Appleがライトフィールドカメラの特許を取得

 

米国時間の11月26日、Appleが特許申請していた「Digital camera including refocusable imaging mode adaptor」(US 8,593,564)が米国特許商標庁から承認されたことが明らかになった。

この特許には2つのモードで動作するデジタルカメラシステムが記述されている。1つは、高解像度のイメージセンサーでそのまま撮影する通常のモードだ。特許ではNon-refocusableモードと呼ばれている。そして、もう1つはRefocusableモードだ。低解像度になるが、キャプチャ後にフォーカスポイントを変更できる。これはイメージセンサーとレンズの間にマイクロレンズ群を備えたアダプタを挿入し、入射する光線の位置や向き、色や強さなども記録することで光線空間としてイメージを処理する。いわゆるライトフィールドカメラである。そのためこの特許に関して、Lytroカメラのように撮影した画像でフォーカスポイントを自由に変えられる仕組みをAppleが製品に取り入れようとしていると報じられている。ただしLytroカメラと異なり、Appleのシステムはアダプタを着脱して2つのモードを切り替えられるのを特徴としている。

左がマイクロレンズのアダプタが挿入されたRefocusableモード、右が通常モード

人気記事

一覧

新着記事

開幕まで一週間! iPhone/iPadアプリを使ってリオ五輪をもっと楽しもう!!
[14:23 7/30] スマホとデジタル家電
[世界コスプレサミット2016]コスプレの祭典開幕 炎天下の愛知・蒲郡でオープニングセレモニー
[14:22 7/30] ホビー
[LiLiCo]阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子と武井咲主演ドラマにゲスト出演
[14:00 7/30] エンタメ
[今週のアルスラーン戦記]第5話「決別」 アルスラーンに“助け舟” ナルサスの策も
[14:00 7/30] ホビー
iPhone/iPadにMacを使って夏休みの自由研究に取り組もう! - 子供向けワークショップ「サマーキャンプ」が開講
[13:57 7/30] パソコン