。1つは、高解像度のイメージセンサーでそのまま撮影する通常のモードだ。特許ではNon-refocusableモードと呼ばれている。そして、もう1つはRefocusableモードだ。低解像度になるが、キャプチャ後にフォーカスポイントを変更できる。これはイメージセンサーとレンズの間にマイクロレンズ群を備えたアダプタを挿入し、入射する光線の位置や向き、色や強さなども記録することで光線空間としてイメージを処理する。いわゆるライトフィールドカメラである。そのためこの特許に関して、Lytroカメラのように撮影した画像でフォーカスポイントを自由に変えられる仕組みをAppleが製品に取り入れようとしていると報じられている。ただしLytroカメラと異なり、Appleのシステムはアダプタを着脱して2つのモードを切り替えられるのを特徴としている。

左がマイクロレンズのアダプタが挿入されたRefocusableモード、右が通常モード

人気記事

一覧

新着記事

KinKi Kids新アルバム、週間ランキング初登場1位に! 13.1万枚売上
[04:00 9/27] エンタメ
テラハ新シリーズの舞台はハワイ! 新メンバー出演番組のライブ配信も決定
[01:00 9/27] エンタメ
[テラスハウス]海外初進出 新シリーズはハワイで展開
[00:31 9/27] エンタメ
TVアニメ『orange』が映画化! 『orange -未来-』が11/18より2週間限定公開
[00:00 9/27] ホビー
[パトレイバー]後藤隊長カレンダーが「月刊!スピリッツ」付録に 「みんなで幸せになろうよ」
[00:00 9/27] ホビー