Apple、iMac/MacBook Pro/MacBook AirのEFIファームウェアアップデート公開

Appleは2月7日付けで、iMac(Mid 2010)、MacBook Pro(Early 2010)、MacBook Air(Late 2010)向けのEFIファームウェアアップデートを公開した。それぞれ、同社のサポートWebサイトやソフトウェア・アップデートから入手できる。

これらのアップデートにより、それぞれの製品においてインターネット経由でOS X Lionの復元機能を利用できるようになる。また、MacBook Airではディープスリープからの復帰後ただちに電源ボタンが押された際にシステムが再起動してしまうことがある問題が修正される。

ファイルサイズは、iMac(Mid 2010)向けの「iMac EFI ファームウェア・アップデート 1.8」が3.02MB、MacBook Pro(Early 2010)向けの「MacBook Pro EFI ファームウェア・アップデート 2.6」が3.18MB、MacBook Air(Late 2010)向けの「MacBook Air EFI ファームウェア・アップデート 2.3」が2.98MB。いずれもシステム条件はOS X Lion 10.7.3もしくはそれ以降。

関連記事
MacBook/MacBook Pro/Mac mini各2010年モデルのEFIファームウェアが更新(2012年1月26日)
Apple、Snow Leopard向けセキュリティアップデートの障害対処版を公開(2012年2月7日)
アップル「AirMacユーティリティ」刷新、W-Fiネットワーク管理が容易に(2012年1月31日)
アップル、iTunes 10.5.3を公開 - iBooksテキストブックに対応(2012年1月23日)
アップル、Logic Expressと一部プリンタドライバをアップデート(2011年12月15日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事