米EMG Technologies、特許侵害でAppleを提訴

 

米EMG Technologyが米Appleに対して特許侵害訴訟を起こした。iPhoneのインターネットのナビゲーション方法がEMGのU.S.Patent No. 7,441,196を侵害していると主張。テキサス州東地区の地方裁判所に訴状を提出し、損害賠償を求めている。

10月21日に発行されたEMGの196特許は、モバイルデバイス向けにインターネットコンテンツをHTMLからXMLにリフォーマットし、簡易インターフェイスを実現する方法を幅広くカバーしている。「小さなスクリーンでも、シングルタッチで快適にインターネットをナビゲート、閲覧できるようにする技術」とEMGの代理人を務めるJeffer, Mangels, Butler & MarmaroのStanley Gibson氏は説明する。たとえばiPhoneでNBC.comにアクセスすると、シングルタップでサイトをナビゲートできるm.NBC.com/iphone/が自動的に表示される。同特許にはまた、ズームやスクロールのためにスクリーンの一部領域を操作する技術も含まれているという。

人気記事

一覧

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル