Windows 8の標準メッセンジャーはSkypeに - Windows LiveメッセンジャーとSkypeが統合

 

Microsoftは11月6日(現地時間)、自社のブログでインスタントメッセージサービスを、従来のWindows Live MessengerからSkypeへ移行させることを正式に発表した。数カ月の内にWindows Live Messengerサービスを終了するため、ユーザーにはSkypeへの移行をうながしている。

同社のBrian Hall(ブライアン・ホール)氏は、「多くのユーザーがメッセンジャーを愛してくれていることは知っているが、Skypeはより良い体験と強力なネットワークを提供することを確認している」と述べている。Windows Live Messengerの前身であるWindows Messengerのファーストリリースは、Windows XPの付属版であったことを踏まえると、同メッセージサービスは12年の歴史に幕を下ろしたことになる。

この発表により、Skypeのブログでは、デスクトップアプリ版Skype 6.0の機能を紹介。また、Windowsストアアプリ版Skypeも先日述べたように既に公開されている。最新版では、Skype IDだけでなくMicrosoftアカウントやFacebookのアカウントによるサインインが可能。なお、Skypeは2011年10月13日に85億ドルでMicrosoftに買収されている。

デスクトップアプリ版の「Skype」。最新版ではSkype ID/Microsoftアカウント/Facebookのアカウントによるサインインが可能

Windowsストアアプリ版の「Skype」。Microsoftアカウントでサインインすると、Windows Live Messengerのコンタクトリストが現れる

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事