UQ、東京メトロ線全線をエリア化 - 28日正午よりどこでもWiMAXが利用可能に

 

UQコミュニケーションズと東京地下鉄は5月22日、同社が提供する「UQ WiMAX」が東京メトロ線全線をエリア化したと発表した。28日の正午より利用できるようになる。

UQ WiMAXは、下り最大40Mbps/上り最大15.4Mbpsの高速通信サービス。同社では、東京メトロの地下駅構内およびトンネル内でUQ WiMAXが利用できるようエリア整備を進めていたが、全線のエリア化を完了。

新たに南北線の白金高輪駅、永田町駅をエリア化したほか、これまで駅の一部でしかエリア化されていなかった丸ノ内線・東西線・千代田線の大手町駅、日比谷線の恵比寿駅、有楽町線:永田町駅、豊洲駅、半蔵門線の永田町駅、住吉駅を整備。28日の正午より、東京メトロ線全線でUQ WiMAXサービスを開始する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

管理職の半数以上が「同年代で活躍している人は3割以下」と回答
[06:30 9/1] シゴト
シュラスコ! サッカー! リオ五輪! ブラジルを丸ごと楽しむフェスタ開催
[06:30 9/1] 趣味
Motorola、「Moto Z Play」発表、Moto Modsに対応する普及帯モデル
[06:02 9/1] スマホとデジタル家電
コロチキのナダル、アメトーーク!で想像を絶する“ひんしゅく”エピソード
[06:00 9/1] エンタメ
秦の始皇帝、裏切り、迫害…過酷な少年時代が今明らかに
[06:00 9/1] エンタメ