【特別企画】

冬ボーナスで東芝レグザを買うべき理由 - 最大6チャンネルで約80時間録画、「その特番見逃したっ」をなくせる!?

1 年末年始の特番もまるごと録画! 東芝の「タイムシフトマシン」

 
  • <<
  • <

1/2

提供:東芝

ズバリ、年末・年始に見たいテレビ番組は? 紅と白に分かれる歌番組や、敵討ちの時代劇、笑うと叩かれる芸人の番組、人気格闘家が対戦する番組など、この時期はスペシャル特番が目白押しだ。しかし! テレビを十二分に楽しむ環境がないと「見逃した! 最初から見たい! 」をはじめ、「裏で面白い番組がやっていたのに気が付かなかった! 」「興味なくて見なかったけどTwitterの盛り上がりを見て後悔している」など、色々と悔しい思いをすることになる。また、忙しい人の中には「見たいけど家で見ている時間がない」「面白い番組があるなら録画したいけど、番組表をチェックしている時間がない」といったこともあるだろう。そこでオススメしたいのが、東芝の「タイムシフトマシン」機能(※1)だ。

タイムシフトマシンは、地デジ番組を最大6チャンネル・約80時間(※2)の放送をまるごと録画できる機能。レグザ Z20X/J20Xシリーズなど東芝の液晶テレビで利用できる。同機能を利用すれば、年末年始のテレビ番組も逃さずに楽しむことができるのだ。そこで本稿では、4K(※3)液晶テレビレグザ「58Z20X」を使って同機能の活用法を紹介していきたい。

タイムシフトマシンが搭載された東芝の4K液晶テレビ「レグザ 58Z20X」

※1 別売のタイムシフトマシン対応USBハードディスクが必要です。タイムシフトマシンを利用して視聴できる過去の番組は利用者自身が設定して録画した番組に限ります。タイムシフトマシンのシステムメンテナンスに設定した時間は録画が一時中断されます。タイムシフトマシン用ハードディスクの空き容量が少なくなると、一時保管されている古い番組から自動的に削除されます。
※2 タイムシフトマシン用容量4TBの純正HDD接続時。
※3 4Kレグザの画素数は3840×2160です。

数日前の番組をいつでも好きな時間に全部視聴!

タイムシフトマシンの大きな3つの特徴は「事前の録画予約の手間がいらない」「番組の始めから視聴できる」(※4)「放送済みの過去番組表からさかのぼり視聴ができる」というもの。見たい番組ごとに録画予約を行う手間がいらず、また途中から見始めた番組を始めから視聴したり、放送後に話題になった番組を振り返って楽しんだりできる。

一言で言うと、「数日の間に放送された番組をいつでも視聴できる」機能(※5)がタイムシフトマシンなのだ。

※4 タイムシフトマシンで録画中の番組に対してのみ動作します。
※5 タイムシフトマシンを利用して視聴できる過去の番組は利用者自身が設定して録画した番組に限ります。タイムシフトマシンのシステムメンテナンスに設定した時間は録画が一時中断されます。

一見すると通常の番組表だが、こちらはなんとすべて録画済みの番組。「タイムシフトマシン」機能で設定したチャンネルが自動録画され、いつでも好きな時に見ることができる

使い方は次の通り。まずタイムシフトマシン機能は、タイムシフトマシン対応USBハードディスクをテレビに接続することによって利用できる。容量によってその録画時間はさまざまだが、例えば東芝の純正USBハードディスク「THD-500D2」(5TB)なら、タイムシフトマシン録画用として4TBを利用でき、約80時間分の録画が可能。つまり、まるまる3日分以上の番組をそのまま録画できる。これなら特番を見逃すことも減るだろう。さらに1TBの通常録画用領域も備えているため、通常の予約録画も可能。年末を過ぎても見直したい番組は、そのまま残しておける。

そう、冒頭で触れた年越し前の国民的歌番組や、定番化したあのお笑い番組も、「放っておくだけで録画されている」という気軽さが最大のウリなのだ。

東芝の純正USBハードディスク「THD-500D2」。約80時間分のタイムシフトマシン録画が行える

突然○○ブームも「みるコレパック」で解決!

地デジ番組を最大6チャンネル・約80時間もの放送が録画できるとなると、逆に困るのが"見たい番組探し"だ。一般的な録画機能なら、録画したい番組を探すだけで大変なもの。しかしレグザなら、レグザクラウドサービス「TimeOn」の「みるコレ」(※5)を利用することで録画済みの番組はもちろんのこと、これから放送予定の番組や、さらにインターネットのYouTube™(※6)からも目的の動画を探し出してくれる。

例えば「歌番組だけ見たい」「お笑いだけ見たい」といったニーズや、「スポーツ選手の○○さんの試合だけ見たい」「女優の○○さんが出演しているドラマをまとめてチェックしたい」といったセレクションにも対応する。また番組のジャンルや、好きなタレント等の「みるコレパック」や「おまかせ録画」機能で、検索や自動録画をすることができる。見たい番組を探す・とるのに最適な機能だ。

インターネットと連動したレグザクラウドサービス「TimeOn」の「みるコレ」

特定のジャンルやタレントをピックアップする「みるコレパック」でまとめて録画・視聴できる

みるコレパックには、さまざまな分類が用意されており、今年話題になった「ラグビー」パックなども用意されている。「突然のラグビーブームで話題についていけないよ!」なんていう方は、みるコレパックでセレクションされたテレビ番組とYouTube™の動画で来年に向けた予習をしておくといいかもしれない。

※5 TimeOnの各サービスの利用にはインターネットへの接続環境が必要です。
※6 YouTube™の視聴にはインターネット接続環境が必要です。
  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 年末年始の特番もまるごと録画! 東芝の「タイムシフトマシン」
(2) 見たい番組をセレクションしてくれる「ざんまいスマートアクセス」

人気記事

一覧

新着記事

サンブリッジ、名刺情報をマーケティングに活用できるソリューション
[17:19 9/30] 企業IT
【特別企画】新たな顧客体験を生み出すフリーWi-Fi環境をPARCOの国内全店舗へスピーディ・低コストに展開
[17:18 9/30] 企業IT
セールスフォース、Apple Pay対応やAI搭載の「Salesforce Commerce Cloud」
[17:16 9/30] 企業IT
AIに代替されないと思う職種、1位は?
[17:14 9/30] シゴト
ドットマリオがTカードに!? - 「ニンテンドークラシックミニ」発売記念
[17:13 9/30] マネー