OS/2後継「eComStation 2.0」のリリース候補版が公開

 

Serenity Systemsは18日(米国時間)、OS/2後継オペレーティングシステムの最新版「eComStation 2.0」のリリース候補(RC1)を公開した。バイナリパッケージは、有償サービスのSoftware Subscriptions Servicesメンバーに対してのみ提供される。

eComStation 2.0では、JFSボリュームに直接システムをインストールできる「Bootable JFS」をサポート、JFSキャッシュの有効化によるパフォーマンス向上が実現された。Intel Core 2 DuoなどのマルチコアCPUやACPI 2.22といったハードウェアサポートの強化や、FAT32 / NTFSボリュームサイズを変更する「Disk Resizer GUI」などユーティリティの追加も行われている。

eComStationは、IBMからOEM提供されたOS/2 Warp4コンビニエンスパッケージを基に開発されたOS。開発はSerenity Systemsとユーザコミュニティにより進められ、各種ドライバの追加など独自の拡張が施されている。

OS/2は、IBMとMicrosoftの共同開発によりスタート。1989年リリースのVer 1.2以降、Windowsの開発にシフトしたMicrosoftが離脱、IBM単独で開発が続けられることになった。1992年リリースのVer 2.0では32bit化の達成やWindows互換環境の装備など、当時としては先進の機能を備えていたが、1996年リリースのOS/2 Warp4を契機に積極的な開発路線を放棄。以降はサーバ用OSとしての機能拡張と保守が中心となり、次第に表舞台から遠ざかった。2006年末には、サポートを含むすべての活動を終えたことがIBMから告知されている。

人気記事

一覧

新着記事

菜々緒、ミニワンピ姿で美脚を披露「髪と悪女、脚は私の名刺です!」
[19:30 9/27] エンタメ
ヤフーの新オフィスがWebで公開 - 360度グルグル動かせる
[19:18 9/27] 企業IT
エレコム、手触りの良いソフトレザー製タブレットカバーキーボード
[19:14 9/27] パソコン
GIGABYTE、NVIDIA GeForce GTX 1060のOC仕様グラフィックスカード
[19:10 9/27] パソコン
綾瀬はるか、実家の飼い犬に「噛んじゃダメ!」
[19:00 9/27] エンタメ