GIMPの最新安定版「GIMP 2.4.4」がリリース - Mac版バイナリも提供開始

 

The GIMPプロジェクトは1月30日 (米国時間)、高機能グラフィックソフトの最新版「GIMP 2.4.4」をリリースした。現時点では、同プロジェクトのWebサイトにリンクされたバイナリパッケージはMac OS X版のみだが、LinuxやWindowsなど他プラットフォーム向けのパッケージも間もなく提供開始される見込み。

今回のリリースは、不具合の修正が中心。PSDファイル編集時レイヤーのハンドリングに関する問題や、CMYKカラープロファイル消失時にクラッシュする問題、バンプマップやイメージマップなどプラグインに確認された挙動の問題が修正されている。Gimp 2.4から採用されたSchemeインタプリタの実装系「TinyScheme」のバグフィックスも含まれている。

Macintoshユーザ向けには、Wilber-loves-AppleプロジェクトがGimp 2.4.4バイナリパッケージの提供を開始している。動作対象はIntelベースのCPUで動作するMac OS X 10.5 (Leopard)、安定した動作にはXquartz projectが提供する不具合修正版X11.pkgのインストールが必要。

GIMPに動画編集機能を追加するプラグイン集「GIMP Animation Package (GAP)」もアップデート、GAP 2.4.0として公開された。不具合の修正を主目的としたリリースであり、バージョン2.4系のGIMPに最適化されている。

GIMPの最新安定版が公開 (画面はMac OS X版)

人気記事

一覧

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー