【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

7 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」

青木剛一

7/62

録音品質を一段と高めた 高性能ボイスレコーダ
【2007年11月号掲載】



スペック

[発売元] オリンパスイメージング  [価格] オープンプライス [実売価格] 2万8,000円前後 [インターフェイス] USB2.0 [サイズ/重量] W96×H16×D37.5mm/73g
[備考] 記録形式:WMA、電池寿命:録音時最大約32時間(アルカリ電池使用時) [掲載号] 「Mac Fan」2007年11月号

OVERVIEW

ビジネス用途としての需要が主なボイスレコーダだが、最近ではポッドキャストや語学学習などパーソナルユースでの需要も増えてきている。その中で着実に進化し続けているのが「Voice Trek(ボイストレック)」シリーズだ。フラグシップモデルの「DS-60」は、新開発の着脱式マイクや「指向性マイクモード」を搭載したほか、長時間聞いても疲れにくいサラウンド音質を実現するサラウンド方式「ユーフォニーモバイル」を採用している。

(1) 高い質感を持つボディ(写真左)
漆黒のボディとその高い質感は、明らかにビジネスユースを想定している。シリーズとして進化しているため、ボタン類やユーザインターフェイスには大きな変更はなく、既存のユーザには親しみやすい作りだ
(2) 新設計のマイクを搭載(写真右)
新開発のステレオマイクを搭載することで、録音品質が向上している。また、新たに離れた場所を狙って録音できる指向性マイクモードを搭載している

対応OSはウィンドウズのみだが、MacにUSB経由で接続することで録音データをWMA形式で取り込める。また、録音データの再生や管理、編集を行える「DSSプレーヤ」のMac版が同社ホームページから別途購入可能だ。

(3) MacとUSBケーブルで接続
USBケーブルでMacと接続すると、MacにDS-60というデバイスがマウントされる。録音されたファイルを手動でMacにコピー。最高品質で1時間録音した約50MBのWMAファイルをコピーするのには約30秒程度

FOCUS ON

ハードウェアの完成度は非常に高い。最高品質で録音してみたところ、2GBの内蔵メモリと最大32時間録音できるバッテリ性能により、丸一日以上録音し続けることができたのは驚きだった。録音品質も、新開発のステレオマイクの搭載で、この小さなボディなのに驚くほどクリアな録音が行える。楽器のレッスンなど音質にこだわる録音にも使える。

Macの内蔵マイクやiPodもボイスレコーダ代わりになるが、ノイズを拾いやすく、特に離れた場所の音源の録音には弱い。その点、本製品では、高感度マイクや指向性モードにより、音源が離れた場所にあってもクリアに録音できる。他社製品や同社の低価格モデルと比べると、ノイズキャンセルや9段階に再生速度を選べるなど機能も豊富だ。

(4) ツリー状のフォルダ構成
フォルダA・B・Cのようにあらかじめフォルダが7つあり、ツリー状のフォルダ構成となっている。何段階もの深い階層に分かれた操作系、操作ボタンの多さなどには若干の慣れが必要だ

(5) 環境に合わせて録音モードを変更
録音する環境に合わせて、録音モードやマイク感度などを調節することが可能だ。ステレオの超高音質モードで約35時間、通常の高音質モードでは約140時間も録音できる

ただし、データはWMA形式なので、iTunesや標準のQuickTimeでは再生できない。Windows Media Playerなどで再生は行えるが、iTunesで管理したり、ポッドキャスト用途などに編集して利用したい場合は、iPod用ボイスレコーダのほうがデータは扱いやすい。

とはいえ、別売りのDSSプレーヤを使えば、録音データの再生から管理、インデックス挿入や不要部分の切り出しといった編集が行える。別売りのフットスイッチが扱えるのも魅力だ。ウィンドウズ版と比べてバージョンが古く、機能面で見劣りするが、専用ソフトがあるのはVoice Trekだけ。語学学習や議事録の書き起こしなど、日常頻繁に録音するユーザには重宝するはずだ。

(6) 専用ソフトでデータ編集
Mac版のDSSプレーヤは同社のホームページから5,250円で購入できる。録音データの再生や管理、編集が可能。約50MBのWMAファイルをDSSプレーヤで取り込むと約4分ほどかかってしまう

AFTER REVIEW

ボイスレコーダとしての基本性能の高さに魅力を感じるユーザに最適だ。ハードウェアがさらに進化したため、録音品質は非常に高い。WMA形式は、リニアPCM録音と比べると録音品質はやや落ちるが、データ容量はおよそ10分の1なので扱いやすい。ただし、DSSプレーヤの改善は望まれる。まだロゼッタでしか動作しない上に、ウィンドウズ版と比べると機能がやや少ない。また、録音データの取り込みに時間がかかるのは残念だ。
(※本製品は販売終了となっています)

7/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事