VMware Fusion 2.0 β2でLeopard ServerがゲストOSに

 

米VMwareが、Intel Mac向け仮想化ソフトの次期バージョン「VMware Fusion 2.0」で、仮想化対象のOSとしてMac OS X 10.5 (Leopard) Serverをサポートする。VMware Fusion開発チームの公式ブログ「TEAM FUSION」で、12日付けの投稿を通じ明らかにされたもの。

ブログによれば、Leopard ServerのサポートはAppleがライセンスを変更したことが契機になったという。変更後のライセンスは、1台のApple製コンピュータ上で複数のMac OS X Serverを稼働させることを許可している。Leopard Serverのサポートは次回のリリース以降、VMware Fusion 2.0 β2 (6月13日時点の最新版はβ1) を予定しているとのこと。

VMware Fusion 2.0では、ディスプレイ間でのウインドウの移動やExposeによるウインドウ管理など、インターフェイス面での機能が向上。DirectX 9.0シェーダモデル2の実験的なサポートや、Parallels Desktopなど他の仮想化ソフトで作成したVMイメージのインポート機能も、新たに装備されている。VMware Fusion 1.xの登録ユーザに対しては、無償アップグレードパスを提供する方針が明らかにされている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

キヤノン、EOS 5D Mark IVの発売記念キャンペーン「POWER OF FIVE」
[08:30 8/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】IoTとモビリティがもたらす「つながる」世界はいかにして実現されるか - ハードウェア開発者必見のPCB Systems Forum 2016が、9月8日(木)より開催
[08:30 8/26] テクノロジー
日産「GT-R NISMO」2017年モデル発売 - 日産車で最大のダウンフォース実現
[08:23 8/26] ホビー
[吉田羊]日本版「コールドケース」のポスタービジュアル公開
[08:00 8/26] エンタメ
『デジモンtri.』、第3章ED曲「僕にとって」ジャケ写公開! 『02』一挙放送
[08:00 8/26] ホビー