【コラム】

PCコレクション

1 買い得感のあるコンパーチブル型タブレットPC「Pavilion tx1000/CT」

 
  • <<
  • <

1/7

日本ヒューレット・パッカード「HP Pavilion Notebook PC tx1000/CT」

HP Pavilion Notebook PC tx1000/CT

右側面インタフェース。前方よりUSB2.0、LAN(GbE)、拡張ドック用コネクタ、D-Sub15ピン、Sビデオ出力

左側面インタフェース。前方より光学ドライブ、カードリーダー(CF/SD/MS/xD)、ExpressCard/34スロット、電源コネクタ

前面部。向って左端が電源スイッチ。中央はリモコン受光部、S/PDIF対応オーディオ出力、ヘッドホン出力、マイク入力の各インタフェース。右端は無線LANスイッチ

本体背面。右端に集中してモデム、USB2.0×2、セキュリティロックが配置される

指でも操作できる感圧式タッチパッドを搭載

HP Pavilion Notebook PC tx1000/CTは、いわゆるコンパーチブル型のタブレットPCだ。タブレットPCは2002年にWindows XP Tablet PC Editionが発表され話題にのぼったが、一般のノートPCよりも割高であった。しかし、Windows Vistaでタブレット機能が標準サポートされ、改めてその機能が見直されるなか、最少構成価格12万9990円から購入できる本製品が投入されたわけである。

タッチパネルは電磁誘導方式ではなく感圧式を採用しており、ペン操作だけでなく指で操作することも可能だ。感圧式には指で操作できる一方、電磁誘導方式は画面に手や物を置いても反応しないというのが逆に利点にもなり得るわけで、善悪の二元で判断はできない。ただ、本製品の感圧式タッチパネルは指で触れても、それほどセンシティブな反応は見せず、おそらく意図的に感度を下げているのではないかと思う。ペン操作もやや強めに力を入れる必要があり、カーボン紙にボールペンで書く程度の筆圧の操作感であった。

そのディスプレイは、12.1型WXGA(1280×800ドット) を採用。タッチパネル用のセンサーの影響か、やや霞んだような色合いになる。また、写りこみが非常に大きく、さらに視野角が狭い点も気になった。とくに上方向から覗き込むような体制になったときの輝度が大きく落ち込むので、使用するシチュエーションには気を遣うかもしれない。

液晶パネルを回転して折りたたむことでピュアタブレット型PCとなる。ヒンジは自動でロックされるようになっており、ノートPC型として利用する場合は多少グラつく

右側面に収納可能なペン。ピュアタブレット型で使う場合は、デフォルトの画面の向きでは左下に位置することになる。ただ、プッシュオンロックになっているうえ、ロック解除の状態でも多少の力を加えないと抜けない仕組みなので、めったなことでは落とす心配はなそうである

ペンだけじゃない操作の自由度の高さ

本製品のようなコンパーチブル型タブレットPCの利点は、キーボードを搭載することで、ペンを利用したタブレットPCとしてだけでなく、通常のノートPCとしても利用できる点だ。そのキーボードは最前列で一部キーピッチが狭く、とくに「Fn」と「Windows」の両キーの狭さは使い勝手にも影響する印象を受けた。ただ、それ以外のキーについては目立った歪な配列もなく、キーピッチも適度に確保されている。

キーボード手前にはタッチパッドも用意されている。本製品はZen Designと呼ばれる和風デザインを施していることをアピールしているが、このタッチパッドも独特のデザインを持っており、反応するエリアをディンプル加工したものになっている。

そして、もう一つ用意された入力デバイスがリモコンだ。HP製ノートではおなじみのExpressCardスロットに収納可能なリモコンが用意されており、Vista世代の製品から投入されたMedia Centerボタン付きのタイプが付属している。12.1インチのノートでリモコンを使うシチュエーションというのは限られるだろうが、操作の選択肢が多いのはうれしい。

また、ディスプレイ脇にはPCの電源を入れない状態でもDVDなどを再生できる「HP Quick Play」用の操作キーも用意されている。この当たりのボタン類はピュアタブレット形状にしても利用できるほか、画面のローテーションボタンなども用意されており、コンパーチブル型タブレットPCしての工夫を感じさせる部分だ。

キーボードとタッチパッド。キーボードの配列やキーピッチは標準的だが、手前の一部キーはピッチが極端に狭くなっているので要注意。このほか、ディンプル状のタッチパッドや、タッチパッドのオン/オフスイッチ、音量ボタンを備える

ExpressCard/34スロットに収納可能なリモコンを装備。Vistaに実装されているMedia Centerの操作などに利用できるh

液晶パネルの右端部にはQuick Play用のメディア操作ボタンを備える。また、画面ローテーションボタンなどを備える。スイッチ類に青色LEDを多用しているのも特徴で、機能の有効/無効を切り替える類のボタンは機能有効時に青色、無効時に赤色で点灯する仕組みになっている

スペック上の弱点はグラフィックだがAeroは問題なし

本製品はBTOによるスペックのカスタマイズが可能な製品となるが、今回試用したのは、CPUにTurion X2 TL-60、メモリ2GB、160GB HDD、スーパーマルチDVDドライブといった構成で、選択できるなかでもハイスペックなモデルとなっている。

そのぶんベンチマーク結果も上々で、CPU、メモリ、HDDはノートPCとしてはかなり良いレベルにあるといえる。ただ、グラフィックだけは大幅にスコアが落ち込んでいる。とはいえ、統合型チップセットであるGeForce Go 6150を利用しているので致し方ない部分ではあるし、Windows VistaのAeroの表示にストレスを感じるほどではなかったので、ゲームニーズ以外であれば問題ないレベルだ。

このほか、バッテリは4セルの標準バッテリと、6セルの大容量バッテリが用意される。公称駆動時間は標準2時間、大容量3時間となっている。ここでは、CPUの省電力機能を有効にし、液晶輝度最大の状態で動画を再生し続けた場合の駆動時間というバッテリには少々厳しい状態の駆動時間を示しているが、それが1時間強といったところ。バッテリ駆動で仕事をし続けるというニーズには厳しい駆動時間といえる。また、付属するACケーブルが太く、しかもACアダプタ側はミッキー型のコネクタなので別のケーブルへ変更することが難しい点もモバイル用途では敬遠されそうだ。

ただ、重量は2kg台なので、持ち出しがまったく非現実的な製品とはいえない。また、QuickPlayやリモコンなどのマルチメディア機能が充実する一方で、指紋認証のようなビジネス用途の最低限の要件も押さえてあり、ホームユース、ビジネスユースの両方で活用できるだろう。これに入力方法の柔軟さもあるわけで、ゲーマー以外のあらゆるユーザーが利用できる、万能選手のような製品だ。

本体底面。HDD、メモリ、無線LANはネジ止めされたカバー内に収納される。光学ドライブはツールレスで脱着が可能だ

標準バッテリ(左)と大容量バッテリ(右)。大容量バッテリ装着時は本体背面から15mmほど飛び出す格好となる

付属のACアダプタとケーブル。ACアダプタのサイズは標準的だが、ケーブルがデスクトップPCのACケーブル並の太さを持つ。ミッキー型コネクタのためケーブルを変更しようにも入手性はよくないだろう

持ち運び時に光学ドライブを取り外して利用するためにウェイトセーバーも付属。ウェイトセーバーと標準バッテリ利用時の構成で、本体重量は2kgとなる

指紋認証機能も搭載しており、VeriSoftのAccess Managerによって管理される。指紋リーダーは液晶パネル脇に備え、ノートPC/ピュアタブレットのどちらの形状でも使えるよう考慮されている

ベンチマーク結果

PCMark05 PCMark 3156
CPU 4032
Memory 3483
Graphics 1078
HDD 3792
3DMark06 Build 1.1.0 CPU Score 1487
3DMark06 Build 1.1.0
800×600ドット
3DMark 278
SM2.0 127
HDR/SM3.0 -
3DMark06 Build 1.1.0
1024×768ドット
3DMark 225
SM2.0 103
HDR/SM3.0 -
3DMark06 Build 1.1.0
1280×800ドット(DbD)
3DMark 196
SM2.0 90
HDR/SM3.0 -
バッテリ駆動時間 標準バッテリ(4セル) 1時間05分05秒

スペック表

CPU AMD Turion 64 X2 TL-60
AMD Turion 64 X2 TL-52
AMD Turion 64 MK-36
チップセット NVIDIA GeForce Go 6150
メモリ DDR2-667 512MB×2
DDR2-667 1GB×2
(最大2GB)
グラフィックスチップ GeForce Go 6150(メモリ最大128MB)
ディスプレイ 12.1WXGAウルトラクリアビュー&タッチパネル機能付き
(1280×800ドット/最大1677万色)
HDD 80GB(シリアルATA、5400rpm)
120GB(シリアルATA、5400rpm)
160GB(シリアルATA、5400rpm)
光学ドライブ スーパーマルチドライブ
オーディオ HD Audio準拠
Altec Lansing製ステレオスピーカー内蔵"
有線LAN 内蔵(10/100/1000BASE対応)
無線LAN 内蔵(IEEE802.11a/b/g対応)
Bluetooth 内蔵
モデム 内蔵(56Kbps/FAX14.4Kbps)
Webカメラ なし or 内蔵(130万画素CMOS)
メディアカードスロット 内蔵(CF/SD/MS/xD対応)
拡張カードスロット ExpressCard/34スロット
インタフェース 外部ディスプレイ(D-Sub15ピン)、Sビデオ出力、USB2.0×3、マイク入力、ヘッドホンライン出力(うち1ポートはS/PDIF対応)
本体サイズ 308(W)×223(D)×33(H)mm
本体重量 約2.0kg(4セルバッテリ、ウェイトセーバー装着時)
バッテリ駆動時間(公称) 2時間(標準バッテリ使用時)
3時間(6セルバッテリ使用時)
OS Windows Vista Home Premium
Office なし or Microsoft Office Personal 2007+PowerPoint 2007
その他の主なソフトウェア HP QuickPlay 3.0、Symantec Norton Internet Security(60日間試用版)など
  • <<
  • <

1/7

インデックス

連載目次
第7回 グラフィックを強化した15.4型ワイド液晶ノート「dynabook Satellite TXW/69CW」
第6回 DX10対応GPU搭載のゲームユース対応ノート「dynabook Satellite WXW」
第5回 タッチパネル&100GB HDDの7型モバイル「SA1F00V」
第4回 高級感とSideShowで差を付ける個性派ノート「W5Fe」
第3回 米系製品と日本製品がスマートに融合したデスクトップ「Pavilion s3040jp/CT」
第2回 メンテナンスを繰り返して長く使いたい本格タワー「Endeavor Pro4000」
第1回 買い得感のあるコンパーチブル型タブレットPC「Pavilion tx1000/CT」

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

2種のチーズを練り込んだ砂糖・バター・マーガリン不使用のクッキーが発売
[11:00 9/25] ヘルスケア
一万円札で汗がぬぐえる!? 「お札タオル」とは
[11:00 9/25] マネー
[Github Universe 2016] 日本人エンジニアに聞いた、企業向け「GitHub Enterprise」の魅力
[11:00 9/25] 企業IT
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第19回 1日分の寿命の代償にほしいものは?
[11:00 9/25] 読者プレゼント
松本人志、NHKを批判 - SMAP紅白出演オファーの公表「利用している」
[10:51 9/25] エンタメ