米EMG Technologies、特許侵害でAppleを提訴

米EMG Technologyが米Appleに対して特許侵害訴訟を起こした。iPhoneのインターネットのナビゲーション方法がEMGのU.S.Patent No. 7,441,196を侵害していると主張。テキサス州東地区の地方裁判所に訴状を提出し、損害賠償を求めている。

10月21日に発行されたEMGの196特許は、モバイルデバイス向けにインターネットコンテンツをHTMLからXMLにリフォーマットし、簡易インターフェイスを実現する方法を幅広くカバーしている。「小さなスクリーンでも、シングルタッチで快適にインターネットをナビゲート、閲覧できるようにする技術」とEMGの代理人を務めるJeffer, Mangels, Butler & MarmaroのStanley Gibson氏は説明する。たとえばiPhoneでNBC.comにアクセスすると、シングルタップでサイトをナビゲートできるm.NBC.com/iphone/が自動的に表示される。同特許にはまた、ズームやスクロールのためにスクリーンの一部領域を操作する技術も含まれているという。

人気記事

一覧

新着記事