10件の脆弱性を修正した「QuickTime 7.6.2」が公開

 

アップルは2日、マルチメディアAPIの最新版「QuickTime 7.6.2」を公開した。動作環境はMac OS X 10.4.9 / 10.5以降、およびWindows XP SP2 / Vista。バイナリパッケージは、ソフトウェアアップデートまたは同社Webサイト経由で無償ダウンロード可能。

*QuickTime 7.6.2 for Mac

*QuickTime 7.6.2 for Windows

今回のリリースでは、計10件のセキュリティホールを修正。悪意のもと作成されたPSDファイルを開くと任意のコードが実行される脆弱性 (CVE-2009-0952) や、PICTファイルを悪用してバッファオーバーフローを引き起こす問題 (CVE-2009-0010) などが解消されている。

ほかにも、HD映像用ビデオコーデック「Apple ProRes」との互換性向上や、同日公開されたiTunes 8.2のサポート改善などが行われている。

人気記事

一覧

新着記事

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット
[00:21 10/2] 趣味
いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜
[00:21 10/2] 趣味
観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント
[00:21 10/2] 趣味
スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味
[最上もが]まるでヌード! レスリー・キー撮影でアート写真集 大胆ビジュアル解禁
[21:30 10/1] エンタメ