10件の脆弱性を修正した「QuickTime 7.6.2」が公開

 

アップルは2日、マルチメディアAPIの最新版「QuickTime 7.6.2」を公開した。動作環境はMac OS X 10.4.9 / 10.5以降、およびWindows XP SP2 / Vista。バイナリパッケージは、ソフトウェアアップデートまたは同社Webサイト経由で無償ダウンロード可能。

*QuickTime 7.6.2 for Mac

*QuickTime 7.6.2 for Windows

今回のリリースでは、計10件のセキュリティホールを修正。悪意のもと作成されたPSDファイルを開くと任意のコードが実行される脆弱性 (CVE-2009-0952) や、PICTファイルを悪用してバッファオーバーフローを引き起こす問題 (CVE-2009-0010) などが解消されている。

ほかにも、HD映像用ビデオコーデック「Apple ProRes」との互換性向上や、同日公開されたiTunes 8.2のサポート改善などが行われている。

人気記事

一覧

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電