東京都・青山に3Dプリンタで自分や家族のフィギュアを作る常設サロンが登場

サンフライドは、東京都・北青山に3Dスキャナと3Dプリンタを用いたフィギュアの作成を手がける常設サロン「青山3Dサロン」を開設した。営業時間は10:00~19:00(18:00受付終了)。定休日は日曜日および月曜日。

東京都・北青山に3Dスキャナと3Dプリンタを使ってリアルなフィギュアを制作する常設サロン「青山3Dサロン」がオープンした

「青山3Dサロン」は、「大切な思い出を3Dフィギュアとしてカタチに残す」というコンセプトのもと、3Dスキャナと3Dプリンタを用いたフィギュアを提供するための専用サロン。専門スタッフが3Dスキャナによる撮影およびデータの編集を行い、それをフルカラー3Dプリンターで出力してフィギュアを作成。出力したフィギュアは、フィギュア造形師による磨き上げと仕上げのワックス塗装が行われて完成となる。

同サロンでの3Dスキャニングを行ってから、フィギュアがユーザーの手元に届くまでの期間は約2カ月。サロンでの所要時間は約1時間で、内訳は制作に入るまでの事前説明(約15分)、郵送先の確認と支払い(約5分)、3Dスキャナでの撮影時間(約10分)、撮影準備と3Dスキャナによる撮影(約15分)、退店の案内(約5分)となっている。

なお、フィギュアの制作費はSMALLサイズ(約15cm、約150g)が5万400円、MEDIUMサイズ(約20cm、約300g)が6万5,100円、LARGEサイズ(約25cm、約800g)が10万5,000円。送料は別途(サイズ、送付地によって変動)。オプションとして眼鏡・サングラスの追加は5,250円となっている。同サロンの利用は完全予約制となっているため、申し込みに関しては「青山3Dサロン」のWebページを参照してほしい。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事