アップル、Mac OS X 10.6.8アップデートを公開 - Lionへの移行に対応

 

アップルは23日付けで、Mac OS Xの最新版「Mac OS X アップデート 10.6.8」を公開した。このアップデートを導入することにより、Mac App Storeを介したMac OS X Lionへのアップグレードが行えるようになる。また同時に、Mac OS X Server向けの10.6.8アップデートやサーバ管理ツールの同バージョン、Leopardシステム向けのセキュリティアップデートもリリースされている。

Mac OS X アップデート 10.6.8

Mac OS X アップデート 10.6.8」はMac OS X Snow Leopardを使用するすべてのユーザーに推奨されるアップデート。安定性・互換性およびセキュリティを拡張する。主な変更点は以下のとおり。

  • Mac OS X LionへのMac App Storeからのアップグレードが可能に
  • プレビューが突然終了する問題を解決
  • IPv6のサポートを改善
  • VPNの信頼性を向上
  • Mac Defenderの既知の変種を識別して取り除く

Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズは474.2MB。10.6.7へのアップデートを完了していないユーザーは、「Mac OS X 統合アップデート 10.6.8」によってアップデートする必要がある。こちらの容量は1.09GB。

Mac OS X Server アップデート v10.6.8

Mac OS X Server アップデート v10.6.8」は、一般的なオペレーションシステムに関する問題のほか、以下のような修正を行っているもの。

  • FirefoxまたはInternet ExplorerからWikiページでビデオを表示するときに、正しく表示
  • Time Machineで共有ポイントを使用するときの信頼性向上
  • 休暇メール通知の信頼性向上
  • iCalサーバでの各国語の文字エンコーディング処理の信頼性向上
  • iOSデバイスからiCalサーバにアクセスするときの認証サポート向上
  • ソフトウェア・アップデート・サーバでの以前のアップデートを正しく有効化可能
  • ソフトウェア・アップデート・サーバをカスケードするときの信頼性向上

Webサイトからダウンロードする場合のファイルサイズは542MB。10.6.7へのアップデートを完了していないユーザーは、「Mac OS X Server 統合アップデート v10.6.8」によってアップデートする必要がある。こちらの容量は1.27GB。

サーバ管理ツール 10.6.8

サーバ管理ツール 10.6.8」はSnow Leopard Serverのリモート管理者に推奨されるアップデートで、システム条件はMac OS X Server 10.6.8。以下のツールの最新リリースが含まれる。

  • iCal サーバユーティリティ
  • Podcast Composer
  • サーバ管理
  • サーバモニタ
  • サーバ環境設定
  • システムイメージユーティリティ
  • ワークグループマネージャ
  • Xgrid Admin

Leopard向けセキュリティアップデート2011-004

Leopard向けのセキュリティアップデートは、デスクトップシステム用とサーバ用の2つ。いずれもセキュリティを向上させるもので、すべてのLeopardユーザに推奨とされている。「セキュリティアップデート 2011-004 (Leopard デスクトップシステム用)」が256.4MB、「セキュリティアップデート 2011-004 (Leopard デスクトップシステム用)」が499.8MB。

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事

『ガンダム THE ORIGIN』MSD水中型ガンダムがHG化、各武器にギミック搭載
[21:00 7/25] ホビー
アイマス・デレマス・ミリマスの3アイドルが集結! 10周年メモリアルフィギュアに
[20:30 7/25] ホビー
Aerocool、ファンコントロール機能搭載のミドルタワーケース「DS 230」
[20:19 7/25] パソコン
仮面ライダーアマゾンアルファがRAHに登場、ワンフェスで圧倒的な存在感放つ
[20:00 7/25] ホビー
オンキヨー&パイオニアのAVレシーバーにDTS:X対応ファームウェアを提供
[19:55 7/25] スマホとデジタル家電