【レポート】

最新の切削工具でIoT時代のニーズに応える京セラ - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、京セラは高能率刃先交換式ドリル「マジックドリル DRV」などの、新技術・新開発の最新切削工具を出展している。

高能率 刃先交換式ドリル「マジックドリル DRV」

DRVの拡大模型

近年、IoTの普及にともなう加工環境の変化によって、工具開発におけるニーズは変化している。特に、長寿命化、高い切りくず処理性能、高能率、低抵抗などといった性能が求められている。同製品は、これらのニーズに応えることを目指して開発されたものであり、これによって、従来の穴あけ加工の問題を解決するという。

同製品は、ドリルの芯厚を従来品より33% 厚くすることで、剛性が高まり、さらに切削抵抗は39% 低下している。また、外刃、内刃の形状を変化させることで、切りくずの処理性能を向上させた。外刃の切りくず形態を従来品と比較すると16% 減少。内刃では単位長さあたりの質量が従来比47% 減少した。そのほか、外刃にCVDを採用、内刃のPVDとの組み合わせで高速・高寿命加工を実現した。これにより、従来製品より55% 速い切削が可能になるという。

外刃はU字切れ刃になっており、切りくずをコンパクトに排出することで、詰まりを抑制する

内刃はスプーン型切れ刃になっており、切りくずの軽量化により、優れた切りくず排出性を有する

外刃にCVDを採用することで、高能率加工を実現する

ブースではそのほか、振動抑制エンドミル「Zシリーズ」を始めとするハイパフォーマンスソリッドエンドミルシリーズ、鋳鉄加工用CVDコーティング「CA3シリーズ」、アルミ加工用 高能率仕上げカッタ「MFAH」など、多くの新技術・新開発の最新切削工具が展示されている。

ブース展示の様子

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事