Mountain Lionへのアップグレード手順が公開 - 一部旧機種は非対応に

 

この7月のオンライン提供開始を前に、米Appleが次期Mac OS X "Mountain Lion"のアップグレードに関する注意や手順を公開している。Snow Leopard/Lionが動作するMacであっても、一部の古いモデルについてはMountain Lionの動作対象外となるため、あらかじめ確認してからダウンロードしてほしい。

Mountain Lionへのアップグレードへの諸注意は、同社のWebサイトに掲載されている。同OSはLion同様にMac App Store経由でのオンラインアップグレード提供となる。ページの手順に沿ってあらかじめ自身の環境がアップグレード可能な状態かを確認しておくといいだろう。

Mountain Lionの対応機種は下記のようになる。初代MacBook Airや旧MacBookなど、Snow LeopardやLionが動作するモデルであっても非対応のものがあるため、これらの古いモデルを持つユーザーは注意したほうがいいだろう(64ビット対応のCore 2 Duoモデルでも一部が該当する)。なお、自分のMacがどのモデルであるかを確認するには、に該当するかは画面左上のアップルメニューメニューから「このMacについて」を選び、表示されたダイアログで「詳しい情報...」ボタンをクリックすればよい。

  • iMac (Mid 2007以降)
  • MacBook (Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
  • MacBook Pro (Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Air (Late 2008以降)
  • Mac mini (Early 2009以降)
  • Mac Pro (Early 2008以降)
  • Xserve (Early 2009)

Macのモデルを確認するには、アップルメニューの「このMacについて」でMacの情報を表示してから「詳しい情報...」ボタンをクリックする

またアップグレードにあたっては、LionまたはSnow Leopardがインストールされた環境があることが条件となる。ただし前述のようにMountain LionのアップグレードはMac App Storeを使うことになるため、同機能を標準でもたないSnow Leopardについては、アップグレードが可能な最新バージョンにまで引き上げる必要がある。「ソフトウェア・アップデート」からアップデートを行い、OSバージョンを10.6.8以上にしておこう。

Mountain Lionの提供は、7月中と予告されている。公開されしだい、すぐにMac App Storeからのアップロードが可能だ。なおAppleでは、ブロードバンド環境がないユーザーには最寄りのアップルストア店舗を活用することを勧めている。店舗ではスタッフがアップグレードをサポートしてくれるとのことだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

写真・動画共有で快進撃を続けるSnapchat、動画カメラ内蔵サングラス発表
[14:01 9/25] スマホとデジタル家電
北朝鮮で運用されているWebサイトはわずか28個と判明
[14:00 9/25] 企業IT
売れないアイドルに事務所が非情な決断……ゼノンでオクショウ原作の新連載
[13:41 9/25] ホビー
[明日のとと姉ちゃん]9月26日 第151回  常子、紙面と社内の改革宣言! そして花山は……
[13:00 9/25] エンタメ
OpenSSLにDoS攻撃の脆弱性
[13:00 9/25] 企業IT