Mac OS X向けにカスタマイズされたEmacs、Aquamacs Emacs登場

18日(米国時間)、Aquamacs Emacsの最新版となる「Aquamacs Emacs 1.0b」が公開されたことが発表された。Aquamacs EmacsはMac OS X向けにカスタマイズされたEmacs。Appleが提供しているHuman Interface Guidelines (HIG)にのっとって動作し、OS Xと操作の親和性が高いとされている。ベースとされているEmacsのバージョンは22.1。

Emacsは2007年6月2日(米国時間)、Emacs 21.3以来、実に4年ぶりとなるEmacs 22.1を公開したわけだが、同バージョンからMac OS Xへの対応がデフォルトで含まれるようになった。configureで「--enable-carbon-app」を指定すればCarbon対応のEmacsがビルドできる。Aquamacs Emacsは22.1をベースにOS X向けのカスタマイズが施されている。

Emacsとして使いたい場合はEmacsからのビルドがお薦めだが、高機能エディタとして使いたいだけの場合はAquamacs Emacsも検討してみるといいだろう。

人気記事

一覧

新着記事