iPhoneがサーバになる「ServersMan」がアップデート

アップデートによりテキストファイルの新規作成が可能になった「ServersMan」

フリービットは4月1日、マルチプラットフォーム対応サーバソフト「ServersMan」のiPhone版をアップデートした。対応デバイスはiPhoneとiPod touch、動作環境はiPhone OS 2.2以降。App Store経由で無償提供される。

今回のアップデートでは、第1世代iPod touchに対応。iPhone OS 2.2以降が稼働するすべてのiPhone / iPod touchで動作可能になった。テキストファイルのサポートも改善、新規作成が可能になったほか、従来のUTF-8にくわえシフトJIS / 日本語EUC / JIS (ISO-2022-JP) を自動認識できるようになった。拡張子「.c」と「.m」、および「.h」にも対応、CやObjective-Cで記述されたソースコードも表示できる。録音機能も改良、録音したファイルを再生できない不具合が修正されたほか、フォーマットの変更により録音可能時間が延長されている。

人気記事

一覧

新着記事