「OS X Mavericks」は無償アップグレード、Mac App Storeからダウンロード

 

米Appleは10月22日(現地時間)、Mac用OSの新版「OS X Mavericks」を同日より無償で提供すると発表した。MavericksはOS Xの10番目のメジャーリリースで、200以上の新機能を搭載する。アップグレード要件を満たすMacのユーザーは、Mac App Storeからダウンロードしてアップグレードできる。

Mavericks対応機種は以下の通り。

  • MacBook (Late 2008アルミニウム、およびEarly 2009以降)
  • MacBook Pro (Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Air (Late 2008以降)
  • iMac(Mid 2007以降)
  • Mac mini (Early 2009以降)
  • Mac Pro (Early 2008以降)
  • Xserve (Early 2009)

アップグレード要件は、OS X 10.6.8以降、2GBメモリ、8GBの空きストレージとなっている。MavericksにアップグレードできるMacでも、機種によってはAirPlayミラーリングやAirDrop、Power Napなど一部の機能を使用できない場合がある。

OS X Mavericks

Mavericksは、Finderにタブとタグ機能を導入。iCloudキーチェーンでパスワードを安全に保存でき、通知がより機能的に強化された。新しい標準アプリケーションとしてiBooksとマップが加わり、ブラウザSafari、カレンダー、連絡先などが新しくなっている。タイマーコアレッシングやApp Nap、Safariパワーセーバーなどの節電技術によって、ノート型Macのバッテリがより長く持続するようになり、圧縮メモリが効率的なメモリ利用を可能にする。またパワーユーザーからの要望が多かったマルチディスプレイの強化が行われた。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス